仮想通貨考察

ラインの仮想通貨取引所が、ビットコインやイーサリアムに対抗して独自トークンを表示

日本のメッセージング大手であるLINEによって立ち上げられた仮想通貨取引所のBitboxは、いくつかの主要な仮想通貨を取引する為の独自のトークンをリストアップしていると発表しました。

同社は火曜日に、LINK(LN)トークンがBitcoin、イーサリアム、および米ドルで固定された安定コインであるtether(テザー)との取引ペアとして、Bitboxで独占的に利用可能になったと発表しました。

この動きは、主流のサービスであるメッセージングの利用機会にブロックチェーンと仮想通貨を適用しようとする取り組みの一環として、同社が行った最新の取り組みです。

Bitboxは、コンセンサスメカニズムとして委任された立証証拠と実用的なビザンチンのフォールトトレランスの組み合わせを利用するLINK Chainという独自のブロックチェーンネットワークを立ち上げたことを8月に発表しました。

その時点でCoinDeskが報告しているように、メッセージング会社であるLineは、LINKチェーンネットワーク上で既に開始されている分散アプリケーションに参加するユーザーに、合計10億のLINKトークンのうち8億分を無料で提供する予定です。

LINE社は、同時に今後数カ月間で、さまざまなタイプの製品レビューに焦点を当てた、3つの新しい分散型アプリケーションを発表しています。これによりユーザーは、製品レビューの返信貢献の対価として、LINKトークンを得ることができます。

同社は今年7月にBitboxを設立し、ここでは仮想通貨から他の仮想通貨への交換を開始しており、ライセンス要件が理由でまだ米国と日本では利用できませんが、両国を除くすべての国でサービスが利用できるようになりました。

BITPOINT

関連記事

  1. カジノの環境では、ビットコインはどのように機能するのか?
  2. レポート:ビットコイン取引手数料が2014年レベルまで下落
  3. ビットコインは、全ての投資ポートフォリオで少なくとも1%は必要で…
  4. ダウンタウンの松本人志でさえビットコインを買っているという事実
  5. JUSTIN SUN氏によると、2019年ビットコインは、$30…
  6. ビットコイン・キャッシュは、バイナンスが今後のハードフォークをサ…
  7. 専門家がJPモルガンのビットコインへの壮大なUターンを調査
  8. ディズニーは、近々13億ドルのエクイティディールで1番老舗の仮想…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

最初のベントレーがアメリカで、ビットコインで購入される

2週間前、ヒューストンのホスピタリティー富豪であるTilman Fertittaは、彼の高級…

ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる

Blockstreamは、Digital GarageとTokyo Tanshiとの合弁事業…

台湾No.1取引所「BitoPro」の口座開設方法・入金方法・出金方法

BitoPro(ビトプロ)での口座開設方法1.BitoProサイトにアクセスしましょう。(※…

ビットコインは金以上:ビットコインが、素晴らしい「デジタル不動産」である7つの理由

ビットコイン自体は、急速にデジタル化が進む世界において、最初の「デジタル資産」として急速に浮…

カジノの環境では、ビットコインはどのように機能するのか?

ビットコインの成功は、インターネットベースのビットコインカジノを通じたギャンブルに、新しい道…

今週のトピック

ビットコインの週毎の15%の利益は、イーサリアムを急上昇させる可能性がある。:これが、その理由です

過去数日間にわたり、ビットコインやイーサリアムからドッジコインやメーカーに至る暗号資産が急上…

人気記事

  1. 日本初となる仮想通貨専門雑誌⇒月刊「仮想通貨」を創刊しました
  2. DeVere グループのNigel Green氏:「ビットコインの大幅な値段上昇」の始まり、マイナーへの報酬半減が大幅上昇の起因
  3. コインチェックの口座開設方法からビットコイン購入までの流れ
  4. 仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。
  5. 不吉なビットコインのシグナルが赤く点滅-この出来事が起こった前回は、ビットコインの値段が51%暴落
PAGE TOP