仮想通貨考察

アナリスト:ビットコインは、PayPalやVisaにとって「潜在的に破壊的な物」

ビットコインやその他の仮想通貨は、まだPayPalやクレジットカードに代わる支払い方法として採用されていませんが、近い将来実現する可能性があります。 これは、セルサイドのリサーチ会社MoffettNathansonのエクイティアナリストであるLisa Ellis氏の評価です。

「仮想通貨のシステム(例えば、ビットコイン、イーサリアム、リップル)は、個人間の支払いシステムに支障をきたす可能性があります」とEllis氏はクライアントノートに書いています。」「「お金の自由」を可能にすることを目的としているそれらのコアデザインの特徴は、ほとんどの伝統的な個人間の支払いシステムの特徴と正反対なものです。」

Ellis氏:VisaやPayPalは、仮想通貨を受け入れるべき

仮想通貨には破壊的な可能性があるため、Ellisによると、仮想通貨はVisa、Mastercard、そしてPayPalにとっては今後の存続の脅威になる可能性があります。 しかし、それはすぐには起こりませんと彼女は発言しました。

しかし、Ellis氏は、既に確立されているこれらの支払い会社の巨人は、仮想通貨やブロックチェーンを受け入れるべきだと指摘しています。もしそうでないと、クロスボーダー支払いのために仮想通貨を利用しているRippleとVeemに市場シェアを取られるリスクがあると指摘しています。

PayPalのCEOは、ビットコインを却下

PayPalのCEOであるDan Schulman氏は最近、大手販売業者が大量にビットコインを採用した事について懐疑的な見方を表明し、仮想通貨を受け入れる小売店はほとんどないと指摘しました。Schulman氏は、1月にスイスのダボスで開催された2019年世界経済フォーラムで発言しました。

 「多くの小売業者が、いずれの仮想通貨にも対応しているとは考えていません。」「しかし、基盤となるテクノロジーは興味深いと思います。」

Schulman氏は、2018年に公言した仮想通貨のFUDを倍増させました。当時、Schulman氏は、消費者はPayPalのモバイル決済サービスであるVenmoで、仮想通貨の交換が近い将来できるようになると期待すべきではない発言しました。

Schulman氏は、ビットコインの不安定な価格変動が主な理由で、積極的に仮想通貨を受け入れようと思わなかったと発言しました。

「[ビットコイン]のボラティリティが理由で、小売業者が受け入れることのできる本当の通貨になることは、実際には不適切です。」「小売業者の利益幅は非常に狭いです。 そして、2、3週間の間にビットコインが15%増減した場合、それがすべての売り上げの利益と損失の差になる可能性があります。」

バッキンガム・リサーチ・グループの株式リサーチ担当ディレクターであるChris Brendler氏は、Schulman氏に同意します。 Brendler氏によると、仮想通貨は購買者にとっても販売者にとっても不適切です。

「仮想通貨は、価値を移転するための効率的な方法ではありません」とBrendler氏はTheStreetに語りました。 「これは購買者にやさしいプロセスではなく、販売者に優しいプロセスでもありません。」

JACK DORSEY氏, PETER THIEL氏, そしてWOZ氏ビットコインはビットコインの強気市場を予測

これらの仮想通貨に対する弱気な見通しは、テック億万長者のJack Dorsey氏と、PayPalの共同創設者であるPeter Thiel氏の強気の予測とは対照的です。

Thiel氏は、ビットコインを「デジタルゴールド」である、つまり「全世界がばらばらになったときに対する対策である。」と宣伝しています。2018年3月、Jack Dorsey氏は、ビットコインが世界の単一通貨として出現すると考えていると発言しました。

そしてちょうど今週には、アップルの共同創設者であるSteve Wozniak氏は、彼がビットコインの途方もない未来を信じているビットコイン強気市場の支持者であることを再確認しました。 CCNで報じられたように、Wozniak氏は現在の現在の仮想通貨の弱気市場にもかかわらず、その「大規模な価値創造」でビットコインを賞賛しました。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコイン先駆者:次のビットコイン値段「ステージ」には、25万…
  2. ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨と…
  3. USマーシャル(米連邦捜査局)は、没収された600以上のビットコ…
  4. ビットコイン(BTC)が数分で5%の急上昇、$ 10,500を超…
  5. Willy Woo氏は、ビットコインがすでに底打ちしている可能性…
  6. マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるか…
  7. JPモルガンアナリスト:ビットコインの値段はさらに下落する可能性…
  8. ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

9/24の値段分析:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、イオス、ステラ、ライトコイン、カルダノ、モネロ、ダッシュ

Bitcoinは2013年以来、2014年以外は、毎年の最後の四半期に急激な増加を見せていま…

仮想通貨フィーバーは、ビットコイン取引所の取り締まりにより、日本で14%急落する。

「Interest in cryptocurrencies like bitcoin tumbl…

年間最低水準へ促した11月の水準迄戻り、ビットコインとイーサリアムは分岐点

Top2の仮想通貨の話をすると、ビットコインは現在3,921ドルでほぼ変化がない状況で、実際…

ビットコインは、金の44%のフラクタルの様に、7,000ドル以下へ下落するかも知れません。

ビットコインは、長い間金のデジタル版であると言われてきました。実際にこれは、価値の保存先、価…

仮想通貨ウォレット「HB Wallet」についてまとめてみた

今回は、最近人気の日本発のERC20対応仮想通貨ウォレット「HB Wallet」について解説したいと…

今週のトピック

上位の仮想通貨は、ビットコインが3,900ドルに向かって下落する中、僅かな損失を出す

3月10日(日曜日) - トップ20の仮想通貨の大部分は、その日のプレス時に僅かな損失を出し…

人気記事

  1. もし、Peter Schiff氏のアドバイスに従っていれば、ビットコインで44,400%の利益を逃しました
  2. ビットコインは600ドル以上下落し、10,000ドル近くに値段を戻す。
  3. 仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォーム別にトークンの特徴を比較してみた
  4. このビットコインチャートは、ビットコインがお金になることができないという主張を破壊する
  5. カルダノ投資家は、ビットコインが下落する中ADAを売却。ADAは、32%下落
PAGE TOP