仮想通貨考察

アメリカ人は、今後の10年間でビットコインよりも金を選択:調査

ニューヨークに拠点を置く、消費者金融サービス会社のBankrateが実施した最近の調査によると、より多くのアメリカ人が今後10年間で、ビットコインと比較して金に投資するつもりです。(それぞれ金が13%、ビットコインは9%)

株式、現金、定期預金(CD)も、米国の投資家の間で暗号通貨よりも人気があります。

不動産が投資対象のリストのトップであり、回答者の28%が、自分のお金を不動産に投資する用意があると答えています。


「Image by bankrate.com」

調査参加者の大多数(61%)は、暗号通貨に対して「余り快適ではない」または「全く快適ではない」のいずれかです。

驚くべき事ではないですが、25歳から37歳迄ののミレニアル世代の殆どは、暗号通貨に対して反対の立場をとっています。 一方で、ベビーブーム世代は、圧倒的に暗号通貨に対して弱気です:彼らの16パーセントだけが、暗号通貨に対して問題ないと考えています。

インフレ交渉に無関心

Bankrate調査からのもう一つの注目すべきポイントは、調査対象の全アメリカ人の58%が、インフレは投資対象の選択に影響を与えないと主張している点です。

勿論、これは、金とビットコインの両方の支持者によって日常的に出ている「インフレヘッジ」に対する話題として飛び交っている内容です。

インフレが急上昇した場合、より積極的に投資する意思があるのは、調査に参加した方の僅か20%だけです。

BITPOINT

関連記事

  1. 中国のモバイル決済は「何故ビットコインが成功するかの理由」を示し…
  2. ビットコインの値段は、半減期の後、70,000ドルに到達するだろ…
  3. ビットコインは2021年8月までに、10万ドルを超える可能性があ…
  4. 新しいデータは、ビットコインが6ヶ月連続で純利益を出した事を示し…
  5. ビットコインマイニングの巨人企業のBitmainが従業員の50%…
  6. サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構…
  7. ベネズエラ最大の小売チェーン:1,000ビットコインのトランザク…
  8. カルダノ投資家は、ビットコインが下落する中ADAを売却。ADAは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

イーサリアム、XRP、その他の「アルトコイン」がビットコインが史上最高値に向けて動くにつれて上昇

最近、大幅な利益を上げている暗号通貨はビットコインだけではありません。世界で最も有名…

ビットコインが継続して下落ーどれくらいの値段まで下落するのか?

Bitcoinの大幅下落は月曜日(11月19日)も続き、ビットコイン値段は、午後半ばまでに4…

テザー(Tether)は現在、数百万を印刷しています。これは、ビットコインにとって巨大です。

テザー(Tether)のUSDTマネープリンターが再び稼働しました。これは、ビットコインや、…

レポート:ビットコイン取引手数料が2014年レベルまで下落

2月11日にcrypto and blockchainのリサーチ会社Diarが発表した新しい…

不吉なビットコインのシグナルが赤く点滅-この出来事が起こった前回は、ビットコインの値段が51%暴落

ブルームバーグは、ビットコインの弱気シグナルに関して、仮想通貨トレーダーに警告しています。…

今週のトピック

Mad MoneyのJim Cramer氏は、金は彼を失望させ、ビットコインに5%の資金を入れると発言

Mad MoneyのホストであるJim Cramer氏は、長期的な金の支持者ですが、金が彼を…

人気記事

  1. インサイダーによると、Amazonはビットコイン、イーサリアム、カルダノ、ビットコインキャッシュを受け入れる準備ができている
  2. ビットコイン[BTC]は、中国の法定通貨を通して巨額の資本流入を目撃している
  3. 機関投資家は、一般投資家より、ビットコインに対して強気
  4. ビットコイン購入者の波は、売却する事に興味がないようです:オンチェーンアナリスト
  5. Mad MoneyのJim Cramer氏は、金は彼を失望させ、ビットコインに5%の資金を入れると発言
PAGE TOP