仮想通貨考察

元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示している。

多くの仮想通貨愛好家がビットコインのような仮想通貨の将来の強気な評価と、それが法定通貨から取って代わる、または補完されて利用されると発言していますが、仮想通貨は、世界中の中央銀行からさまざまな反応を受けています。

現在、前欧州中央銀行(ECB)のジャン=クロードトリシェ総裁は、FacebookのLibraプロジェクトを含む仮想通貨を非難し、ビットコインは「現実のお金ではなく」、未来のお金ではないと警告しています。

「「私はビットコインに強く反対の立場であり、私たちは、ほとんど満足していないと思います。」とトリシェ氏は先週の北京に拠点を置くメディアグループCaixinの年次会議でのパネルディスカッションで話しました。」

ECBの仮想通貨に対する懸念

今年の最初の6か月間でビットコインの値段が高騰した事により、議員や規制当局が新興産業を取り締まる態勢を整えるかもしれないと懸念されました。 これらの問題に対する憶測はビットコインの値段に影響を与え、業界はわずか10年ですが、大きなボラティリティが予想されます。

しかし、トリシェ氏は短期的には過去を見る事ができないようであり、1550億ドルの時価総額を持つ世界有数の仮想通貨であるビットコインを「不健康である。」と見なしています。

「[ビットコイン]それ自体は現実に存在する訳ではなく、通貨が持つべき特性を備えています。 たとえ[仮想通貨]が原物資産に基づいている事になっているとしても、私は多くの投機的要素を見ています。これは、健康的ではありません。」

なぜトリシェ氏がビットコインのような仮想通貨をそれほど心配しているのか、疑問に思う必要があります。今年初め、ECBは現状の状況では、仮想通貨が「実体経済」に目に見える影響を与える事はないという報告を発表しました。

この報告書の中では、「暗号資産は、貨幣の機能を果たしておらず、現在の段階では、実体経済に明確な影響をもたらすことも、金融政策に大きな影響を与える事もありません。 ビットコインで商品やサービスの購入を許可しているビジネスの数が非常に少ない事は、価格設定に対する最も顕著な仮想通貨の影響がない事を示しています。」と記載されています。

ビットコインの代替

ますますデジタル化された世界では、厳密に言えば仮想通貨ではない、法定通貨に代わるものがあります。 トリシェ氏は、国際通貨基金(IMF)によって作成された特別引出権(SDR)を好んでおり、これは米ドル、ユーロ、英ポンド、人民元、および円に価値を固定されています。

世界は物理的な硬貨や紙幣から遠ざかって行くかもしれませんが、その道は仮想通貨やビットコインの方向ではないかも知れません。 「我々は、すでに物理的な通貨を余り利用しない領域にいます。」と彼は発言しました。 「仮想通貨に置き換えられる世界に行くかどうか?これには、疑問が残ります。」

他の中央銀行のリーダーは、異なる考えを持っています。 イングランド銀行のマーク・カーニー総裁は、今年初めに仲間の政策立案者と話をして、「世界の準備通貨としての米ドルの地位は終わらなければなりません。そして何らかの形のグローバルなデジタル通貨がより良い選択肢です。」と発言し、国際経済に対するビジョンを概説しました。

BITPOINT

関連記事

  1. もし歴史が繰り返されるならば、ビットコインは5月までに14,00…
  2. 100万ドル:IBM 仮想通貨のチーフが大きなビットコインの値段…
  3. 仮想通貨が25%上昇するにつれ、Bitcoinも強い上昇傾向に
  4. Fortune 500 の巨大企業がビットコインとビットコインキ…
  5. ビリオネアのTim Draper氏は、現金と仮想通貨に関して今後…
  6. ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびチェーンリ…
  7. ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨と…
  8. 仮想通貨市場が赤信号になるにつれて、ビットコインキャッシュは輝い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

USマーシャル(米連邦捜査局)は、没収された600以上のビットコインをオークションに出す

米国司法省の連邦法執行機関は、10月18日木曜日、米連邦捜査局(US Marshals Se…

短期の強気トレンドが続くにつれて、アルトコインはビットコインから切り離された状態になり続けるのだろうか?

ビットコインは、5000ドル以上のある程度の値段レンジのレベルで安定性を見出すことができ、今…

何故ビットコインは、驚異的な64%にとどまるほど過小評価されているのか?

ビットコインの値段は、今年に入ってから30%上昇しており、4月上旬の値段の上昇と下落を経験し…

525億ドルもの巨大なビットコイン(BTC)を保有する仮想通貨のクジラが、長期保有者として新しいステータスを獲得

58,000億ドル相当の68,000 BTCを保有する本当に巨大なビットコインクジラは、現在…

アナリストプランB氏によると、ビットコインが正式に新しい強気相場に入った模様

TwitterユーザーであるPlanB氏は、Stock-to-Flow(SF)比率に基づいた…

今週のトピック

オランダ:ビットコイントレーダーが、家で襲われる

2月23日の地元の報道機関De Telegraafによると、ビットコイントレーダーは、オラン…

人気記事

  1. 裁判所が仮想通貨禁止を緩和した後、インドでP2Pビットコイン取引が上昇
  2. Blockchairの「Privacy-o-Meter」を利用して、仮想通貨トランザクションのプライバシースコアを視覚化
  3. 中国の大手銀行が中央銀行のデジタル通貨ウォレットを発表
  4. 仮想通貨はTOP20の1通貨を除いて、全て上昇傾向に見える。また、ビットコインも、$6700以上で安定的に推移
  5. Krakenではバグが原因で、ユーザーはビットコインを8,000ドルで購入し、すぐに12,000ドルで売却できた模様
PAGE TOP