仮想通貨考察

コインチェック不正流出事件で改めて考えなければならないこと

ついに起きてしまったか・・・という気持ちです。

昨日はコインチェックにお金を預けている仮想通貨ユーザーにとっては大変な1日だったと思います。私はもう3年前から海外取引所を利用しているので今回の事件で被害はなかったのですが、会員様たちの中で大半がコインチェックに口座を開設していたみたいで本当にお悔やみ申し上げますとしか言いようがない状況です。

当サイトでもコインチェックとビットフライヤーをオススメ取引所として掲載していましたので、とても責任を感じております。すぐに事件を受けて当サイト経由でコインチェックに口座開設をした会員様の被害状況を調べましたが、まだ始まって間もないこともありほぼ被害はない状況で一安心でした。

コインチェック社の記者会見のまとめ

・ハッカーにより5億2300万xemが盗まれた
・被害額は580億円相当
・原因は不正アクセス(推奨されるマルチシグ管理をしていなかった)
・全部ホットウォレットで保管してた
・NEMの保証も検討中
・取引履歴は残ってる
・抜かれた送金経路を調査中
・他のコインに関しても調査中

コインチェック社の記者会見を通じての個人的な印象

コインチェックは金融業務の経験がない人間たちが作った会社なのでなかなか注意すべき点がわからず今日まで仮想通貨ブームに押され突き進んでしまったのだろうなという感じでした。27歳の和田社長も会見中は今にも泣きそうな顔でしたね…あまり修羅場を潜ったことのないおぼっちゃんなのでしょう。

それに比べ、ビットフライヤーはゴールドマンサックス出身の人間たちがやっていますから、取引所としてはやはりワンランク上だなと思います。ちょっとUIが初心者向けではないということで初心者向には第二候補取引所になっているようですが。

今回の事件で日本の取引所のセキュリティレベルがガバガバだということが証明された会見となってしまいました。

コインチェック事件で私たち投資家が考えなければならないこと

今回の件で日本の仮想通貨ユーザーが考えなければならないことは、やはり仮想通貨取引所は銀行とは違い、保証もない・信用性もない、ただの取引場を提供してくれるだけの箱だという認識を持ち、仮想通貨の管理は自分でやらないといけないということです。また今回のように1つ取引所が倒産する事態になったとしても問題ないように複数の取引所に口座を分けておくなどの対策も必要になってくると思います。

今回の事件は仮想通貨業界にとってマウントゴックス事件に続く、非常にショッキングな事件となりましたが、みなさんにお伝えしたいのは、「決して仮想通貨がダメになった」というわけではないことです。

日本人の書き込むツイッターやブログを見たのですが、みんな、「もうこれで仮想通貨は終わりだな」とか「これでビットコインは国が認めない」とか好き放題書かれていますが、これとそれとは話が別です。

考えてみてください。みずほ銀行や三菱東京UFJ銀行が倒産したら、日本円が終わりますか?消えますか?

終わりませんよね?消えませんよね?ちょっと考えたらわかることです。

そう言いたくなる気持ちは私も非常に理解できますし、だから仮想通貨はダメなんだよ!と言われても仕方ない事件だと思っています。でもね、仮想通貨(ブロックチェーン)は本当に素晴らしい技術なんですよ。全く取引所のハッキング事件なんて関係ないといえば関係ないわけです。その証拠にビットコインの価格も少々下がりましたが、もう落ち着きを取り戻しつつあります。

つまり世界的な目線で見ると、今回のコインチェック事件はそれほど仮想通貨の価格事態に影響を与えるものではないと考えています。私も海外の投資家仲間から今回の件で連絡はもらっていますが、「なんか日本大変だね~。まぁ頑張って~」くらいのレベルです。

まとめ

とにかく今はコインチェックユーザーたちにお金が返ってくることを祈るばかりですが、現実的には相当厳しいと思います。国も当然保証なんてしませんから、どこかのお金持ち企業やソフトバンクの孫さんレベルの個人投資家が買収するなどしてコインチェック社の立て直しを図るしか方法はないのかなと思います。それができなければ倒産、つまりはコインチェックユーザーのお金は戻ってこないということになります。

「神よ、どうか彼らにご加護を(so help them God)」

BITPOINT

関連記事

  1. Willy Woo氏は、ビットコインがすでに底打ちしている可能性…
  2. Bitcoin価格の下落は2019年半ばまで続く:仮想通貨アナリ…
  3. 仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週が…
  4. 最近の暴落の後、ビットコインの値段の動きは「恐ろしい状況」に変わ…
  5. ビットコインが、どのように開発者であるNakamoto Sato…
  6. 経済変化の境界を押し進める:アフリカでは、Bitcoinは交換の…
  7. 投資家の60%が2021年にビットコインの購入を計画している為、…
  8. 年間最低水準へ促した11月の水準迄戻り、ビットコインとイーサリア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

Fold社が、ビットコインの特典付きのVisaカードを発売

仮想通貨スタートアップ企業のFolder社はVisaと契約を結び、ユーザーが利用する時にビッ…

BITMEXの口座開設方法と取引方法についてまとめてみた

今回は、BITMEXという取引所の開設方法についてお伝えします。BITMEXの口座開設方法…

どうすれば、ビットコインが1000万ドルに到達し、世界の債務問題を解決するか?

これは、私たち全員が見たいシナリオです…そしてもちろん、世界の債務を根絶することも、また良い…

さらなる損失のリスクが高まるにつれて、ビットコインが主要なサポートレベルに到達

ビットコイン(BTC)は、今週初めに発生した大部分の上昇の勢いを失い、現在、短期的に仮想通貨…

Shiba Inuチームは、ソーシャルチャネル全体で詐欺が急増している為、SHIB保有者に注意喚起を発信

人気の暗号通貨であるShiba Inu(SHIB)の作成者は、Inuをテーマにしたミームコイ…

今週のトピック

米中貿易の緊張が緩和し、人民元の上昇により、ビットコインの値段が下落

ビットコインは、午後10時45分時点(EDT)で$ 10,043.19で取引されていました。…

人気記事

  1. 仮想通貨市場は1,200億ドルの市場規模を維持したが、ビットコインは下落
  2. タイでビットコインのマイニング詐欺が報告される
  3. ビットコインは初めて58,000ドルを超える。年初来の利益は98%超え
  4. ビットコインの最近の値段の下落は、一時的な値段上昇の休息だったのか?
  5. 売却があるにも関わらずビットコインは非常に強気。 これが$ 10,000への推進力です
PAGE TOP