仮想通貨考察

ビットコイン対 NASDAQ 100:パンデミックの期間中にそれらが繁栄するのを見てください

コロナウイルスのパンデミックによって、世界で最も強力なハイテク企業がさらに強力になった事は明らかですが、ビットコイン($ BTC▲4.15%)が、もしハイテク株だったらどうでしょう?

AppleとMicrosoftは、株式市場の大きな浮き沈みを通して、1兆ドルの時価総額を維持し、世界的なロックダウンは、Alphabet企業とAmazonの両方が当面の間、排他的なcuatroコンマクラブへのアクセスを保護する事にも役立ちました。

実際に、NASDAQ 100インデックス(米国最大のハイテク企業の市場パフォーマンスを追跡する人気のベンチマーク)は、実際に1年でプラスになっています。 より広いS&P 500インデックスが同様の量だけ下落しているのに対して、それは6%以上上昇しています。

我々は、COVID-19が世界中を席巻したとき、ビットコインはIntel(インテル)、PayPal(ペイパル)、Tesla(テスラ)のような一流企業とどのように比較されたのか疑問でした。そして、これを視覚化する為に、ハードフォークは下記の棒グラフレースを構築しました。

これは、2020年の主要な出来事とNASDAQ 100の増減をマッピングし、NASDAQ 100の総時価総額(10億単位)の現在の合計を示しています。

フィルターを切り替えて時価総額を最低から最高の順に並び替える事により、スターバックスやコストコなどの中型株の観点からCOVID-19危機を計測します。 データの焦点を維持する為に、我々は、時価総額が1,000億ドルを超える企業のみを表示する事にしました。

Netflixに注目してください。WHOがCOVID-19の状況をパンデミックと定義した直後に、幸運なトレーダーはチャートの真ん中からAdobe(アドビ)、PepsiCo(ペプシコ)、Comcast(コムキャスト)などに並ぶほど、ほんの数週間で一気に上昇しました。

ビットコインは、NASDAQ 100の上位16銘柄に分類される

ビットコイン(BTC)に関していうと、もしビットコインが合法的な会社であれば、テクノロジー企業の最高峰と並ぶものでした。 その全体的な時価総額は、Elon Musk氏の保有する2つの企業である、PayPal(ペイパル)とTesla(テスラ)の合計の半分に位置します。

勿論、皮肉な事ですが、万が一ビットコイン(BTC)が書類をSECに提出する事を要求された法人である場合、真面目なトレーダーは、ビットコインは、ほとんど完全に価値がない物であると見なします。

それでも、ビットコインというこの棒グラフは、永久に存在します。

BITPOINT

関連記事

  1. もし、Peter Schiff氏のアドバイスに従っていれば、ビッ…
  2. ビットコインの値段理論は、これらの条件下で適用される。
  3. ビットコインが初めて51,000ドルを超える
  4. ビットコインの価値が1ビットコインあたり23,000ドルを超える…
  5. 10月はビットコインオプションにとって、大きな利益を出す月でした…
  6. ビットコインは重要なレベルを超えている。 注目すべき点は下記の通…
  7. ビットコイン[BTC]は、中国の法定通貨を通して巨額の資本流入を…
  8. タイでビットコインのマイニング詐欺が報告される

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

カジノの環境では、ビットコインはどのように機能するのか?

ビットコインの成功は、インターネットベースのビットコインカジノを通じたギャンブルに、新しい道…

ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる

Blockstreamは、Digital GarageとTokyo Tanshiとの合弁事業…

ビットコインとブロックチェーンは、今や大きな2020年米国大統領選挙議題となっている。

ビットコイン、暗号通貨、およびブロックチェーンの認識は、ビットコインの壮大な2017年の強気…

仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週がスタート

デジタル資産である仮想通貨の値段は、12月17日(月曜日)にわずかな改善を見せています。これ…

元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示している。

多くの仮想通貨愛好家がビットコインのような仮想通貨の将来の強気な評価と、それが法定通貨から取…

今週のトピック

ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法

ビットフライヤー(bitflyer)とは?仮想通貨交換業者認可の日本最大級のビットコ…

人気記事

  1. ビットコインのバイイン:MicroStrategyは10億ドルを暗号通貨購入に利用
  2. Bitcoinが暴落した為、投資家が住宅を失ったと報告される。株式市場と同じではないだろうか?
  3. 仮想通貨の値段予測:ビットコイン、リップル、ライトコイン-アメリカンラップ-3月9日
  4. トップアナリストによると、市場の調整後に新たな高値をつけそうな注目すべき1つの初期の暗号通貨セクター
  5. 銀行アプリのRevolutが突然Cardano、Uniswap、その他9つの暗号資産を取引プラットフォームに追加
PAGE TOP