仮想通貨考察

もし、Peter Schiff氏のアドバイスに従っていれば、ビットコインで44,400%の利益を逃しました


「Following Peter Schiff’s opinion on bitcoin may have cost you a lot of money. | Image: REUTERS/Lucas Jackson (UNITED STATES BUSINESS)」

ユーロパシフィックキャピタルの最高経営責任者であり、Schiffゴールドの会長であるPeter Schiff氏は、率直にビットコイン嫌いを公言している人物です。 最高の仮想通貨であるビットコインに対する彼の敵意は、2011年6月21日までさかのぼる事ができます。

彼自身のラジオ番組の中で、Schiff氏は、ビットコインには本質的な価値がないことを熱心に表現しました。 彼は、次のように発言しました。

「本質的に、ビットコイン自体には価値がありません。 人々が、交換の媒体として受け入れてくれる間しか、ビットコインは価値がありません。」

その後、トークショーの主催者である彼は、金の価値を強調し始めました。 彼は、次のように発言しました。

「金は、それ自体に価値があります。 金を使う必要はありません。 溶かすことができます。 ジュエリーする事ができます。 それを、電気製品で利用する事もできます。 金は、それ自体が本質的にすべて価値のあるものにする様々な特性を持っています。」

その当時、支配的な仮想通貨通貨のビットコインは、20ドル前後で取引されていました。 一方で、金は1オンスあたり1,500ドルと評価されていました。 この様に、ビットコインと金の間で大きな価格差があったので、ビットコインに注目せず、貴金属に興味を持ちSchiff氏のアドバイスに耳を傾けた事は理にかなっていたでしょう。


「Bitcoin trading at $17 back in June 2011. | Source: 99bitcoins」

もし、そのようにした場合、貴方は金への投資でいくらかのお金を失っただけでなく、この10年間で最大の強気相場を逃した事になります。つまり、歴史の中で最大の強気相場の1つという意味です。

Schiff氏は、神話が間違っていたにも関わらず、ナンバーワンの仮想通貨のバッシングを続けている。

2015年に、Schiff氏は、金が1オンスあたり5,000ドルに急騰すると予測しました。 3年以上たった今でも、貴金属は1,500ドル未満で取引されています。

彼が言っている事に対して、数字が圧倒的に反対の状況でも、Schiff氏は、考えを変える事はないようです。

ビットコインには、本質的な価値がないという2011年6月の発言以来、仮想通貨のビットコインは、今までに44,400%以上急騰してきました。 一方で、SchiffGoldの会長をフォローし、金に投資した人々は、8年間という長期間待った後、資本の1%を失いました。

これらのビットコインの上昇にもかかわらず、Schiff氏は金を誇示しながらビットコインを批判し続けています。

最近の下落にも関わらず、ビットコインは依然としてより良い投資選択である

我々は、熱心な金の信者であるLawrence Lepard氏と話をしました。 金の年末の値段目標について尋ねられた際、投資マネージャーは、次のように答えました。

「私は、1,650ドルになると思います。」

したがって、貴金属の金は、2019年末までに約11%の上昇可能性を秘めているようです。

一方で、さまざまな専門家は、ビットコインは年末までに9,000ドルから25,000ドルまで上昇する可能性があると予測しています。

Wyckoff Stock Market Instituteの所有者であるTodd Butterfield氏は、ビットコインは年末までに25,000ドルに達すると考えています。

さらに、アルトノミーの共同設立者であるRicky Li氏は、仮想通貨の短期的な価格変動についての考えを共有しました。 CCNとのインタビューで、Li氏は次のように述べました。

「ビットコインの値段が初めて数か月で$ 9,000のレンジを下回ったとき、6月のピーク時の$ 13,000から取引された下降三角形の主要なサポートレベルを破壊しました。 現在そのサポートレベルは、新しい抵抗線になっています。」

彼は、付け加えて

「現時点では、短期的な感情を変える事は難しいですが、長期的な見通しは、依然として魅力的です。」

これらの専門家の計算から、ビットコインは3か月で最低12%、最高212%上昇する可能性があります。もし、過去にPeter Schiff氏のアドバイスを聞いていたなら、おそらくアドバイスを受ける人を再考する時かもしれません。

BITPOINT

関連記事

  1. JPモルガンアナリスト:ビットコインの値段はさらに下落する可能性…
  2. 専門家がJPモルガンのビットコインへの壮大なUターンを調査
  3. $ 1,200上昇:ビットコインの値段が$ 8,000以上に急上…
  4. Fortune 500 の巨大企業がビットコインとビットコインキ…
  5. IMF:Bitcoinと他の仮想通貨の急速な成長は、グローバル金…
  6. Mike Novogratz氏は、ビットコイン(BTC)にとって…
  7. 全てのトップ仮想通貨が中程度の損失を出しているため、ビットコイン…
  8. もし歴史が繰り返されるならば、ビットコイン(BTC)は5000ド…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

調査:10年以上の投資として、ビットコインまたはその他の仮想通貨資産を好むアメリカ国民は、わずか4パーセント

金融サービス会社であるBankRateが作成した調査によると、ビットコインと仮想通貨は、米国…

日本人に人気の海外取引所をまとめてみた

今回は、初心者向けのお勧め海外仮想通貨取引所についてお伝えしようと思います。何故、海外取引所…

仮想通貨を生み出すマイニング(採掘)とは何なのか?

仮想通貨業界で、頻繁に聞く言葉の中に「マイニング」があります。マイニングとは直訳すると採掘と…

スイス政府は、コロナウイルスで被害を受けた仮想通貨企業の1億300万ドルの救済を拒否

スイス政府は、コロナウイルスの影響で経済的ダメージを受けた、地元の仮想通貨企業に対する1億フ…

ドイツ第2位の証券取引所が、ビットコインのスポット取引を開始

ドイツ第2位の証券取引所であるBoerse Stuttgartは、規制されたデジタル資産の取…

今週のトピック

クイズ仮想通貨!これがわかったらあなたは相当ギークです。

今日はちょっと息抜きとお勉強。下記の図を見ていくつあなたは意味がわかるでしょうか?す…

人気記事

  1. 仮想通貨とビットコインだけではありません:2018年にはすべての主要な資産クラスで大幅な後退を経験
  2. サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構築
  3. ビットコインの値段は、$ 12K越えを拒否された後に急落
  4. ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法
  5. 家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Millennials(2000年代生まれの若い世代)はBitcoinに群がるのだろうか?
PAGE TOP