仮想通貨考察

「もし貴方が10年で億万長者でないのであれば、それはあなた自身の責任です。」と、20歳のビットコイン 富豪は発言

ビットコインは、仮想通貨市場の冬の時代の深みの状況から、恐ろしい復活を遂げました。これは、強気で長期の投資家が、一生の機会としてデジタル資産であるビットコインの長所を追求し、不安定な値段変動の中でそれを引き出すことの利点を宣伝した為です。

このようなビットコイン推奨者の1人である、Erik Finman氏は、異常に明るい予測を抱いており、ビットコインとブロックチェーンのチャンスに積極的に取り入れようとしています。

Finman氏は、火曜日のMarketWatchインタビューの中で、ビットコインとその関連するものは、少なくとも今後10年間、資産を保持したり、直接投資したりする為の真剣な宝くじになる可能性があると語りました。

Finman氏は、ビットコインは、確実に数年に渡って、少なくない億万長者を量産する可能性があると、1月にBusiness Insider Germanyに対して行ったコメントを繰り返し発言しています。

しかし、彼はMarketWatchに対し、ビットコインが最近の最低値から反発したことから、これらの初期のコメントをさらに一歩進めたいと考えていると語りました。ビットコインや、ビットコインキャッシュ(前日比+ 4.42%)のような仮想通貨資産の技術的バックボーンであるブロックチェーンは、非常に価値のある投資になる可能性があると語りました。

「私は、しつこく何度も言いますが、今後10年間で億万長者ではないのであれば、それはあなた自身の責任です。」と10代後半でビットコイン投資で億万長者になり、彼は起業家精神を追求するために大学に進学しないことを選択した投資家の彼は、発言しました。

Finman氏の声明は、最近ビットコインの上昇がすさまじい状況となり、12月の最安値3,194.96ドルを付けた後、最近の取引で8000ドルに達した後に出されました。


「Source: Dow Jones Market Data Group」

別のいい方をすると、FactSetのデータによると、Comexで取引されているビットコイン先物BTCK9(+ 3.21%)の取引は、ほぼ120%上昇しました。 同じ期間で比較すると、ダウジョーンズ工業株平均DJIA、(+ 0.82%)が今年9.8%上昇し、S&P 500指数SPX、(+ 0.80%)が13.5%上昇し、ナスダック総合指数COMP、(+ 1.14%)が17%近く上昇しました。

確かに、仮想通貨は2017年12月下旬の過去最高水準からは、60%低い水準にあります。


「Source: Dow Jones Market Data Group」

特に、Finman氏は、ビットコイン(幾つかは、18000ドルで売却)とその他の仮想通貨資産を蓄積し、彼が19歳になる前に億万長者と見なされるのに十分な資産を築きました。 そして彼は、現在約450のビットコインを保有していると発言しました。

彼は2月にニューヨークに引っ越しをして、現在約450ビットコインを保有していると発言しましたが、これは現在の価値では、約360万ドルにも相当します。

カリフォルニア州生まれでアイダホ州のコーダレーンで育った投資家は、最近のビットコインの回復が「久しぶり」であると言い、その急上昇の原因には、3つの要因があると発言しました。

1.米国と中国の間の貿易摩擦による緊張: これは世界市場での不確実性を引き起こします。(おそらく中国の投資家に、人民元からビットコインへの交換という安全を求めさせました。)

2.CoindeskのConsensus 2019カンファレンスの開始: これは、デジタル資産コミュニティにとって人気のあるイベント

3.大規模な仮想通貨投資家や伝統的なウォール街の企業が仮想通貨を継続的にサポートしているなど、強力な勢力の安定した協力

Finman氏は、ビットコインとブロックチェーンの状態を、1990年代後半から2000年代初期にかけてのインターネットと同じ状況だと考えています。 このことを念頭に置いて、彼は仮想通貨業界への投資が、今やAmazon.com Inc. AMZN、(+ 0.96%)のような会社への初期投資に匹敵するだろうと信じています。実際、アマゾンは、元々本を売る事から始めた会社でしたが、現在は9,120億ドルの時価総額を誇っています。

もちろん、今の段階で、ビットコインとブロックチェーンへの投資がどのようになり、そのリスクがあるのかを知ることは不可能です。 デジタルで固定された資産(デジタルペッグ資産)は、ゼロ(無価値)になる可能性があります。 しかしながら、おそらく、最も世界で率直なビットコイン批評家であるJamie Dimon氏の銀行が、決済を容易にする為にブロックチェーンを試している事は、注目に値します。

BITPOINT

関連記事

  1. グレイスケールのビットコインポートフォリオは2020年に90%増…
  2. アルゼンチンの中央銀行がインフレを防ぐ能力がない為、人々はビット…
  3. 最初のベントレーがアメリカで、ビットコインで購入される
  4. もし、Peter Schiff氏のアドバイスに従っていれば、ビッ…
  5. ミレニアル世代は、ビットコインとアンドリュー・ヤン氏を退職プラン…
  6. ビットコインのライトニングネットワークを利用した仮想通貨ATMの…
  7. ビットコインの値段は8,000ドルを下回りましたが、次は7,00…
  8. セキュリティコンサルタントの発言:貴方のビットコイン(BTC)は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Millennials(2000年代生まれの若い世代)はBitcoinに群がるのだろうか?

歴史上初めて、米国の家計は、株式や不動産の価値の上昇を背景に100兆ドルを超えて急増しました…

ビットコインデリバティブ取引所のビットノミアル社は、ファイリングごとに投資家から1160万ドルを調達

新しい公開ファイルによると、ビットコインデリバティブ市場のビットノミアル社は、投資家から11…

S&P 500の先物売りが続くにつれて、ビットコインは5,000ドルを下回る大暴落

多くの人が多分全く想像していなかった事ですが、ビットコインがほんの数分前、世界市場での売りが…

9/24の値段分析:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、イオス、ステラ、ライトコイン、カルダノ、モネロ、ダッシュ

Bitcoinは2013年以来、2014年以外は、毎年の最後の四半期に急激な増加を見せていま…

ビットコインが赤字に転じるにつれて、イオス(EOS)の値段は弱気になる

この小さな弱気圧力が、仮想通貨の大幅な混乱を引き起こす可能性はかなり低いと思われます。 一部…

今週のトピック

IMF:Bitcoinと他の仮想通貨の急速な成長は、グローバル金融システムに影響を与えるだろう

国際通貨基金(IMF)は、「Bitcoinと他の仮想通貨の急速な成長が、国際金融システムに影…

人気記事

  1. ビットコインの強盗が、700万ドル相当のBTCを送金し現金化
  2. もし、2015年以降、毎日1ドルのビットコインを購入していたら、現在これ程の金額の価値になっていた。
  3. マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるかに価値がある
  4. ドイツ第2位の証券取引所が、ビットコインのスポット取引を開始
  5. ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較
PAGE TOP