仮想通貨考察

ビットコインの値段理論は、これらの条件下で適用される。

2020年はビットコインの年かもしれません。ビットコインの値段が3日連続で12,700ドルを上回り、過去2週間で11,000ドルを上回っている事から、ビットコインは再び上昇しているようです。しかしながら、ビットコインの最大主義者による値段理論は、過去10か月間ラウンドを行っています。

値段の傾向は必ずしもチャートや予測されたパターンに従うとは限らないですが、多くの最大主義者はひたすらビットコインの値段行動をワントラックマインドで見る傾向があります。


「Liquid Index for Bitcoin || Source: TradingView」

4回目の半減期の前にビットコインを$ 100,000と予測するチャートから、ウィンクルボスの双子の$ 500,000を予測するチャートまで、crypto-twitter氏はそれらをすべて見てきました。しかしながら、ここで重要な事は、これらの予測の多くが確かな理論的根拠に基づいているように見える事です。

これを考慮してくださいー500,000ドルのビットコインのケースは、大金融インフレが高いという事実に基づいています。 FRBは債務からの脱却を目指しており、もしこのサイクルが継続すれば、更なるインフレと更なる債務につながるでしょう。法定通貨と中央集権化された機関の失敗は、50万ドルのビットコインの物語の鍵です。インフレと希少性、エルゴはビットコインの価値の上位2つの要因であり、ビットコインはゴールドよりも価値が高く、希少です。


「Source: Twitter」

そのような物語は法案に適合し、ビットコインの強気傾向を主張をしますが、それは短期的にビットコインの値段を予測する事に役立ちませんし、ロングまたはショートポジションを取る前に個人投資家を導いたり、ジレンマに光を当てる事もありません。それがする事は、群れの精神を作り、個人投資家から羊を作ることです。

スマートマネーは、それがどこに向かっているのかを知っています。グレイスケールトラスト、マイクロストラテジー、スクエアによるビットコインの購入は、1ビットコインあたり8000ドルから11000ドルのレベルでした。彼らの暗号通貨市場への参入がより多くの機関投資家の参加を促進したかどうかを確認する事はまだ不可能ですが、それは全体的な市場センチメントを後押ししました。ビットコインの値段は現在13,000ドルの高値に達し、その値段を維持している為、平均値で12700ドルから13000ドルを超えてくるのは時間の問題です。

最大主義者によるこれらの予測は暗号通貨市場の異なる絵を描きますが、少なくとも彼らのツイートや解説では、何が起こるかは完全に見過ごされています。個人投資家がビットコインの値段の主な推進力であり、FRBがお金を印刷したり、市民から大切な信頼を失ったりするという最大の理論ではない事は周知の事実です。

2018年後半からいくつかの値段上昇があり、ビットコインの値段は、実際にはテクニカルチャートからスポット取引所での取引量までのシグナルの組み合わせによって予測されています。スマートマネーの参入と最大主義者によって示された強気のケースは、休眠中の個人投資家を購買行動に移させる事によって触媒として機能しますが、それだけかもしれません。 実際の値段アクションは、取引量と取引所の注文書にあります。

こちらを考慮してくださいー過去2か月で、ビットコインの準備金を上位の取引所に落とすことは、他のどの要因よりも希少性と値段に大きな影響を与えました。また、ビットコインの値段が半減期ごとに希少性で値段が上昇するため、ビットコインの値段の周期的な性質の重要な推進力でもあります。したがって、運用コストが高くても、マイニング会社にとって、マイニングを継続する事は有益です。これは暗号通貨市場のほとんど全てのトレーダーにとって一般的な知識ですが、表面にあるものは表面の下にあるものよりも、より注目を集めます。

従って、2020年はおそらくビットコインの年であり、その値段はすぐに新しいATH(オールタイムハイ)に到達する為に上昇し続けるかもしれません。しかしながら、ここで重要なのは、目に見えているのは氷山の一角にすぎないという事です。

BITPOINT

関連記事

  1. Blockchairの「Privacy-o-Meter」を利用し…
  2. イーサリアムが、堅実なビットコインの第2の選択肢である事を証明
  3. 新しいデータは、ビットコインが6ヶ月連続で純利益を出した事を示し…
  4. 何が死のスパイラルなのでしょうか?Bitcoinのハッシュレート…
  5. ニュース速報:ビットコインが、2019年のほぼ最高値をつけた後、…
  6. ビットコインの大物であるMike Novogratz氏が、パンデ…
  7. 偽のビットコイン(BTC)プレゼントで、U.Todayになりすま…
  8. アナリストが更に上昇すると注目するようになり、ビットコインは成功…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨ウォレット「Ginco」についてまとめてみた

今回は、最近人気の仮想通貨ウオレットである、「Ginco」のご紹介をさせて頂きます。Ginc…

現金取引に対する政府の規制が、何故ビットコインが重要であるかの理由を示している

オーストラリア政府は、10,000豪ドル(6,900米ドル)を超える商品、またはサービスの現…

ミレニアル世代は、ビットコインとアンドリュー・ヤン氏を退職プランとして宣伝

「 Universal Basic Income-toting Andrew Yang is p…

Bill Miller氏の数十億ドルのヘッジファンドが、GBTCを介してビットコインのエクスポージャーを追加

米国証券取引委員会(SEC)への提出により、億万長者のヘッジファンドマネージャーであるBil…

ビットコイン価格見解:ビットコインは、価値の保存場所としては、他のものには負けない

プレス時には、仮想通貨の父親であるビットコインは、依然として過去数日間と同じレベルである6,…

今週のトピック

ビットコインが、どのように開発者であるNakamoto Satoshi氏の本来の目的を達成するのに失敗したのか?

革新的な通貨ソリューションとして2009年に始まったビットコインは、日々、より多くの資本を集めるホッ…

人気記事

  1. ピザからランボルギーニへ:Bitcoinの最初の10年間の推移
  2. ベテランアナリストのPeter Brandt氏は、ビットコインが20万ドルに到達すると予想
  3. JUSTIN SUN氏によると、2019年ビットコインは、$3000~$5000で値段が変動する
  4. オーストラリアとニュージーランドでは、2,000以上のコカコーラ自動販売機で、ビットコインでの受け取りが可能になる。
  5. CNBCトレーダー:Lightningネットワークがビットコインの復活を推進
PAGE TOP