仮想通貨考察

ビットコイン取引所のCoinbeneがハッキングされていないと宣言:トレーダーは最悪の事態を恐れている

もう1つの主要な仮想通貨取引所の状況が、怪しくなっています。そしてビットコイントレーダーは、再び取引所が致命的なハッキング被害を隠すために「メンテナンス」を使っていることを恐れています。

今回、CoinMarketCap.comによると、この不安要素は、最大の暗号通貨交換の1つであるCoinBeneで起こっています。 自己申告データによると、このプラットフォームは、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、そしてモネロを含む各種の仮想通貨で、1日で7億8000万ドル以上の取引が行われています。

Coinbeneはハッキング被害をカバーしようとしているのだろうか?

サービスが停止し、ユーザーが資金の引き出しや入金の際に、さらなる時間の遅れに気付くようになると、即座に最悪の事態を恐れました。 会社がサイバー攻撃によって何らかの形で悪用された、または侵害された可能性があるという考えが、多くユーザーが助けを求めました。しかし、Coinbeneの幹部は、サービスの遅延は「メンテナンス」が原因であると主張しました。

公式発表の中で、取引所は、顧客に下記のように伝えました。

「CoinBeneプラットフォーム上のユーザー資産は、100%安全です。 我々のプラットフォームは、万が一ユーザー様の資産が失われた場合でも、100%補償することを約束します。 […] CoinBeneセキュリティチームは、様々な異常を常に監視しており、起こり得るリスクを防ぐ為、最初に警告を出します。」

アナリストらは、悪意のある攻撃の可能性が原因で、4500万ドル近くの損失が発生したと主張しており、残念ながら、このニュースがすべての人に影響を与える訳ではありません。 ある人は、約600万ドルがCoinBene Coinで盗まれており、一方で、3900万ドルがMaximine Coinで盗まれたと示唆しています。 これらの資金は、既に市場に投げ出されたとも言われています。

ハッキングは、メインテナンスと同様に一般的です

もしこれが、仮想通貨取引所が、一般的なメンテナンスという表向きの表現でハッキング被害にあったという本当の事実を隠している場合、我々は、これがおそらく最後ではないと想定できます。 頭に浮かぶ取引所のハッキング被害として、Cryptopiaがあります。これは、ニュージーランドの取引所で起こった事件であり、サイバー攻撃によってはっきりした数字は分からないですが、しかし「かなりの」量の仮想通貨の損害が報告されました。その際会社は、「メンテナンス」を理由に挙げて、数日間オフラインの状況になりました。 後になって、ハッキング被害の事実と、警察の捜査が進行中であることが知らされました。

我々はまた、QuadrigaCXの案件を思い出します。 カナダの取引所は最近、インドで創設者であるGerald Cotten氏が突然死亡したというニュースで悩まされました。 また、1億4,500万ドルがクライアントのアカウントから最終的に無くなっていることが発表された際、別の意味でカナダに衝撃を与えました。なぜなら、Cotten氏がアカウント情報にアクセスできる唯一の幹部であったためです。今年の1月には、代理CEOであるAaron Matthews氏は、できるだけ早く顧客のお金を返済するために働いていたと発表しました。

2週間後、こちらのサイトは「メンテナンス」の問題で、怪しい状況になりました。 その当時、資金はまだ顧客に返済されていませんでした。 QuadrigaCXは後に、債権者保護を申請し、カナダの裁判所の助けを借り、30日間の訴訟保護を獲得しました。

BITPOINT

関連記事

  1. 貴方の死後、保有している仮想通貨はどうなるか?
  2. 60%の確率で、今後3週間以内にビットコインが 10,000ドル…
  3. 強気相場がサポートラインを割りそうになるにつれ、10,000ドル…
  4. 何が死のスパイラルなのでしょうか?Bitcoinのハッシュレート…
  5. 市場アナリストのJim Wyckoff氏によると、より大きなビッ…
  6. ビットコインが大暴落ー仮想通貨市場で何が起こっているのか?
  7. アナリストたちは、ビットコインが上向きの勢いを増すにつれて、近い…
  8. JPモルガンアナリスト:ビットコインの値段はさらに下落する可能性…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォーム別にトークンの特徴を比較してみた

今回は、仮想通貨のトークンについてお話ししたいと思います。そもそも、トークンって何?…

市場での売却により、ビットコインは$1000下落

時価総額で世界最大の仮想通貨であるビットコインは、仮想通貨市場での売り圧力の影響で、再び1,…

タイでビットコインのマイニング詐欺が報告される

バンコクポストは2月18日に、仮想通貨マイニング詐欺容疑の疑いで、タイのTechnology…

Google検索:Bitcoin価格、株価の下落で金の検索が急増

次世代の投資家が、幼少期からデジタルの世界に没頭して成長することを考えると、多くの仮想通貨支…

仮想通貨プラットフォームのRevolutが、欧州銀行ライセンスを取得

12月13日(木曜日)、デジタル決済プラットフォームのRevolutは、同社が欧州の中央銀行…

今週のトピック

アナリストたちは、ビットコインが上向きの勢いを増すにつれて、近い将来に9000ドルを超えると信じている

仮想通貨市場は、ここ数週間で間違いなく上昇傾向にあり、ビットコインは8000ドル半ばのレンジ…

人気記事

  1. Bitcoin利用可能なATMが、アメリカのユタ州のいたるところに出現
  2. ビットコイン[BTC]は、中国の法定通貨を通して巨額の資本流入を目撃している
  3. 世界準備通貨としてのビットコインは、米ドルの強化に役立つ可能性
  4. DMMビットコインの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法
  5. わずか732,000ビットコインアドレスが、1ビットコイン以上を保有
PAGE TOP