仮想通貨考察

強気相場はそのまま:長期的なビットコイン値段インジケーターは、ロングを維持

皆さんがご存知のように、ビットコイン(BTC)は過去数か月にわたって下落しており、実際に14,000ドルから仮想通貨の値段は、現在落ち着いている8,500ドルまで下落しています。 ほんの数週間前、ビットコインはわずか7,300ドルで取引されていました。

この値段の動きは、多くの人に自問させています。ビットコインは本当に長期的な強気トレンドなのでしょうか? 今回がビットコインの長期的な強気相場の終わりなのでしょうか? 何らかの理由で、多くの人がこれらの質問の両方に対する答えとして「いいえ」が浮かんでいます。

しかしながら、多くのテクニカル指標は、短期的なビットコインの値段の動きがどのように動いているとしても、仮想通貨市場は依然として長期的に上昇傾向にある事を示しています。

ビットコインは、依然長期の上方軌道に留まっている

アナリストのCow Jones氏は最近、長期トレンドを示す事実上の「オールインワン」インジケーターである一目均衡表が、最近非常に強気のシグナルを出した事に注目しました。Kumoラインは赤から緑に反転し、これは長期の強気トレンドが形成された事を意味します。アナリストは、「ビットコインは週毎で、過去の全歴史の中でKumoブレイクアウトに決して失敗していません。」と発言しました。

長期的な強気相場を支しているのは、一目均衡表だけではありません。

NewsBTCからの以前のレポートによると、過去6月に見られた、過去最高ボリュームの記録的な急上昇は、長期的な強気トレンドの形成を示しています。

デジタルアセットマネージャーのCharles Edwards氏は、Twitterのスレッドの中で、新しい過去最高のボリュームが続いて、我々が現在見ているような、値段統合があった後、「巨大な値段上昇」がある事を指摘しました。また、ボリュームの増加は、長期の指数関数的な強気市場につながり、ビットコインを急増前の値段よりも、さらに数桁高い値段へ上昇させました。


それに加えて、人気の仮想通貨アナリストであるHornHairs氏は、現在の値段の動きは、2017年の強気市場で見られたドローダウン時に非常に似ていると指摘しました。その際、多くの人が考えていたのは、長期的な強気傾向が弱気へ逆転するポイントでした。

「2017年のビットコインで、これらのストップランのそれぞれの正確な瞬間を今でも覚えています。それぞれがターニングポイントであり、大きな強気相場の修正期間の終わりである事が分かりました。 仕方がありませんが、最近、まったく同じ状況が週刊チャートで起こったのを確認しました。」

BITPOINT

関連記事

  1. 仮想通貨フィーバーは、ビットコイン取引所の取り締まりにより、日本…
  2. 人気トレーダーによると、ビットコインは2020年5月にブレイクア…
  3. 元Coinbase のVP:我々は、「大部分がPlaidの為に」…
  4. アナリストプランB氏によると、ビットコインが正式に新しい強気相場…
  5. 4大会計会社のKPMGが発言:ビットコインなど仮想通貨は、「未だ…
  6. 売却があるにも関わらずビットコインは非常に強気。 これが$ 10…
  7. より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXR…
  8. ビットコイン[BTC]は、中国の法定通貨を通して巨額の資本流入を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインの値段は、本当の底値を見る前に1,000ドル下落するだろう。:その理由

ビットコインの値段は、最終的なローカル最低値が設定できるベースを構築できる事を示唆する値段ア…

Bitcoinが暴落した為、投資家が住宅を失ったと報告される。株式市場と同じではないだろうか?

英国のテレビ局で、主流のメディアであるSky Newsは、Bitcoinの値段が大暴落したた…

ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法

ビットフライヤー(bitflyer)とは?仮想通貨交換業者認可の日本最大級のビットコ…

米中貿易の緊張が緩和し、人民元の上昇により、ビットコインの値段が下落

ビットコインは、午後10時45分時点(EDT)で$ 10,043.19で取引されていました。…

日本初となる仮想通貨専門雑誌⇒月刊「仮想通貨」を創刊しました

私の仲間が月刊「仮想通貨」という日本初となる仮想通貨専門の月刊誌をリリースしました。…

今週のトピック

偽のビットコイン(BTC)プレゼントで、U.Todayになりすましている詐欺師

COVID-19の大流行の状況の中で、不正なFacebookアカウントがU.Todayになり…

人気記事

  1. ビットコインが赤字に転じるにつれて、イオス(EOS)の値段は弱気になる
  2. 日本初となる仮想通貨専門雑誌⇒月刊「仮想通貨」を創刊しました
  3. コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が急上昇。Bitcoin値段が安定の中でアルトコインの取引量も上昇
  4. この仮想通貨はビットコインに対して140%以上上昇しており、まだウオーミングアップの状況かもしれません。
  5. ビットコインは、2019年に入り既にNASDAQ、S&P 500、そして金より優れたパフォーマンスを出している
PAGE TOP