仮想通貨考察

ビットコインとブロックチェーンは、今や大きな2020年米国大統領選挙議題となっている。

ビットコイン、暗号通貨、およびブロックチェーンの認識は、ビットコインの壮大な2017年の強気相場によって、大きな後押しを得ました。これは、ビットコインと暗号通貨に飛びついた、世界最大のテクノロジー企業の一部によって促進されました。

ビットコインの値段は、2017年後半に付けた1ビットコインあたり約20,000ドルより、大幅に下回っている状況ですが、今年は大幅に反発して約200%値段上昇した為、ビットコインと暗号通貨が主流の会話の話題に戻りました。

現在、ビットコイン、暗号通貨、およびブロックチェーンは、ビットコインの基礎となる技術であるブロックチェーンを支持する民主党の大統領候補であるアンドリュー・ヤン氏のおかげで、2020年の米国大統領選挙の大きな議題になっています。実際に、米国大統領ドナルド・トランプ氏がビットコインについてツイートし、米国財務省の秘書スティーブン・ムヌーチン氏が、 ビットコインは国家安全保障上の問題であると発言し、仮想通貨業界に衝撃を与えた直後に起きな問題になりました。


「Bitcoin, crypto, and blockchain have been thrust into the public consciousness by U.S. president Donald Trump and Democratic presidential hopeful Andrew Yang. GETTY IMAGES」

経済の自動化へのリスクに関して強くキャンペーンしているYang氏は、もし次の米国大統領選挙で勝利すれば、ブロックチェーンベースのモバイル投票システムを実装する事を約束しました。

「2020年になっても、時代遅れの投票ブースで投票する為に、何時間も並んでいるのはばかげています。」とYang氏は大統領候補キャンペーンのウェブサイトに記載しています。

「ブロックチェーン技術を利用して、今日我々が利用している携帯電話で不正防止の投票を行う事は100%技術的に可能な事です。これによって、真の民主主義に革命がもたらされ、スマートフォンを持たない全てのアメリカ人が民主主義の遺産であるシステムを利用する事が出来、選挙参加者が増加し、投票で並ぶラインも短くなるでしょう。」

Yang氏がビットコイン、暗号通貨、ブロックチェーンについて語ったのは、初めてではありません。

4月に、Yang氏はビットコインと暗号通貨の受け入れと投資に関する企業と個人の為の明確なガイドラインを要求し、一方で、同時にブロックチェーンについても話し合いました。

先月、Yang氏を支援する政治行動委員会であるHumanity Forward Fundは、ビットコインの寄付の受け入れを開始すると発表しました。

他の所では、率直な発言をする、元共和党議員で大統領候補であるロン・ポール氏も、ビットコイン、暗号通貨、ブロックチェーンへの支持を表明しており、先月CNBCに対し、通貨間の競争を増やす事は良いことであると語っています。

現在、18か月後に迫っている2020年の米国大統領選挙は、今まで米国で行われた選挙の中で、民主党と共和党のお互いが、相手に負けないように史上最高に厳しい選挙に向けて準備を進めています。


「Bitcoin’s resurgence this year has pushed it back into the public consciousness. COINDESK」

ソーシャルメディア大手のFacebookが、潜在的なビットコインのライバルであるlibraを発表した後、トランプ大統領がビットコインと暗号通貨に対して「規制されていない暗号資産」と「薄い空気である」と痛烈な攻撃をした為、ビットコインと暗号通貨の世界は揺れ動いたままの状況でした。

トランプ大統領はFacebookと長らく関係が良くない状況であり、Facebookに対して、2016年の米国大統領選挙の際ヒラリー・クリントン氏に有利にしようとしたと非難しており、また米国の有権者が違法なプロトランプ広告を見ることを阻止できなかったと非難されています。

トランプ大統領のビットコインと暗号通貨への攻撃は、仮想通貨業界の幹部によって「ビットコインにとって、最大の強気サインである。」と呼ばれていました。

BITPOINT

関連記事

  1. Pantera CapitalのDan Morehead氏による…
  2. より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXR…
  3. 元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示して…
  4. イーサリアム、XRP、その他の「アルトコイン」がビットコインが史…
  5. ドイツ第2位の証券取引所が、ビットコインのスポット取引を開始
  6. ビットコインの最近の値段の下落は、一時的な値段上昇の休息だったの…
  7. イーサリアムの値段チャートは、ビットコインに対して1000%の利…
  8. 取引所の仮想通貨は、2020年の強気のビットコインを上回っている…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインのライバル、 Stellar(ステラ)で何が起こっているのでしょうか?

2018年初頭に値段のピークに達して以来、市場規模の価値で仮想通貨のトップ10に入る、ビットコインの…

元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示している。

多くの仮想通貨愛好家がビットコインのような仮想通貨の将来の強気な評価と、それが法定通貨から取…

コインチェック不正流出事件で改めて考えなければならないこと

ついに起きてしまったか・・・という気持ちです。昨日はコインチェックにお金を預けている仮想通貨…

取引所の仮想通貨は、2020年の強気のビットコインを上回っている。

ビットコインは2020年に良好な状態で始まり、わずか1か月で35%以上の値段上昇を記録しまし…

仮想通貨はTOP20の1通貨を除いて、全て上昇傾向に見える。また、ビットコインも、$6700以上で安定的に推移

9月23日(日)に仮想通貨市場では、良い上昇トレンドの波となっています。 CoinMarketCap…

今週のトピック

何故これらのアナリストが、4月迄にビットコインの値段が80,000ドルになると予測するのか?

ビットコインの値段はサポートレベルを何とか上回っている状況である為、指標は更に強気になってい…

人気記事

  1. 刺激的な話が再開するにつれて、ビットコインは$ 11.5K近くへ
  2. Raoul Pal氏は、今後数か月暗号通貨に対して「非常に強気」:2つのチャートを参照
  3. より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXRPがBitcoin 2.0であると主張
  4. ビットコインの高値にも関わらず、オンチェーンデータはBTCマイナーが通常より多くを費やしていない事を示している。
  5. グリーンライト:全てのトップ仮想通貨は利益を出しており、Bitcoinは$ 3,300に戻りつつある
PAGE TOP