仮想通貨考察

欧州中央銀行は、ビットコインが優れている理由を示す


「Source: iStock/77studio」

ユーロ圏の中央銀行である欧州中央銀行(ECB)は、知らないうちに仮想通貨の採用を急増させていると、コミュニティは信じています。そして、これこそ最終的にに彼らがやりたいことです。 これは、いつもお金を稼ぐことができると彼らが言った後に起こります。そして、仮想通貨コミュニティは、詐欺の告発で迅速に返事をしました。

銀行は、ハッシュタグ#AskECBの下でTwitterスレッドを開始し、Twitterユーザーである@ Gianluca844は、「あなたはどこで[量的緩和]のためのお金を得ましたか」と質問しました。銀行は、下記の様に返信しました。

このTwitterの返信は、理事会メンバーでECBのチーフエコノミストであるPeter Praetによるものです。

量的緩和(QE)とは、大規模な資産の購入としても知られていますが、ECBである中央銀行が経済を活性化させ、また流動性を高めるために、所定の額の国債またはその他の金融資産を購入する拡張金融政策の事です。

この政策は2015年に開始され、2018年末までに終了しました。その期間に、ECBは2.6兆ユーロ(3兆米ドル)を使いました。そのほとんどが政府の借金だけでなく、社債、資産担保証券および担保付債券であり、ロイター通信によると、1分あたり130万ユーロにも達しました。これは、ユーロ通貨圏の一人当たり約7,600ユーロ(BTC 2.23)に相当します。

仮想通貨業界は、Bitconnectのポンジスキームの多くのつぶやきのGIFが原因で、その返答に困っていました。このポンジスキームは、その信頼を失って以来、悪徳行為の代名詞となっています。

Twitterのユーザー@zackvoellは、「中央銀行は、我々よりもビットコインを売り込んでいます。」と返信しました。一方、ユーザー@wizは、「世界の人々は、価値のない紙に、紙幣を際限なく印刷することによって人々の購買力を奪うという詐欺行為に目を向けています。 世界経済は、このような詐欺を取り除きし、中央銀行によるさらなる強奪を防ぐために新しいビットコイン標準を実装するでしょう。」と発信しました。

「念のために言うと、中央銀行と政府がより多くのお金を印刷することを決定するとき、彼らは大多数の人口から富を盗み、エリートを豊かにしています。[国際通貨基金]によると、インフレは所得格差の主な原因の一つです。」 “デジタル資産管理会社のMorgan Creek Digitalの共同創設者兼パートナーであるAnthony Pompliano氏は、ニュースレターの中で書いています。

彼はさらに、「インフレは、一般的なエリート層が所有する不動産(不動産など)の値段上昇につながります。」と説明しました。

「中央銀行は、法定通貨であるドルをもっと印刷することができるかもしれませんが、最終的にはPonziスキームは終了するでしょう。これが終わったときには、ビットコインは存在しており、今まで以上に量が少なくなり、誰もが増量する事ができません。」と有名なビットコイン強気支持者は、結論付けました。

@spiroseliotというユーザーが、興味深いツイートを投稿しました。そこでは、最近ハイパーインフレが原因で、国の紙幣が無価値になってしまい、その紙幣が道のいたるところでいっぱいになった、ベネズエラにあると思われる通りの写真が掲載されていました。

ビットコイン支持者が中央銀行の政策よりも有利な点として挙げている主な点の1つは、ビットコインの枚数上限が2100万枚であるという事実です。これは、不足時には印刷できないため、インフレを妨げることを意味します。 しかし、需要と供給の法則により、個々のビットコインの値段は上昇するでしょう。 さらに、分散化され、また数学的に指定された性質のために、ビットコイン資産は特定の事業体によって管理されません。

一方で、2015年3月のユーロ圏債務危機から、ゼロ以下のインフレが経済をさらに打撃を与えないようにするための政策として、量的緩和(QE)が開始されました。この政策が経済成長を後押しし、インフレを抑制しながら賃金と融資の上昇を助けましたが、債券購入が金利を引き下げ、欧州の銀行の収益性を悪化させたため、ECBは批判を浴びました。

その一方で、銀行の健全性規制の主要な世界標準設定主体であるバーゼル委員会は、「「仮想通貨資産」は「仮想通通貨」と呼ばれており、お金の標準機能を確実に提供しません。また、価値の保存場所として信頼するのは危険です。」と強調しました。

同委員会は、本日の発表の中で、「仮想通貨資産は法定通貨ではなく、政府や公的機関による支援も受けていません。」と発言しました。

また、「仮想通貨は、銀行に対する様々なリスクに関して提示しています。そのリスクとは、流動性リスク、信用リスク、市場リスク、オペレーショナルリスク(詐欺およびサイバーリスクを含む)、マネーロンダリングおよびテロ資金調達リスク、さらに法的および評判のリスクを含みます。」と発言しました。

BITPOINT

関連記事

  1. 4大会計会社のKPMGが発言:ビットコインなど仮想通貨は、「未だ…
  2. Google検索:Bitcoin価格、株価の下落で金の検索が急増…
  3. 暗号通貨デリバティブが急上増、ビットコイン先物の建玉が96億ドル…
  4. ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、およびチェーンリ…
  5. オーストラリアのBITCOIN ATMスタートアップは、1週間あ…
  6. JUSTIN SUN氏によると、2019年ビットコインは、$30…
  7. 貴方の死後、保有している仮想通貨はどうなるか?
  8. ビットコインが大暴落ー仮想通貨市場で何が起こっているのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

専門家の意見:Blockchain の仕事は今やより高い給料になり、Bitcoin取引率はほぼ1年で最高を記録

この分析は、eToroのシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan氏の分析…

偽のビットコイン(BTC)プレゼントで、U.Todayになりすましている詐欺師

COVID-19の大流行の状況の中で、不正なFacebookアカウントがU.Todayになり…

ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる

Blockstreamは、Digital GarageとTokyo Tanshiとの合弁事業…

「30日間の無料仮想通貨レッスン」付きメールマガジン登録はこちらから

◆ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?◆仮想通貨を生み出すマイニング…

ビットコインのライトニングネットワークを利用した仮想通貨ATMの支払いが、間もなく現実のものになる可能性がある

仮想通貨開発者であり、研究者でもあるFelix Weiss氏は、ビットコイン ATMを利用し…

今週のトピック

Krakenではバグが原因で、ユーザーはビットコインを8,000ドルで購入し、すぐに12,000ドルで売却できた模様

世界最古の1つの仮想通貨取引所であるKrakenは、特定の顧客がビットコインを8,000ドル…

人気記事

  1. ビットコインとイーサリアム–週間テクニカル分析– 2020年11月9日
  2. さらなる損失のリスクが高まるにつれて、ビットコインが主要なサポートレベルに到達
  3. 仮想通貨市場は大規模な売りービットコインが2018年初めて、$5600を下回る。
  4. 市場での売却により、ビットコインは$1000下落
  5. ICOって何?⇒仮想通貨を利用した新時代の資金調達方法
PAGE TOP