仮想通貨考察

世界準備通貨としてのビットコインは、米ドルの強化に役立つ可能性

米ドルは現在、世界の準備通貨ですが、貿易の不均衡と債務の増加という犠牲を払っている状況です。 一方で、ビットコインは、より良い代替手段を世界に提供します。

米国にとって、米ドルを世界の準備通貨として持つことは有益なのでしょうか? 多くの場合、ネットポジティブであると想定されますが、実際に無視できない、いくつかの欠点が存在します。

世界舞台での米ドルの奇妙な立ち位置

最近のCNBCのレポートによると、世界の準備通貨としてのドルの立ち位置は「疑わしい特権」です。 これは米ドルを非常に強くするので、貿易収支を犠牲にします。 また、これは過去10年間に膨れ上がった対外債務の増加にも責任を負っている状況です。

ヨーロッパ人は、世界の準備通貨であるというアメリカの「法外な特権」に関して、よく冗談を言いました。 「特権」は、米国の力を肯定するという事実と同時に、アメリカがドルで手形を支払うことができることに依存してるという事実になります。これは、アメリカの対外債務が、2019年上半期だけで1兆ドル増加したという事実によって強調されています。

ビットコインが代替手段を提供

ビットコインの長期目標は、いつか世界の準備通貨になる事です。 政治的義務のない無国籍資産であること—この夢は、理にかなっています。 世界舞台での米ドルの優位性にはこのような欠点が伴う点を考えると、このアイデアは非常に魅力的にみえます。

ビットコインが世界の通貨である事は、米ドルの費用として発生することもありません。 ビットコインは、簡単に法定通貨に変換できる為、グローバルな支払いチャネルを非常に強化する事が出来るでしょう。 結果的に、ドルは成長し、世界の金融により多く組み込まれるようになるでしょう。

従って、我々は、おそらく米ドルの代替通貨を世界の準備通貨として考え始めるべきでしょう。 現在恩恵を受けているのは、米国の銀行とこれらのシステムの金融業者だけです。 一般の人々にとっては、仮想通貨でより良い世界の実現が可能です。

BITPOINT

関連記事

  1. 仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。
  2. 強気相場がサポートラインを割りそうになるにつれ、10,000ドル…
  3. 貴方の死後、保有している仮想通貨はどうなるか?
  4. 分析:イーサリアムの値段は、ビットコインの上昇が遅くなるにつれて…
  5. 科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価…
  6. 市場サイクルの心理学:ビットコイン投資家は否定的になっているのだ…
  7. 上位の仮想通貨がわずかなマイナスであったため、ビットコインは$3…
  8. 仮想通貨フィーバーは、ビットコイン取引所の取り締まりにより、日本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

わずか732,000ビットコインアドレスが、1ビットコイン以上を保有

少なくとも1ビットコイン以上を保有するアドレスは、現在732,000以上あります。 一方、上…

ビットコインの下落傾向は、弱気市場がうなり声をあげるにつれて2019年を通して続く可能性があります。 理由は、これらです。

長期間にわたる下向きの圧力に直面した後、ビットコインの強気はついに売り圧力に屈し、ビットコイ…

クイズ仮想通貨!これがわかったらあなたは相当ギークです。

今日はちょっと息抜きとお勉強。下記の図を見ていくつあなたは意味がわかるでしょうか?す…

あなたが退職するのに、1ビットコインは十分だろうか? このアナリストはYESと考えている。

今まで以上に多くのアナリストが、若者に対して、現在の仮想通貨市場の急落を利用し、退職の為にビ…

ボラティリティが2ヶ月ぶりに低くなり、ビットコインは3,580ドルで安定

フラッグシップ仮想通貨であるビットコインは、昨年10月から最も静かな週を迎えようとしています…

今週のトピック

何故、元JP Morganのビットコイン弱気市場発言をしていた者が、仮想通貨市場が大きく復活すると発言するのか?

2ヵ月前、JPモルガンのアナリストである、Nikolaos Panigirtzoglou氏は…

人気記事

  1. 28のビットコインマイニング会社がキルギスタンで電力供給停止状況に直面
  2. 貴方のポートフォリオに、ビットコインを追加する事を検討していますか? 最初に、これらの3つの質問に答えてください。
  3. Krakenではバグが原因で、ユーザーはビットコインを8,000ドルで購入し、すぐに12,000ドルで売却できた模様
  4. Blockchairの「Privacy-o-Meter」を利用して、仮想通貨トランザクションのプライバシースコアを視覚化
  5. ビットコインは、2019年に入り既にNASDAQ、S&P 500、そして金より優れたパフォーマンスを出している
PAGE TOP