仮想通貨考察

ビットコイン(BTC)が再び過大評価されている(そして、これは良いことです。)

ビットコインの主要な指標の1つは、ビットコインが既に底値に入っており、過大評価されている事を示唆しています。

仮想通貨市場で、トップであるビットコインが、低価格か高価格かを識別するのに役立つ人気の指標によると、ビットコインは、もはや割引価格で取引されていない状況です。


ビットコイン(BTC)が今月初旬に、既に底を打っている事を示している可能性があります。

最悪の状況は、終わったかもしれない

U.Todayが報告したように、ビットコインの市場価値は、今年の3月初旬に実現価値を下回りました。よって、MVRV Zスコアが0を下回ったのですが、これは稀なケースです。

これは、ビットコイン(BTC)が1日で38パーセント急落した(1日で大幅下落した3番目に大きい記録)仮想通貨市場全体が崩壊した3月12日に先だって起こりました。

良いニュースは、ビットコイン(BTC)が2015年1月と2018年12月に底打ちした際、Zスコアもマイナスであった事です。もし歴史が何らかのガイドを示している場合、フラグシップ仮想通貨であるビットコインは、2020年の低水準の様にならないかもしれません。

ビットコインの本質的な価値

1月にビットコイン(BTC)が8,000ドルを少し上回った値段で取引されていた際、JPMorganはビットコイン(BTC)が依然として本来の価値をはるかに超えて取引されていると試算していました。 これは主にコインのハッシュレート(ネットワーク全体の処理能力を測定するメトリック)に依存しています。

3月にマイナーが大量に離脱に離脱した事により、ビットコインの難しさとハッシュレートの両方が大ヒットした為、ビットコインの本質的な価値が大幅に下落したと考える事は自然です。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインは現在、売り圧力が殆どまたは全くありません、理由はこ…
  2. フランス市民が、ビットコイン詐欺被害で3000万ユーロを失う
  3. 中国での暗号通貨に対する信頼が急落:調査
  4. JPMorganがビットコインの値段調整について警告し、BTCが…
  5. イーサリアムは、大規模な金融機関や企業にとって、次の大きな焦点に…
  6. 中国の安徽省がビットコインマイニングを禁止
  7. 強気が弱まり、ビットコインが11,600ドルに急落。 原因とトレ…
  8. Bitcoin利用可能なATMが、アメリカのユタ州のいたるところ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインにさようなら? 何故アルトコインが底値を打ったかの理由

2019年を通して、ビットコインはほとんど強気で、底値からピーク値まで350%も値段上昇しま…

米国が同盟国と協力してランサムウェア危機の中で、外国の暗号通貨取引所に疑わしい取引を報告させる

7月6日のCNNのレポートによると、ホワイトハウスはランサムウェアとの戦いの為の戦略を最終決…

ビットコインが8,300ドルに上昇した後、アナリストが強気である理由

過去数時間にわたって、ビットコイン(BTC)は強気トレンドの兆候を示し始めました。 この記事…

Fidelity がビットコインETFの立ち上げに大きな力を注ぐ

最近の申請ファイリングによると、ミューチュアルファンドの巨人であるFidelityは、9月8…

インサイダーによると、Amazonはビットコイン、イーサリアム、カルダノ、ビットコインキャッシュを受け入れる準備ができている

アマゾンが金曜日に暗号通貨とブロックチェーンの専門家の新しい求人情報を公開した後、暗号通貨計…

今週のトピック

ビットコインは重要なレベルを超えている。 注目すべき点は下記の通り

ビットコインは、過去数日間と数週間と同じように、現在約$ 11,400で推移しています。…

人気記事

  1. ビットコインからブレグジットまで:投資家が2019年に注意すべきこと
  2. ビットコイン(BTC)投資:調査によると、投資可能な資産が£25,000以上ある英国のミレニアル世代は、暗号通貨にますます投資している状況
  3. 「もし貴方が10年で億万長者でないのであれば、それはあなた自身の責任です。」と、20歳のビットコイン 富豪は発言
  4. ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較
  5. イーサリアムは、初めてアドレスアクティビティで、ビットコインを上回る
PAGE TOP