仮想通貨考察

ビットコイン需要モデルは、(2011年以降)明らかに「明確な成長トレンド」になっている。

ビットコインの需要の全体的なチャートは明確な成長傾向を示しており、実際にドルベースの需要では、毎年2.2倍のペースで増加しています。

ビットコインの需要は、自己達成的予言になるかもしれません

ビットコインの大きな謎は、マイニング報酬の半減期が大幅な値段上昇を引き起こすかどうかです。 懐疑論者は、その可能性をかなり遠いもの(起こらない)と考えています。


BTCネットワークは、長年にわたって成長しており、実際の利用状況に関して、複数の視点があります。 ビットコインネットワークには、マイニング収益、投機的取引、支払い手段としての利用などの様々な目的で、より多くの法定通貨が入ってきています。 ビットコインネットワークは、アクティブなアドレスとトランザクション数を増やし続けている状況です。

ビットコインの半減期の値段上昇:今回は、今までと違うのでしょうか?

今後もビットコインの人気が高まり、新しい資金流入を促せるかどうかは、依然として不確かな推測です。 しかしながら、もし、ビットコインの半減期に異なるチャートの予測のように値段上昇が形成され始めた場合、何らかの強気の価値段上昇が実現する可能性があります。

ビットコインの半減期が起こる可能性の高い2020年5月15日には、ビットコインの値段が、16,000ドルから60,000ドルまでと、様々な値段予測があります。 ビットコインへの資金の実際の流入は、法定通貨を含む複数のソースからであり、しかし、実際はほとんどが安定したコインからである為、判断が困難です。

過去には、マイニングのブロック報酬の半減期の後、ビットコインの値段は常に大幅に上昇している事に注意する必要があります。


今回は、需要が自己達成的な予言へのスパイラルに入るのか、それとも初めて均衡のとれた集会に道を譲らないのかは不明です。 現在、ビットコインの値段は、過去最高の新記録を樹立できていませんが、新たな新記録への関心と値段上昇への蓄積の兆候があるかもしれません。


また、ビットコインは、異常な値段上昇の可能性が高い状況にある為、投資家は、ビットコインの値段がゼロになるか、はるかに低い値段に戻るリスクを無視しています。 今後、ビットコインの値段が史上最高の記録に回復するという広範囲に及ぶシナリオの可能性により、少なくとも一部のトレーダーや投資家は、今後の値段の大幅上昇に賭けています。

今のところ、ビットコインは抑制されたままで、8,800ドルを下回っており、8737.31ドル(前日比+ 0.05%)まで下落しています。

BITPOINT

関連記事

  1. ボラティリティが2ヶ月ぶりに低くなり、ビットコインは3,580ド…
  2. Googleのデータによると、ビットコインの値上がり後、人々はビ…
  3. 貪欲な銀行は、かつてないほどに、ビットコインを輝かせています。
  4. 「Proof of Keys」のリーダーが、ビットコイン保有者に…
  5. リサーチによると、ビットコインをマイニングする事は、金をマイニン…
  6. 仮想通貨はTOP20の1通貨を除いて、全て上昇傾向に見える。また…
  7. 28のビットコインマイニング会社がキルギスタンで電力供給停止状況…
  8. サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)についてまとめてみた

仮想通貨投資では、様々な用語が出てくるため、「これ何なの?」と思うものも多いかと思います。今…

テクニカル指標はビットコイン(BTC)が値段上昇準備ができていることを示す、しかしそれは、いつになるのだろうか?

ビットコインは、過去数週間で3,000ドルを超える辺りでにしっかりと根付いており、4,000…

ビットコインが5000ドルを超えて急上昇、しかし強気市場はまだ来ていない

ビットコインの値段は、2019年になって初めて5,000ドルを超え、他の主要な仮想通貨の値段…

ビットコインが継続して下落ーどれくらいの値段まで下落するのか?

Bitcoinの大幅下落は月曜日(11月19日)も続き、ビットコイン値段は、午後半ばまでに4…

より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXRPがBitcoin 2.0であると主張

リップルの新しいチーフマーケット戦略担当である、コリー・ジョンソンは、確かに伝統的な金融界で…

今週のトピック

ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法

ビットフライヤー(bitflyer)とは?仮想通貨交換業者認可の日本最大級のビットコ…

人気記事

  1. 何故ビットコインは、驚異的な64%にとどまるほど過小評価されているのか?
  2. 人気トレーダーによると、ビットコインは2020年5月にブレイクアウトするだろう。
  3. 1月28日トップ仮想通貨の値段状況:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ
  4. 仮想通貨の保管はどこですべき?―ハードウェアウォレットについて
  5. オランダ:ビットコイントレーダーが、家で襲われる
PAGE TOP