仮想通貨考察

より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXRPがBitcoin 2.0であると主張

リップルの新しいチーフマーケット戦略担当である、コリー・ジョンソンは、確かに伝統的な金融界でよく知られている人物です。 彼はTheStreet.comをCNBCのJim Cramer,いつもウォールストリートのチャートや出来事に一喜一憂していた, と共同創設しており、ブルームバーグで働く以前は、数多くの新興企業と一緒に仕事をしていました。

新興企業で働くもっと前には、彼はニューヨーク市でタクシー運転手をしていました。タクシーを含めて、多くのことに依存し、年間約35〜50,000ドル(チップは含まず)の仕事をしていました。 最近のBenzingaのポッドキャストでは、ジョンソン氏はリップル、仮想通貨、そしてそれらを支える技術についての彼の心境を語りました。

 XRPはリップルなしでも、存続することができる

ポッドキャストの重要な取り組みの1つは、RippleがXRPを実際に殺さずに死ぬことができることをジョンソン氏が理解していることです。 XRPの主要な開発がRipple Labsで行われていることは事実であり、XRP(Rippleトークン)が行った市場への浸透やその他の進歩についても責任があります。しかしながら、それにも関わらず、XRPは、Ripple Labsが存在しなくても、存続が可能です。 Ripple Labsに依存して構築する他の企業は、単純に余裕をもって取り組まなければなりません。 ジョンソン氏は下記のように述べています。

無くなる事はないですが、万一リップルがなくなると、Johnsonファミリーは非常に悲しいでしょうが、XRPは存在し続けるでしょうし、他の多くの企業が(多くはスタートアップ企業であり、またスタートアップ以上のレベルの企業)XRPをコアテクノロジーとして利用し、新しいビジネスを構築するでしょう。 なぜなら、実際、XRPの技術はBitcoin 2.0のようなものであるからです。 それはBitcoinですが、より高速です。 それはBitcoinですが、それはたくさんの電力を使用しません。 それはBitcoinですが、中国のマイナーによってコントロールされていません。 しかし基本的には、価値の移動に主に使用されるブロックチェーン上で機能するデジタル資産です。

ジョンソン氏は、リップルをスタートアップ企業とみています。

Rippleは2012年から仮想通貨市場に登場しており、サポーターやユーザー、そしてRippleに依存している企業の大きなコミュニティがあります。 規制当局はもちろんのこと、技術的な設計の中央集権化と銀行との関係性が理由で、中央集権化をめぐる重要な議論の対象となっています。 実際、Ripple社は米国政府によって罰金刑を受けています。

しかしジョンソン氏は、このようなにも状況にもかかわらず、Rippleは非常にスタートアップ企業のままの状態であると考えており、この視点は必ずしも最高マーケットストラテジストとしての行動に否定的な光を当てていることにはなりません。 これは、彼が主に、会社がより敏感で、既に築かれた既存の環境よりも、変化を作り出せる準備が整っていると考えていることを意味します。 彼自身の言葉では:

私は、自分自身を次のように見ています…私はブルームバーグで、いくつかの市場のラジオ番組を始めました。 だから、ブルームバーグで地位ついた為、私はもうスタートアップの環境にいる状態では無くなったので、私は何か新しいスタートアップがしたいと思いました。 リップルは、間違いなく大きなスタートアップ企業です。 そして、スピードの速いスタートアップ企業です。 他のいくつかの新興企業よりもはるかに多くの牽引力を持っているスタートアップですが、間違いなくスタートアップ企業です。それは、私にとって本当に正しいことを正しく実行している事のように思えます。

Rippleの最大の競争相手は、SWIFT

ジョンソン氏によると、Rippleの主な目的は、合法的にお金を国境を越えて簡単に、スピーディに移動させることです。従って、彼は、ビットコインやその他の仮想通貨を全く競争相手とはみなしていません。むしろ、彼はRipple社が、SWIFT(略語:“Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication.”)と競合しているとみています。

現在、Ripple社次の計画に対する最大の競争相手は、スウィフトと呼ばれる国際的な銀行業の国際送金方法であり、スィフトは最大600ベーシスポイントを感知する矢印率を持っています。例えば、 ある国から別の国へ送金したとします。 あなたはそれが相手側に到達したかどうかわかりません。送金情報がどこで失われたのかも分からないですし、あなたが送金完了した後、すぐに、あなたに送金完了連絡を受ける事もありません。 あなたは、トラブルがあった場合、問題点の返答を受け取るまで何日も待つ必要があります。 リップルが市場に参入するまで、SWIFTを利用した国際送金方法は最先端のものでした。しかし、私たちRippleの顧客は、お金の国際送金のプロセスで何が起こっているのか、そして以前に見たことのない方法で、Rippleソフトウェア製品を経由して送金完了の連絡を即座に得ることができます。ただ単にこういう事です。

ジョンソン氏は、RippleをBitcoin 2.0であると信じています

インタビューの中で、ジョンソン氏は、Rippleは、“Bitcoin two dot oh.(Bitcoin 2.0)”と呼びました。彼は、頻繁にビットコインと比較してRippleの利点を強調し、最近、ビットコインマイニングの排出量に関するハイパーセンセーショナルな記事にツイッターでコメントしました。

インタビューは、Rippleの新しいチーフマーケティング戦略担当のライフストーリや、視点が書かれている為、Ripple保有者にとって面白い物でなければなりません。ジョンソン氏は、高度で刺激的なスタートアップ企業文化の環境で働く事を好むため、彼がRippleはもうスタートアップ企業文化ではないと判断した際、Ripple社に残るかどうかは、誰も分からず、時間のみが知る事です。

BITPOINT

関連記事

  1. 「Proof of Keys」のリーダーが、ビットコイン保有者に…
  2. ビットコインが、どのように開発者であるNakamoto Sato…
  3. これから価格が上がる仮想通貨の銘柄発表(初級者編)
  4. アルトコインが様々な結果を出す中、ビットコインは$ 11,000…
  5. ビットコインの値段は8,000ドルを下回りましたが、次は7,00…
  6. パスワードを紛失し、サンフランシスコのプログラマーは2億2,00…
  7. サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構…
  8. ビットコインの最近の値段の下落は、一時的な値段上昇の休息だったの…

ピックアップ記事

おすすめ記事

科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価値の保存場所として置き換わるのか?

査読付きの科学誌に掲載された新しい論文によると、中国の研究者は、貴金属の今後の展望に大きな影…

ビットコインの値段が1万ドル越えを維持したままで、これまでで2番目に長い期間になっている。

本日は、ビットコインの値段が5桁になった後29日連続です。 これは、今後どれくらい続くのでし…

ビットコインの急上昇は、「全てが勝つ」パンデミック回復に対する無制限の楽観主義を示している。

投資家はターボチャージャー付きの暗号市場上昇の2021年に向けて準備を進めています。その証拠…

JPMorganがビットコインの値段調整について警告し、BTCが買われ過ぎと説明

JPMorganのアナリストは、Grayscaleのビットコイントラストへの資金流入が大幅に…

Blockchairの「Privacy-o-Meter」を利用して、仮想通貨トランザクションのプライバシースコアを視覚化

6月24日、ブロックエクスプローラー兼、ブロックチェーンデータプラットフォームであるBloc…

今週のトピック

ビットコインの価値が1ビットコインあたり23,000ドルを超える

仮想通貨であるビットコインが2万ドルの壁を破り、1コインあたり23,000ドル以上に急上昇し…

人気記事

  1. イーサリアムの値段チャートは、ビットコインに対して1000%の利益を得る可能性があるパターンを示している。
  2. Arcaはビットコイン信託を開始する、最新の暗号通貨ファンドです
  3. ビットコインデリバティブ取引所のビットノミアル社は、ファイリングごとに投資家から1160万ドルを調達
  4. 「あまりにも車は多すぎるが、BTCは十分な量があるわけではない」 – ビットコインの為にモーガンクリーク創業者がランボルギーニを売りに出す
  5. ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送
PAGE TOP