仮想通貨考察

ビリオネアのTim Draper氏は、現金と仮想通貨に関して今後5年間の大胆な予測

Tim Draper氏は、ビットコインの最も熱狂的な支持者の1人です。 他の金融のプロが、彼が新しい仮想通貨にを1日中夢中になっている事に馬鹿げていると思った時でも、彼は仮想通貨に対して、しっかりした楽観主義の立場でいました。

ゴチャゴチャ言う周りを無視し、Draper氏は彼のビットコインにこだわることで、約8,900万ドルの金持ちになりました。 JPモルガンの最高経営責任者(CEO)であるJamie Dimon氏を含む他の人たちが、ビットコインがチューリップバブルであることについて冗談を言っている間、彼は堅実でした。

FOMA、あるいは単に仮想通貨のポテンシャルを認識していますが、今月、JPモルガンが、自社の仮想通貨を公表した最初の主要投資機関銀行であると発表したとき、金融界に衝撃を与えました。

そのコインは、JPMコインと呼ばれますが、それはすぐに批判を集めました。

CCNを含む多くの人が、彼の偽善的なコインであるとDimon氏を引き裂いたとしても、Draper氏はそれをクールに演じました。

JPMコインに、ブーブー言わない

ゴールドマンサックスのCEOであるLloyd Blankfein氏が、ビットコインについての考えを述べる際に、大攻撃を受けて、彼がそれについて「ブーブー」と否定するつもりはないと答えたことを思い出すかもしれません。

Draper氏は、Dimon氏の以前の仮想通貨についての発言を理由に、彼に電話をかけないよう同様の取り組みをしました。 Draper氏は、「AppleがIBMをPC事業に迎え入れるのと同じような魅力的なものである。」と、JPモルガンのいわゆる仮想通貨分野への参入を上手く表現しました。

彼は日曜日のFox Businessで、下記のように発言しました。

「多くのビットコインへの攻撃が、それほどうまく機能しているわけではありませんが、それらすべてがビットコインへの関心を高めています。」

チキンとコーヒー

Draper氏は以前、ビットコインと他の仮想通貨が、消費者の物を買う方法を変える全ての方法について話しました。

彼は伝説的なファストフード大手のKFCを指摘し、「仮想通貨を利用して、チキンのバケットを買うことができます。」と語りました。

コーヒー中毒者が彼らのお気に入りのラテを買うとき、バリスタがスキャンするために、彼らは携帯電話を取り出すでしょう。

Draper氏はとても楽観的で、わずか2年後には、みんながコーヒーを仮想通貨で買えるようになると予想しています。 彼は下記のように発言しました。

「ライトニングネットワークがシステムに浸透し始めると、我々にとって電話を使用するだけで、「バリスタさん、この仮想通貨で支払います。」と言う事がはるかに簡単になります。 私は5年以内に、我々はファイアットマネー(法定通貨)でコーヒーを買おうと試みた際、バリスタが笑って、「仮想通貨を、お持ちではありませんか。」と尋ねる日が来ると予想しています。」

現金は犯罪者のもの

将来、まだ現金を使っているのは犯罪者だけでしょう、とDraper氏は発言しています。

「犯罪者を除いて、これ以上現金は利用されません。 彼らはビットコインを利用しようとするすべての人をキャッチするため、犯罪者はまだ現金で動こうとします。 犯罪者がビットコインを受け取ったときにはそれが記録されませんが、利用しようとするとすぐにそれらのブロックにタグ付けされるので、犯罪者には、現金が使用されます。」

また、Draper氏によると、多くの人が嫌う厄介な銀行があります。

「私の銀行のお金は、私のビットコインよりも安全性が低いと感じています。 私の銀行は絶えずハッキング攻撃を受けています、彼らはハッカーを阻止するために絶えずモグラたたきをしています。 私のビットコインは、私のドルより安全です。

現在まで誰も、木を叩いて(拳を頭にぶつけて)ビットコインの Blockchainをハッキングしたことはありません。」

何と発言しているか?

Draper氏は、ずっと次の質問をしています。「いつ、あなたはあなたのビットコインを売るつもりですか?」

「ビットコインを何に変えるのですか? 金を掘って、それを殻に移すようなものです。 なぜそれをするのですか? 将来、ビットコインやその他の仮想通貨の時代であることを知っているのに、どうして過去の時間に戻るのでしょうか?」

Draper氏は、ICOへの関心の高まりについても依然として楽観的です。 ラスベガスのCESで、彼は「トークンが代わりの資金調達と資本を企業に提供する。」と発言しました。しかし、ベンチャーキャピタリストは、ただ単に座って頭を悩ませているだけではありません。

BITPOINT

関連記事

  1. 4大会計会社のKPMGが発言:ビットコインなど仮想通貨は、「未だ…
  2. ビットコインが大暴落ー仮想通貨市場で何が起こっているのか?
  3. これから価格が上がる仮想通貨の銘柄発表(初級者編)
  4. 仮想通貨市場は大規模な売りービットコインが2018年初めて、$5…
  5. 重要な指標は、ビットコインを蓄積する時が来た事を示していますが、…
  6. 家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Mil…
  7. ビットコインが200万円⇒100万円まで大暴落。でもそんなに騒ぐ…
  8. 仮想通貨アナリスト:ビットコインの下降トレンドが本格化

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

UFCのファイターAskren氏による世論調査:大半はビットコインを保持すると答え、これは金よりも高い

投資コミュニティの中で2つの派閥、つまりビットコイン強気の人と金を推す人の間で論争が激化して…

CoinbaseとCash アプリが、ビットコインを簡単に購入する方法で最高評価の立場を維持

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、新しい新興の金融技術と資産です。 新しいテクノロ…

スイス政府は、コロナウイルスで被害を受けた仮想通貨企業の1億300万ドルの救済を拒否

スイス政府は、コロナウイルスの影響で経済的ダメージを受けた、地元の仮想通貨企業に対する1億フ…

ビットコインは、全ての投資ポートフォリオで少なくとも1%は必要です。

Shapeshift CEOであるErik Voorhees氏によると、ビットコインは過去1…

ビットコインのGoogle検索は、値段の暴落で爆発的に増加

「GOOGLE TRENDS DATA SUGGESTS RESURGENCE IN INTER…

今週のトピック

ビットコインが8,300ドルまで上昇した後、何故アナリストが9,000ドルが次に来ると考えるかの理由

ビットコイン(BTC)は、過去数時間にわたってその日の終値まで上昇し続けています。 この記事…

人気記事

  1. ビットコインが8,300ドルまで上昇した後、何故アナリストが9,000ドルが次に来ると考えるかの理由
  2. ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較
  3. ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送
  4. 強気が弱まり、ビットコインが11,600ドルに急落。 原因とトレンド
  5. DMMビットコインから外部ウォレットへの送金方法
PAGE TOP