仮想通貨考察

仮想通貨市場が5日連続でグリーンライトになり、ビットコインも$4000を回復

12月20日木曜日、コイン360からのデータによると、仮想通貨市場は5日連続のグリーンライトの状況になり、上位20の仮想通貨のほぼ全てが大幅な値段上昇をしました。


「Market visualization by Coin360」

24時間での値段の急上昇の中では、4番目に市場規模が大きい仮想通貨であるBitcoin Cash(BCH)が、他の仮想通貨に先がけて急上昇しており、プレス時には36%のスパイクで$165の値段を付けました。今日は仮想通貨が2桁の値段上昇を記録した3日目であり、グリーンライト状況になって5日目です。わずか7日間で80%以上の値段上昇ですが、仮想通貨はまだ月次のチャートで50%近く下がったままの状況です。


「Bitcoin Cash 7-day price chart. Source: Cointelegraph’s Bitcoin Cash Price Index.」

CoinMarketCapのデータによると、現在9番目に大きい仮想通貨であるビットコインキャッシュから新しく分割されたBitcoin SV(BSV)は、102ドル前後から13%も値段が上昇し、注目すべきボラティリティです。

最大の仮想通貨であるBitcoin(BTC)は、反発して4,100ドル前後で取引されており、1日で6%上昇し、12月14日に付けた最低値の3185ドルより、1000ドル以上の値段上昇となっています。ビットコインは今日、5日連続のグリーンライト状況であり、 長期的な弱気沈静化状況から回復基調にあります。


「Bitcoin historical price data, Dec. 13 — Dec. 20. Source: Cointelegraph’s Bitcoin Price Index.」

今週、Bitcoinの値段は、ほぼ22%上昇しました。 しかしながら、まだ月の損失は27%近くあるままの状況です。

Cointelegraphのリップルプライス指数によると、時価総額第2位のリップル(XRP)は、この日わずか0.5%ほど上昇し、プレス時時点で約0.38ドルで取引されています。 それにもかかわらず、1週間の資産の累積利益は7日間のチャートで29パーセント引き上げました。 リップルの月次チャートは赤字のままで、20%以上の損失を示しています。


「Ripple 7-day price chart. Source: Cointelegraph’s Ripple Price Index.」

時価総額で第3位仮想通貨であるイーサリアム(ETH)は、3桁の値段に戻し、111ドルで取引されており、24時間で5%近く上昇しました。Bitcoinのように、アルトコインは現在、5日連続で堅調な値段上昇をしています。しかし、イーサリアムは、12月14日には約82ドルにまで下落していました。

イーサリアムは、今週の週刊チャートでは22%近く上昇していますが、月次では28%も下落したままの状況です。


「Ethereum 7-day price chart. Source: Cointelegraph’s Ethereum Price Index」

CoinMarketCapの残りのトップ10の仮想通貨も、すべてグリーンライト状況です。実際ライトコイン(LTC)は4.6%高い32.50ドル、ステラ(XLM)は2%高い0.12ドルです。

時価総額でトップ20の残りのコインはすべて2〜6%の値段上昇をみせています。イーサリアムクラッシック(ETC)はこの中でも最高のパフォーマーであり、ほぼ6%増の4.76ドルです。

プライバシーに重点を置くアルトコインの Monero(XMR)とZCash(ZEC)は、プレス時に$ 51.73と$ 63.51で4.5%上昇しました。

昨日は30%以上の急騰を見せていたWaves(WAVES)は、仮想通貨トップ20の中で唯一赤字で、2.5%下落し4.14ドルでした。

すべての仮想通貨の総時価総額は、プレス時で約12億2千万ドルになり、12月14日の週につけた1011億6000万ドルから300億ドル以上増加しました。


「7-day chart of total market capitalization of all cryptocurrencies from CoinMarketCap」

昨日公開されたインタビューの中で、主要な仮想通貨取引所、BinanceのCEOで共同創業者であるChangpeng Zhao氏は、2018年を仮想通貨の「調整の年」と述べました。 最近の中期的な弱気市場の傾向にもかかわらず、Zhao氏は、仮想通貨業界の将来に対して楽観的な姿勢を示し、「開発と「実際に仮想通貨が利用できるケース」が急増する事により、さらに仮想通貨が採用されるだろう」と主張しています。

BITPOINT

関連記事

  1. アナリスト:ビットコインは、PayPalやVisaにとって「潜在…
  2. ビットコインが5000ドルを超えて急上昇、しかし強気市場はまだ来…
  3. 世界準備通貨としてのビットコインは、米ドルの強化に役立つ可能性
  4. サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構…
  5. ビットコインは600ドル以上下落し、10,000ドル近くに値段を…
  6. Fortune 500 の巨大企業がビットコインとビットコインキ…
  7. HSBC銀行は香港のATMを閉鎖し、ビットコインはこの問題を修正…
  8. 3つの仮想通貨がビットコインに対して上昇しています。 一つはBi…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ダウンタウンの松本人志でさえビットコインを買っているという事実

サムライクリプトカレッジの会員様の中で実に4割の方が「ビットコインを知っているが買ったことがない」と…

ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびチェーンリンク(LINK)は、GitHubで最もアクティブな開発者コミュニティを持っている。

仮想通貨分析プラットフォームのSantimentによって公開されたデータによると、ビットコイ…

仮想通貨のICO案件の利益確定の考え方

仮想通貨という言葉がかなり認知されるようになり、実際にICO投資をされる方も増えてきたのではないでし…

アルゼンチンの中央銀行がインフレを防ぐ能力がない為、人々はビットコインに注目するようになっている。

アルゼンチンのインフレ率が1992年以来最高水準レベルに急上昇している為、人々は、お金の代替…

科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価値の保存場所として置き換わるのか?

査読付きの科学誌に掲載された新しい論文によると、中国の研究者は、貴金属の今後の展望に大きな影…

今週のトピック

モーニングスターの分析者:ビットコインやその他の仮想通貨資産は、金に置き換わる事はない

投資格付け会社のMorningstarのアナリストは、Bitcoinや他の暗号化通貨は、価値…

人気記事

  1. ビットコインが1万ドルを突破した為、中国でトレンドになっている。
  2. ピザからランボルギーニへ:Bitcoinの最初の10年間の推移
  3. ビットコイン価格見解:ビットコインは、価値の保存場所としては、他のものには負けない
  4. 仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週がスタート
  5. ビットコインの下落傾向は、弱気市場がうなり声をあげるにつれて2019年を通して続く可能性があります。 理由は、これらです。
PAGE TOP