ICO

一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)についてまとめてみた

仮想通貨投資では、様々な用語が出てくるため、「これ何なの?」と思うものも多いかと思います。

今回は、エアドロップ(AirDrop)についてご紹介したいと思います。

仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)とは?

ICO(イニシャル コイン オファリング)は、聞いた事がある方が多いと思います。
こちらは、暗号通貨取引所に上場する前に資金調達を行い通貨発行主体が決めたレートに合わせたトークンまたは通貨を配布します。

一方、AirDrop(エアドロップ)とは、その仮想通貨の、「トークンプロジェクトの参加者」「保有者および経済圏の拡大」を目的とし、希望した人に無料で配る行為を指します。

つまり、AirDrop(エアドロップ)は、投資家にとって初期投資をする必要がないため、損をするという事がなく投資家にとってはとても有り難いシステムだと言えますね。

発行運営元がエアドロップを行うメリット

では、発行運営元にとって、「無料でトークンを配るエアドロップ」はどの様なメリットがあるのでしょうか?

まず最大のメリットは、AirDrop(エアドロップ)をする事により、発行運営元はそのプロジェクトトークン保有者を増やすことができます。そして、保有者が増える事により、そのプロジェクトをもっと知ってもらうきっかけになる、そのプロジェクト、サービスを保有者が利用してみたくなるなど様々な効果を得る事が可能になります。

また、もし取引所に上場すれば、運営元は売ること可能になります。その上、サービスプロジェクトが面白いなどの魅力的なものであれば、新たなトークン購入者が現れ、相場が形成されます。運営元はその相場の中でトークンを売ることができ、また新たな開発資金を手に入れることができるなどのメリットもあります。

これ以外にも、運営元はAirDrop(エアドロップ)をすることで自社の持つプロジェクトのユーザー評価をはかることも可能となります。

従って、トークンを無料で受け取る投資家だけでなく、トークンを発行する運営元にもメリットがある、まさにWin winの関係であると言えるため、今後仮想通貨のトレンドになっていくでしょう。

エアドロップでコインをもらうことにリスクはあるのか?

投資家にとって、初期投資をしなくて良いという大きなメリットは、既にお伝えしました。
では、エアドロップでトークンやコインをもらう事のリスクは、どんなものがあるのでしょうか

一番重要な点は、エアドロップでコインをもらう際に、KYC(個人情報)を提供する事があると思います。これは、ICOでも経験されている方が多いかと思いますが、実際に個人情報(パスポート、免許証、その他身分証など)をアップロードされたことがあるかと思います。

この個人情報を提供する事により、個人情報漏洩が有り得るというリスクは、常に認識しておいた方が良いかと思います。

エアドロップへ参加の為の、準備した方が良いもの

エアドロップ参加には、いくつか準備をしておいた方が良いものがあるので、ご紹介します。また、同時に注意点も参考にしてくださいね。

1.bitcointalkに登録する

icon-desktop https://bitcointalk.org/index.php?action=register

このサイトではビットコインなどの仮想通貨に関する 情報やディスカッションなど様々な情報を取得できる総合サイトです。エアドロップ以外にICOや報奨金プログラムなどの情報を誰よりも速く手に入れることが可能です。 エアドロップはこのサイトに最初に掲載されるケースが多く、また、このサイトの登録が申し込みには必須となっているものが大変多いので、是非登録してみてください。

2.ウォレットを用意する

既に、ICO等に投資をされたことがある方が多いと思いますので、ご存知かと思います。念のため、再度書かせて頂くと、必ず取引所にビットコインやイーサリアムを保有するのではなく、個人のウォレットで仮想通貨資産を管理するように徹底してください。myetherwallet」(通称:MEW)はほぼ必須です。

3.SNSを準備する

Twitter、Telegram、facebookが必要なケースもよくあります。また、これらSNSのフォロワー/友達の数が条件になることもあります。 また後で説明するバウンティープログラムに参加する場合も必要になったりしますので、作っておいたほうが良いでしょう。

4.メールアドレスを準備する

エアドロップに参加する場合は専用のメールアドレスを用意してください。 私は数種類のメールアドレスを使い分けています。勿論サイトごとに違うパスワードを設定するようにしてください。

さて、今回エアドロップ参加するにあたり、いくつか準備するものをお伝えしました。特に注意して頂きたい点としては、個人ウォレットを利用する場合も、エアドロップ専用にマイイーサウォレットを作成して、これを利用するようにしてください。つまり、ご自身がICOや、取引所への送金で良く利用している個人ウォレットは利用しないという事です。フィッシング詐欺等に合って、全ての仮想通貨資産を失うという事がないようにご注意ください。

エアドロップへの基本的な参加方法

では、エアドロップの参加方法についてご説明します。 エアドロップには、大きく分けて3つの種類があります。

1.Holder airdrops (ホルダーエアドロップ)

90%以上のエアドロッププロジェクトはEthereumプラットフォーム上に構築されています。勿論これ以外にも、Stellar、NEXT、NEOなどもあります。ホルダーエアドロップを手に入れる方法は簡単です。エアドロップの対象となるトークンを特定の時間(スナップショット)に保持するだけで、無料のトークンを得ることが可能です。とても、シンプルで分かりやすい方法です。

2.Bounty Airdrops (バウンティエアドロップ)

バウンティエアドロップが、現在最も一般的なエアドロップの種類です。これは、プロジェクトのTwitterに従ったり、Telegramに参加したり、Facebookでソーシャルタスクを行う条件を満たした後などに、手に入れることが可能です。これ以外にも、例えばLineで紹介したりと少し手間ではありますが、時間があれば、是非色々なトークン・コインを手に入れてみると楽しいかもしれません。

3.Forked airdrops (フォークされたエアドロップ)

ブロックチェーンはあるタイミングでフォーク(分岐)する場合があります。その時、フォーク通貨を所有していた場合、フォークで生まれる新しいコインを無料で手に入れることができます。最も有名な例は、2017年8月1日にビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークして、ビットコイン所有者に同量のビットコインキャッシュが付与された例です。これ以外にも、イーサリアムクラッシックなど色々あるので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

エアドロップのスケジュールおよび情報サイト

icon-desktop topicolist
icon-desktop airdrops

まとめ

エアドロップに参加する事は、投資家にとってICOのように初期投資をせずに無料でトークン・コインがもらえるため、
ICO詐欺や、上場後のICOが投資元本を割ってしまうというリスクがない大変魅力的な方法
です。

また、もし参加したトークン・コインが上場する事になり、大きな価格が上がった場合、無料でもらったコインを販売して、大きな利益を得る事も可能であるという事です。つまり、「0資金で億万長者‼」という事も、夢ではないかも知れません。

エアドロップは、投資家だけでなく、実際にトークン・コインを発行する発行元にとっても、市場に流通させることにより、新たな資金を獲得できる可能性もあるという事から、投資家、発行元ともにWin Winの関係であると言えます。
従って、今後エアドロップを利用したトークン・コインの流通が増えてくるでしょう。
案外、貴方の身近な所に、将来大化けするトークン・コインのエアドロップチャンスがあるかもしれません。

是非、今回の記事を参考に、エアドロップにもチャレンジしてくださいね。

BITPOINT

関連記事

  1. 仮想通貨アナリスト:ビットコインの下降トレンドが本格化
  2. ビットコイン(BTC)が数分で5%の急上昇、$ 10,500を超…
  3. 仮想通貨の保管はどこですべき?―ハードウェアウォレットについて
  4. ビットコイン[BTC]は、中国の法定通貨を通して巨額の資本流入を…
  5. ビットコイン・キャッシュは、バイナンスが今後のハードフォークをサ…
  6. 仮想通貨の更新:ビットコインの下落、イーサリアムの上昇、投資家は…
  7. Binanceでの上場廃止により、ビットコインSVから資本が流出…
  8. 経済変化の境界を押し進める:アフリカでは、Bitcoinは交換の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインは、近々強気相場を支持する大きな動きを見せるかもしれません

昨日の下落圧力に直面した後、ビットコイン(BTC)は上昇の勢いを取り戻し、9,300ドルまで…

全てのトップ仮想通貨が中程度の損失を出しているため、ビットコインは3,450ドル未満で推移

1月31日木曜日 - この日のトップ20の仮想通貨はすべて、プレス時までに中程度から重度の…

専門家の意見:Blockchain の仕事は今やより高い給料になり、Bitcoin取引率はほぼ1年で最高を記録

この分析は、eToroのシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan氏の分析…

元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示している。

多くの仮想通貨愛好家がビットコインのような仮想通貨の将来の強気な評価と、それが法定通貨から取…

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方

今回は、MyEtherWalletの使い方についてお話します。MyEtherWalletとは…

今週のトピック

ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較

インフレーション(インフレ)とは、商品やサービスの値段が時間の経過とともに上昇する状況です。…

人気記事

  1. Facebookがビットコイン取引所とWhatsAppアプリ内の取引所リスト表示について密かに話し合い
  2. ビットコインの値段が6,000ドルに向けて上昇を続けるにつれ、アルトコインも上昇を再開
  3. ビットコイン現物取引とビットコイン先物取引とビットコインFXの違いをあなたは理解しているか?
  4. この仮想通貨はビットコインに対して140%以上上昇しており、まだウオーミングアップの状況かもしれません。
  5. 「あまりにも車は多すぎるが、BTCは十分な量があるわけではない」 – ビットコインの為にモーガンクリーク創業者がランボルギーニを売りに出す
PAGE TOP