仮想通貨考察

レポート:ビットコイン詐欺師は、2020年だけで2400万ドル分を引き出し

報道によると、詐欺師と泥棒は、2020年の最初の6か月間で、ビットコインで約2,400万ドル分を売却したとされています。

ビットコインなどの暗号通貨の大規模なトランザクションを追跡するTwitterボットWhale Alert(クジラ警報)は、Scam Alertと連携して「犯罪のレポート、追跡、分析」レポートを作成しました。 デジタル暗号通貨としてのビットコインは、全てのトランザクションを検証できます。つまり、ビットコインの利用と交換を追跡する事が可能です。

ミディアムの投稿によると、最初の分析では、ビットコインで約3800万ドル分が過去4年間(ポンジスキームを除く)で盗まれ、2020年の最初の6か月間で2400万ドル分が盗まれました。

Whale Alert(クジラ警報)は、「最も成功した詐欺」のいくつかは、「わずか1ページのウェブサイト、ビットコインアドレス、そしてかなりの量のYouTube広告」だけで、1日に$ 130,000以上を稼いだと述べています。

追跡サービスは、約300,000ドルを稼ぐ事ができるElon Musk氏などの有名人を特徴とする「Giveaway」を含む、より成功した詐欺方法の手段のいくつかを強調しました。

Whale Alert(クジラ警報)は、「詐欺手法の変更と品質と規模の増加は、暗号資産のプロのチーム全体が、最も成功した詐欺チームの一部に遅れをとっている事を示唆しており、詐欺チームがディープフェイクの利用を開始するのは時間の問題です。これは確実に詐欺市場に革命をもたらす技術です。」と主張しました。

ディープフェイクは、画像またはビデオで、人物の顔や肖像を他の人物に重ね合わせる手法です。

Whale Alert(クジラ警報)は、投稿の中で次のように述べています。

「プレゼント、セクストーション、偽の交換、偽のICO、ビットコインの回復、ビデオ詐欺、Ponziスキーム、偽のタンブラー、マルウェアなど、さまざまな種類の詐欺が存在しますが、これらの詐欺には、共通している事が1つあります。それは、犯罪者にとって、犠牲者の生活が破壊されている間、彼らは、それに関与するリスクがほとんどありません。」

Whale Alert(クジラ警報)は、詐欺師たちの収益が、年末までに5000万ドルを超えると予測しています。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインの値段が上昇するにつれて、さらに多くの投資家がビット…
  2. 英国の窃盗犯がおのとハンマーを使ってビットコインATMを盗み、ビ…
  3. Bitcoinが暴落した為、投資家が住宅を失ったと報告される。株…
  4. オーストラリアとニュージーランドでは、2,000以上のコカコーラ…
  5. 元Coinbase のVP:我々は、「大部分がPlaidの為に」…
  6. 仮想通貨市場は1,200億ドルの市場規模を維持したが、ビットコイ…
  7. 上位の仮想通貨がわずかなマイナスであったため、ビットコインは$3…
  8. 仮想通貨プラットフォームのRevolutが、欧州銀行ライセンスを…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインのライトニングネットワークを利用した仮想通貨ATMの支払いが、間もなく現実のものになる可能性がある

仮想通貨開発者であり、研究者でもあるFelix Weiss氏は、ビットコイン ATMを利用し…

仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週がスタート

デジタル資産である仮想通貨の値段は、12月17日(月曜日)にわずかな改善を見せています。これ…

ニュース速報:ビットコインが、2019年のほぼ最高値をつけた後、10%急落

ビットコインの値段は、年初来の最高値を更新し、数インチ以内の範囲で落ち着きました。今…

誰かがビットコインで10億ドル分を移動させ、誰もその理由を知らない。

先週、未知の人物またはグループが、1回の取引で10億ドル以上の価値のある94,505ビットコ…

アルトコインが様々な結果を出す中、ビットコインは$ 11,000台に近づいている。

8月4日(日曜日)ビットコイン(BTC)は、本日も勢いを増しており、その値段は11,000ド…

今週のトピック

コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が急上昇。Bitcoin値段が安定の中でアルトコインの取引量も上昇

NEM(XEM)は現在、仮想通貨取引所のCoincheckが通常の取引活動を再開したため、ほ…

人気記事

  1. ビットコインの下落傾向は、弱気市場がうなり声をあげるにつれて2019年を通して続く可能性があります。 理由は、これらです。
  2. Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(CEO)は、何故仮想通貨が強気なのかを説明
  3. 台湾No.1取引所「BitoPro」の口座開設方法・入金方法・出金方法
  4. 4大会計会社のKPMGが発言:ビットコインなど仮想通貨は、「未だ」価値を保存する物ではない
  5. レポート:ビットコイン詐欺師は、2020年だけで2400万ドル分を引き出し
PAGE TOP