仮想通貨考察

ビットコインが現在、ウェスタンユニオンと送金業界を置き換えるためにどのように取り組んでいるのか?

世界の国際送金業界は、ビットコイン(BTC)により、大変革を起こすでしょう。 現時点では、米国を含むさまざまな国から毎年6,000億ドル以上の資金が移動しています。

仮想通貨は、より小さく、より安く、そしてより速いトランザクションを可能にする素晴らしいツールです。 仮想通貨は、プロセス全体でミスをなくし、また信頼できないものです。

BlockPublisherとの対話の中で、MarketOrdersのCOOであるSukhi Jutla氏は、下記のようにコメントしました。

「ビットコインは、支払いと金融取引の最初のユースケースでした。 従って、国際送金業界との関連性は非常に高く、関連性があります。 これは実証済みのモデルであり、ビットコインは、最も信頼できる仮想通貨の1つです。」

送金業者(MTO)は、他の国に送金される送金を監督するため、送金プロセス全体の重要な役割を果たします。 送金業者(MTO)は、個人と企業がサービス料金を支払う事によって、海外に送金することを可能にします。 送金業者(MTO)は、良く知られているMoneyGramやWestern Unionなどの国際送金ソフトウェアプロバイダ(RSP)によって支えられています。

国際送金業者は、大手企業ではMoneyGramやWestern Unionなど数社しかありません。 彼らは、いくつかのオフィスと管轄をサポートしており、どちらも世界中で知られている業者です。さらに、彼らには固定の取引費用がなく、そのビジネスシェアは場所によって異なります。

このような状況にも関わらず、国際送金業界は、送金にかかる時間を改善しながら、より効率を上げ、コストを削減するべきです。

ビットコインは、このような問題に対する非常に有効な解決策になるでしょう。 仮想通貨は、取引の安全性と送金速度を保証します。 同時に、第三者の関与なしで取引を検証することができます。 これは無料ではありませんが、ビットコインネットワークの料金は、現在のシステムと比較しても最小限ですみます。

自社サービスを改善し、取引を処理するプロセスを管理し続けるために、自社の仮想通貨を発行しようとしている会社がすでにあります。 JP Morganは、現在JPMコインに取り組んでいます。 Signal Profitsの創設者であるMark Moss氏は、これらの企業は、仮想通貨が彼らのビジネスに取って代わることに気づいていないと発言しています。

ビットコインを利用する事で、人々は本当の意味で、自分のお金と資金に対して所有権を持ちます。 彼らはまた、世界中でいつでもどこでも資金を利用することができます。 将来的には、ビットコインは、現在のシステムに代わるものとして成長する可能性があります。

BITPOINT

関連記事

  1. より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXR…
  2. もし、Peter Schiff氏のアドバイスに従っていれば、ビッ…
  3. 元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示して…
  4. 525億ドルもの巨大なビットコイン(BTC)を保有する仮想通貨の…
  5. 強気が弱まり、ビットコインが11,600ドルに急落。 原因とトレ…
  6. カナダ:フィンテックのスタートアップがBitcoin支払い機能を…
  7. 人気トレーダーによると、ビットコインは2020年5月にブレイクア…
  8. ビットコインが8,300ドルに上昇した後、アナリストが強気である…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

分散型取引所(DEX)をあなたはご存知?

DEX(分散型取引所)って何?一言で言えば「管理者のいない仮想通貨取引所」です。あな…

ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送

仮想通貨空間で主要なプレーヤーであるビットコインクジラは、3,000 BTCをBinance…

何故、元JP Morganのビットコイン弱気市場発言をしていた者が、仮想通貨市場が大きく復活すると発言するのか?

2ヵ月前、JPモルガンのアナリストである、Nikolaos Panigirtzoglou氏は…

ビットコインは600ドル以上下落し、10,000ドル近くに値段を戻す。

ビットコインは、12時間弱の間に600ドル以上下落しました。 新しい弱気の勢いにより、ビット…

ビットコインクジラは、ウォレット間で49億ドル分を移動させる(コストは64セントのみ)

大規模なビットコインの転送があり、Whale Alertsからの通知が開始されました。 約6…

今週のトピック

アナリスト:ビットコインは、PayPalやVisaにとって「潜在的に破壊的な物」

ビットコインやその他の仮想通貨は、まだPayPalやクレジットカードに代わる支払い方法として…

人気記事

  1. 日本人に人気の海外取引所をまとめてみた
  2. 中国の大手銀行が中央銀行のデジタル通貨ウォレットを発表
  3. 仮想通貨の更新:ビットコインの下落、イーサリアムの上昇、投資家は金を選択
  4. ニュース速報:ビットコインが、2019年のほぼ最高値をつけた後、10%急落
  5. 「Proof of Keys」のリーダーが、ビットコイン保有者に仮想通貨取引所を放棄するように促す
PAGE TOP