仮想通貨考察

仮想通貨トレーダー:ビットコインの値段が2019年に50%急落する可能性がある

先週1週間を通して、ビットコインの値段は3,901ドルから4,048ドルに上昇し、米ドルに対して4%近く上昇しました。

ビットコインの比較的強い短期的なパフォーマンスのおかげで、代替の仮想通貨も大幅な値段上昇の変動に関与し、仮想通貨市場の時価総額は約70億ドル上昇しました。

しかしながら、トレーダー、テクニカルアナリスト、ストラテジストは、ビットコインの中期的な値段のトレンドに対して一般的にポジティブな姿勢を維持していますが、一方で、一部のトレーダーは主要な仮想通貨であるビットコインが3,000ドル半ばのレンジで、主要なサポートレベルを再テストすると予測しています。

ビットコインは、また3000ドルまで下落するか、または今が最低値だろうか?

2018年12月以来、ビットコインは4,200ドルのレジスタンスレベルを2回テストし、3回目で4,000ドルのラインを超えました。

4200ドルに達する2回の試みの後、ビットコインの値段は、3,700ドルから3,900ドルのレンジまで引き下げられました。これは、おそらく資本流入と仮想通貨市場における取引量の不足の為、上昇勢いを維持ができなかったのが原因です。

そのため、もしビットコインが近い将来4,200ドルから4,600ドルのレンジを超える着実な変動がない場合、ビットコインがサポート水準である3,500ドルより少し上の値段水準に戻る可能性が高いと考えるトレーダーもいます。

有名な仮想通貨トレーダーであるMayne氏は、下記のように述べています。

「もし、強気市場がすぐに来ない場合は、私は予定よりも早くビットコインのショートポジションを持つ必要があります。 年間を通して、オープンポジションで長期保有するつもりはありません。」

ビットコインが4,200ドルを超えることができないことを伝えたので、あるトレーダーは、ビットコインが12ヶ月の新しい最低安値である3,122ドル以下、ひょっとすると2,000ドル以下の値をつけるだろうと大胆に予測しました。

「もし、必要であればビットコインを4,000ドルのレンジ、または若干それ以上の値段で売却します。取引期間:数週間から数ヶ月。 ターゲット値段:$ 2.000。 ど素人は、4,000ドルでビットコインを購入するので、値段が3,000ドルになるとパニックでビットコインを売却します。 市場は、せっかちな人から辛抱強い人にお金を移動させる装置です。これは、今までもそうですし、今後も当てはまります。」とトレーダーは発言しました。

ビットコインの値段が上昇しても、3,000ドルという低いレンジに下落したとしても、トレーダーは、仮想通貨市場の取引量の著しい増加によって、高レベルのボラティリティ状況になる事を目にします。

ビットコインの今後数日間の値段状況によって、何人かのトレーダーは、ビットコインが徐々に5000ドルレンジまで上昇し続けるか、または、最近の安値を再テストする事になるかのどちらかだと発言しています。

「Volume MA(一番下)は1W(1週間)の過去のバウンスレベルです。 ボラティリティが入っています。 値段上昇の継続に自信がありますが、暴落になっても大丈夫なようにポジションを取っています。常に最善と最悪の事態に備えています。 Crypto Thiesとして知られるアナリストは、「弱気市場に関して私が持っている考えは、これまでのところ、まだ売りのクライマックス(最低値)に到達していないと思います。」と書いていました。

しかし、一部のアナリストはまた、15ヶ月の弱気市場の最後の段階をテストするビットコインを予測し、2015年と2019年のビットコインの値段トレンドに驚くべき類似点がある事を発見しました。

仮想通貨業界は、拡大し続けています

多くのトレーダーは、ビットコインを含む主要な仮想通貨の値段トレンドに関して、慎重に楽天的な見方を維持していますが、仮想通貨業界は成長と拡大の兆しを見せています。

水曜日には、1日の取引量で世界最大の仮想通貨取引所であるBinanceが、オーストラリア在住の顧客に、1,300以上の店舗でビットコインを購入することを可能にしました。これは、急成長するブロックチェーン市場への仮想通貨のアクセシビリティを高める可能性があります。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコイン取引で、日本円取引が米ドルを超える
  2. アルトコインの価値が落ちている中、ビットコインが今まで以上に仮想…
  3. ベネズエラのビットコイン取引量は、反マドゥロ政権の陰謀が疑われる…
  4. UFCのファイターAskren氏による世論調査:大半はビットコイ…
  5. 裁判所が仮想通貨禁止を緩和した後、インドでP2Pビットコイン取引…
  6. 重要な指標は、ビットコインを蓄積する時が来た事を示していますが、…
  7. イーサリアムの値段チャートは、ビットコインに対して1000%の利…
  8. オーストラリアのBITCOIN ATMスタートアップは、1週間あ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインが赤字に転じるにつれて、イオス(EOS)の値段は弱気になる

この小さな弱気圧力が、仮想通貨の大幅な混乱を引き起こす可能性はかなり低いと思われます。 一部…

ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法

ビットフライヤー(bitflyer)とは?仮想通貨交換業者認可の日本最大級のビットコ…

ビットコインは600ドル以上下落し、10,000ドル近くに値段を戻す。

ビットコインは、12時間弱の間に600ドル以上下落しました。 新しい弱気の勢いにより、ビット…

資産として仮想通貨をどれくらい保有すべきか?

仮想通貨で大きく儲けたという話を頻繁に聞くようになり、「自分も仮想通貨で資産を増やしたい!」と考えら…

ラインの仮想通貨取引所が、ビットコインやイーサリアムに対抗して独自トークンを表示

日本のメッセージング大手であるLINEによって立ち上げられた仮想通貨取引所のBitboxは、…

今週のトピック

ビットコイン取引で、日本円取引が米ドルを超える

過去24時間において、世界のビットコイン取引で日本円(JPY)での取引がUSDを上回りました…

人気記事

  1. ニュース速報:ビットコインが、2019年のほぼ最高値をつけた後、10%急落
  2. どうすれば、ビットコインが1000万ドルに到達し、世界の債務問題を解決するか?
  3. ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびチェーンリンク(LINK)は、GitHubで最もアクティブな開発者コミュニティを持っている。
  4. オーストラリアのBITCOIN ATMスタートアップは、1週間あたり$ 360,000の売り上げを記録
  5. ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる
PAGE TOP