仮想通貨考察

ビットコインクジラ:彼らはどのような人ですか?そして、彼らは暗号通貨の値段にどのような影響を与えますか?

● クジラと呼ばれる約1,000人の個人がおり、彼らは、暗号通貨市場の40%を所有しています。
● クジラは、暗号通貨の評価を操作する可能性があります。
● 「大きなプレーヤーは簡単に値段を動かす事ができます。」と暗号通貨に懐疑的なDavid Gerard氏はテレグラフに語りました。

Investopediaによると、ビットコインクジラとは、大量のビットコインを保有する個人または団体を指す用語です。市場の40%を保有している個人は約1,000人います。

ビットコインクジラは、暗号通貨の評価を操作する可能性があり、ここ数週間のビットコインの値段変動を考えると、クジラはますます脚光を浴びている状況です。

Telegraphは金曜日に、業界データによると、ビットコイン全体の約13%、つまり約800億ドル相当が、100を超える個人アカウントに保有されていると報告しました。全てのビットコインの上位40%(約2400億ドル相当)は、合計で約100億のうち、2,500より僅かに少ない既に知られているアカウントで保有されていると付け加えました。

クジラは、ビットコインの値段にどのように影響を与えますか?

CoinDeskによると、1,000を超えるビットコインを保有しているアドレスの数は2,334個あり、史上最高です。

そのようなクジラによる単一の取引は、ビットコインの値段に大きな変化を与える可能性があり、これは、小規模な投資家による様々な動きを圧倒する可能性があるとSunは報告しました。

ビットコインは、1月8日に過去最高値である41,973ドルに到達しました。しかし、金曜日にインサイダーは、暗号通貨のビットコインが9月以来の最大の週単位での暴落に向かって動いていると報告しました。土曜日の朝迄に約32,170ドルに回復しましたが、月曜日の値段から約10%下落したままです。

11月に、CoinDeskは暗号通貨交換所であるOKExからのデータを調査して、暗号通貨のビットコインが急上昇した際に、クジラが値段にどのような影響を与えたかについての可能な説明を提供しました。「ビットコインが急上昇している期間中、機関投資家やクジラは、値段が落ちた際に購入し、値段が上がると売却する事が多かったです。従って、個人投資家の大多数は、値段上昇を追いかけようと奮闘しました。」と報告書で述べています。

「50フィートブロックチェーンの攻撃」の著者であり、暗号通貨懐疑論者として知られているDavid Gerard氏は、テレグラフレポートの中で下記のような発言を引用されています。

「ビットコイン取引市場が非常に薄い為、大きなプレーヤーは簡単に値段を動かす事ができます。クジラの中の1人が値段を暴落させる事ができます。」

「取引に利用できる量はそれほど多くありません。規制された市場では起こらないであろうあらゆる種類の「不正取引」がありました。」

と付け加えました。

ビットコインの将来はどうなるのだろうか?

火曜日に、Biden氏が財務長官に選出したJanet Yellen氏は、主に違法行為に利用される事を懸念して、議員がビットコインのような暗号通貨を減らす事を提案しました。

しかしながら、Yahoo Financeによると、Biden政権は暗号通貨の専門家であるGary Gensler氏をSECの議長に選んだ事を考えると、暗号通貨に対して友好的である可能性があります。

インサイダーは木曜日に、暗号通貨に対する連邦政府の方針が混乱していると述べた論説を発表しました。

この記事は、Clarim Mediaのチーフコンテンツオフィサーであり、FINの編集者および発行者であるJames Ledbetter氏によって書かれました。「もし、米国がデジタル通貨の世界的な発展に遅れずについていく事を望むなら、Bidenのチームは、どの暗号通貨が証券として規制され、ビットコインベースのETFが承認されるのかどうかなど、いくつかの基本的な質問に明確に答えなければなりません。」と記載しました。

しかしながら、これらの質問がすぐに政府によって答えられるかどうかは、まだ分からない状況です。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインは、金の44%のフラクタルの様に、7,000ドル以下…
  2. XRPの値段は30日間で123%上昇し、Spark TokenA…
  3. 「あまりにも車は多すぎるが、BTCは十分な量があるわけではない」…
  4. 偽のビットコイン(BTC)プレゼントで、U.Todayになりすま…
  5. OverstockのCEOは誇張して、Bitcoinは金融システ…
  6. 中国のモバイル決済は「何故ビットコインが成功するかの理由」を示し…
  7. 仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週が…
  8. 裕福な投資家は、ビットコイン基金を前に準備するだろうか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

BitGoは2億5000万ドル分のビットコイン保有を明らかにし、更に多くの暗号通貨に関する情報開示を事前に知らせている

デジタル資産インフラ企業のBitGoは、バランスシートに2億5000万ドル分のビットコインを…

1月16日値段分析:ビットコイン、リップル、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イオス、ステラ、ライトコイン、トロン、ビットコインSV、カルダノ

まだ仮想通貨の値段は、これまでのところ回復している状況ではありませんが、業界の企業は依然とし…

ビットコイン取引で、日本円取引が米ドルを超える

過去24時間において、世界のビットコイン取引で日本円(JPY)での取引がUSDを上回りました…

ビットコインクジラ:彼らはどのような人ですか?そして、彼らは暗号通貨の値段にどのような影響を与えますか?

● クジラと呼ばれる約1,000人の個人がおり、彼らは、暗号通貨市場の40%を所有しています…

仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。

今回は、仮想通貨の税金について、お伝えしようと思います。昨今、仮想通貨で利益を上げている投資…

今週のトピック

ビットコインが現在、ウェスタンユニオンと送金業界を置き換えるためにどのように取り組んでいるのか?

世界の国際送金業界は、ビットコイン(BTC)により、大変革を起こすでしょう。 現時点では、米…

人気記事

  1. イーサリアムは、大規模な金融機関や企業にとって、次の大きな焦点になるでしょう:Weiss Crypto
  2. トップアナリストによると、市場の調整後に新たな高値をつけそうな注目すべき1つの初期の暗号通貨セクター
  3. ビットコインの値段が28,000米ドルに到達
  4. アルトコインが様々な結果を出す中、ビットコインは$ 11,000台に近づいている。
  5. 市場アナリストのJim Wyckoff氏によると、より大きなビットコインの値動きが予想されている
PAGE TOP