仮想通貨考察

ビットコインは金以上:ビットコインが、素晴らしい「デジタル不動産」である7つの理由

ビットコイン自体は、急速にデジタル化が進む世界において、最初の「デジタル資産」として急速に浮上してきたことで、既にブロックチェーンの「不動産」になっています。

ビットコインは「最も興味深いプロパティ」

「ブロックチェーン上の不動産は、忘れてください。ビットコインは、既にそのようになっています。 実際、それは「世界で最も興味深い財産」です。」とBlockchain CapitalのゼネラルパートナーであるSpencer Bogart氏は書いています。

詳しく見てみると、ビットコインと不動産には、多くの類似点があります。 さらに、ビットコインは、今後デジタル化が進む世界において確実に役立つと思われるいくつかの独自の利点を持っています。

Bogarts氏は、ビットコインは、個人資産と不動産との間の「境界をあいまいにする」技術だと説明しています。何故なら、区別する事は、最初から任意である為です。

ビットコインは、絶対的に希少である。

先ず第一に、ビットコインは物理的性質のように少ない物です。 しかし、それは合計で2100万個、または代替可能な土地のビットコイン区画に統合されています。

「ラッキーな事に、ビットコインの各部分を比較する必要はありません。このプロパティの全ての部分は、他の全ての部分と同じ物です。 – それらは代替可能な物です。」とBogart氏は説明しています。

さらに、ビットコインの不足は、数学的に検証可能です。 言い換えれば、ビットコインの希少性は、絶対的なものです。 ビットコインは、将来的に地質学的に形成されたり、再生されたり、(宇宙で)植民地化されたりする物理的な領域よりも、さらに絶対的な物です。

また、ビットコインの不足は、時間の経過と共にさらにハッキリするでしょう。 ビットコインマイニングのブロック報酬の半減は、2140年まで漸近的に排出量を減らし続けるでしょう。一方、全てのビットコインの75%以上はすでに採掘されています。また、現在400万以上のビットコインが、失われていると推定されています。

あなたは、銃や壁を必要としません

ビットコインは、これまで不可能だった他の独自の属性を紹介しています。 実際の不動産とは異なり、それは持ち運び可能であり、ボーダレスです。 安全を維持するために、壁やフェンスも必要ありません。 あなたのビットコインを安全に守ることは、はるかに簡単で安いです。

ハードウェア財布は通常、無限の価値を蓄えることができ、約100ドルで購入可能です。 そして最も良い点は、誰もそれを知る必要がないという事です。

Bogart氏は、「それは、個人的なものです。あなたがそれを持っていたのかどうか、必ずしも誰も知る必要はありません。」と述べています。

ビットコインは、数分で地球上のどこでも移動することが可能

デジタル不動産という意味は、あなたの所有物が今のコンピュータ時代において、持ち運び可能であるという事です。代替性は、伝統的な不動産よりも流動性が高いです。 現在、非常に多くの取引所で、世界中の誰とでもビットコインを数分で交換できるようになった事は、偶然ではありません。

Bogar氏は、下記のように発言しています。

「一般的に、不動産取引を完了させるまでに、取引費用として8〜20%の費用がかかり、また多くの月日がかかりますが、この特別な不動産(ビットコイン)は、わずか1%の割合の手数料で取引することができ、数分で取引完了することができます。」

ビットコインは、プログラム可能、非差別的であり、焼けない物である。

この「デジタル不動産」はまた、誰がそれにアクセスや利用ができるのか、そしてそれがどれくらいの期間なのかを設定する権限を所有者に与えるようにプログラム可能です。 これにより、あなた自身の銀行であることを含む多くの利益と新しい可能性(例えば、マルチシグデジタル契約)をもたらします。

「デジタル領域」は、1つの簡単なルールに従う事により、差別的ではありません。秘密鍵の所有者が、財産を管理します。

要するに、貴方が許可しない限り、誰も貴方から貴方の土地のデジタル資産を取ることができません。 これは、客観的財産権の突破口であり、裁判所や政府への依存が弱体化する事になります。

Bogar氏は、下記のように発言しています。

「ビットコインは、客観的財産権、非個人的な規則、そして一貫した執行を明確に定義された規則を通して、強力な保証を提供します。」

ビットコインは急速に発展し、価値も上昇し続けている

先ほど説明した特性は、ビットコインを経済発展のための、主要な不動産にします。 今まで以上にデジタル化になりつつある世界において、「デジタル不動産」としてのビットコインの出現は、単に必要なだけでなく、避けられない事かもしれません。

プログラマビリティ、携帯性、セキュリティ、代替性、そしてネットワーク効果は、特に、デジタル時代に信頼性を欠く価値を移転するための焦点として、ビットコインを他と区別しています。

そして、またその価値を高めるために開発することができる天然資源が付随している土地と同じように、ビットコインは、既に途方もない経済成長と値段上昇を見せています。

Bogar氏は、下記のように結論付けています。

「この財産(ビットコイン)は、急速に拡大しインフラを改善する形で、経済成長に囲まれています。 他の人々は橋、トンネル、そして鉄道を建設しており、私は、これらがあなたの財産(ビットコイン)をもっと便利にすることを願っています。」

BITPOINT

関連記事

  1. IMFのヘッドが、ビットコインはお金ではないと発言
  2. ポップスーパースターのMariah Carey氏が、暗号通貨取引…
  3. Fold社が、ビットコインの特典付きのVisaカードを発売
  4. 経済変化の境界を押し進める:アフリカでは、Bitcoinは交換の…
  5. 売却があるにも関わらずビットコインは非常に強気。 これが$ 10…
  6. コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が…
  7. Square社がビットコイン5000万ドル分を購入
  8. ビットコインは、過去最高の58,000ドルから20%下落

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

Krakenではバグが原因で、ユーザーはビットコインを8,000ドルで購入し、すぐに12,000ドルで売却できた模様

世界最古の1つの仮想通貨取引所であるKrakenは、特定の顧客がビットコインを8,000ドル…

億万長者FOMO:調査によると、2022年までに73%がビットコインを保有

新しい調査の中で、何百人もの億万長者が、既にビットコインに投資している、又は今後数年以内に暗…

仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォーム別にトークンの特徴を比較してみた

今回は、仮想通貨のトークンについてお話ししたいと思います。そもそも、トークンって何?…

ビットコインの強盗が、700万ドル相当のBTCを送金し現金化

ビットコインの強盗は最近、野外活動をしているようです。 2016年に一部のビットコイン強盗が…

ビットコインは14,000ドル以上の値段維持に失敗

時価総額で最大の暗号通貨であるビットコインは、今週末、14,000ドルを超えた値段で維持する…

今週のトピック

今年は、カルダノが10ドルになるか? トップトレーダーがADAと2つの暗号資産の2021年の大きなターゲットを発表

暗号通貨市場のタイムリーな情報発信で、フォロワーを増やし続けている頻繁にフォローされているト…

人気記事

  1. ビットコインの週毎の15%の利益は、イーサリアムを急上昇させる可能性がある。:これが、その理由です
  2. ロシアの経済学者は、ロシアが86億ドル分のビットコインを購入したと考えている
  3. 重要な指標は、ビットコインを蓄積する時が来た事を示していますが、底値はまだ先です。
  4. ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送
  5. Bitcoinが暴落した為、投資家が住宅を失ったと報告される。株式市場と同じではないだろうか?
PAGE TOP