仮想通貨考察

刺激的な話が再開するにつれて、ビットコインは$ 11.5K近くへ

CoinDeskによると、ビットコインは週末にかけて値段の上昇傾向を続け、11,500ドル近くになりました。この急上昇は、米国の刺激資金が増える可能性に関連して起こった可能性があります。

CoinDeskの記事によると、今月に入ってこのように値段が高騰したのは初めてであり、これが以前起こったのは9月2日でした。

金曜日(10月9日)、ホワイトハウスは、刺激政策交渉が数ヶ月間拘束された後、ドナルド・トランプ大統領が「大きな動きになる」と述べた1.8兆ドルの刺激パッケージの申し出を延長しました。

トランプ大統領の提案には、パンデミックによって特に被害を受けた2つのセクターである、航空会社と中小企業への支援が含まれています。

PYMNTSの報告によると、ビットコインはパンデミックの最中に変動し、63日連続で10,000ドルを超える終値で終える日数の記録を打ち立てました。 CoinDeskによると、その値段範囲は10,000ドルから12,500ドルの間であり、その時の180日間のボラティリティ率も低い状況でした。

しかしその後、10月にコインの価値は23か月で最低の0.028に達し、2018年11月以来の最低値になりました。ビットコインの値段反映への遅れは、過去数週間の激動の現在の出来事とは無関係のようです。その出来事とは、司法省によりBitMEXの創設者に対して起訴されたKYC要件を無視するBitMEXの罪状を含みます。

一般的なビットコインに対する批判は、その不安定な性質であり、価値の変動が長く、一部の人々は懐疑的な見方をしています。しかし、バージニアを拠点とするソフトウェア会社MicroStrategyのCEOであるMichael Saylor氏は最近、ビットコインは「現金を保有するよりもリスクが低く、金を保有するよりもリスクが低い。」と考えていると発言しました。

彼は、資産インフレが毎年20パーセント以上急上昇すると予測しました。これは購買力を弱める効果があり、それはボラティリティさえも排除するでしょう。

ブルームバーグの報告によると、MicroStrategy社は今年初めに資産のほとんどをビットコインに投資した最初の公開会社でした。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインからブレグジットまで:投資家が2019年に注意すべき…
  2. 全てのトップ仮想通貨が中程度の損失を出しているため、ビットコイン…
  3. ビットコインは、世界で8番目に大きな銀行として報告される
  4. Googleのデータによると、ビットコインの値上がり後、人々はビ…
  5. イーサリアムの値段チャートは、ビットコインに対して1000%の利…
  6. コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が…
  7. BitmainがIPOの申請後、ビットコインキャッシュの値段が大…
  8. ビットコイン(BTC)値段予測:7,000ドルへの継続的な上昇期…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ICOって何?⇒仮想通貨を利用した新時代の資金調達方法

ICOっていう言葉を、聞く事も多いかと思います。日本でも、「ICOって儲かるらしいよ!」「今度、●●…

何故ビットコインは、驚異的な64%にとどまるほど過小評価されているのか?

ビットコインの値段は、今年に入ってから30%上昇しており、4月上旬の値段の上昇と下落を経験し…

Bitcoinは大きな上昇気流の前に、最終的な値段の大きな揺れを経験したかもしれない

10月15日、Bitcoinの価格は6,150ドルへ下落し、8月初め以来維持してきた、6,000ドル…

コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が急上昇。Bitcoin値段が安定の中でアルトコインの取引量も上昇

NEM(XEM)は現在、仮想通貨取引所のCoincheckが通常の取引活動を再開したため、ほ…

分析:イーサリアムの値段は、ビットコインの上昇が遅くなるにつれて高くなる可能性がある

全ての人の目はビットコイン(BTC)に注目しているかもしれませんが、アナリストは、イーサリア…

今週のトピック

カナダ:フィンテックのスタートアップがBitcoin支払い機能を開始

カナダのモバイル決済会社Glance Technologies Inc.は、11月29日のプ…

人気記事

  1. オーストラリアのBITCOIN ATMスタートアップは、1週間あたり$ 360,000の売り上げを記録
  2. 【極秘情報送信中】LINEのお友達に私を追加してください。
  3. もし、2015年以降、毎日1ドルのビットコインを購入していたら、現在これ程の金額の価値になっていた。
  4. 仮想通貨市場が5日連続でグリーンライトになり、ビットコインも$4000を回復
  5. これらの国々の国家債務をカバーするのに十分なビットコインはありません。
PAGE TOP