仮想通貨考察

ラインの仮想通貨取引所が、ビットコインやイーサリアムに対抗して独自トークンを表示

日本のメッセージング大手であるLINEによって立ち上げられた仮想通貨取引所のBitboxは、いくつかの主要な仮想通貨を取引する為の独自のトークンをリストアップしていると発表しました。

同社は火曜日に、LINK(LN)トークンがBitcoin、イーサリアム、および米ドルで固定された安定コインであるtether(テザー)との取引ペアとして、Bitboxで独占的に利用可能になったと発表しました。

この動きは、主流のサービスであるメッセージングの利用機会にブロックチェーンと仮想通貨を適用しようとする取り組みの一環として、同社が行った最新の取り組みです。

Bitboxは、コンセンサスメカニズムとして委任された立証証拠と実用的なビザンチンのフォールトトレランスの組み合わせを利用するLINK Chainという独自のブロックチェーンネットワークを立ち上げたことを8月に発表しました。

その時点でCoinDeskが報告しているように、メッセージング会社であるLineは、LINKチェーンネットワーク上で既に開始されている分散アプリケーションに参加するユーザーに、合計10億のLINKトークンのうち8億分を無料で提供する予定です。

LINE社は、同時に今後数カ月間で、さまざまなタイプの製品レビューに焦点を当てた、3つの新しい分散型アプリケーションを発表しています。これによりユーザーは、製品レビューの返信貢献の対価として、LINKトークンを得ることができます。

同社は今年7月にBitboxを設立し、ここでは仮想通貨から他の仮想通貨への交換を開始しており、ライセンス要件が理由でまだ米国と日本では利用できませんが、両国を除くすべての国でサービスが利用できるようになりました。

BITPOINT

関連記事

  1. 3つの仮想通貨がビットコインに対して上昇しています。 一つはBi…
  2. ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨と…
  3. CNBCトレーダー:Lightningネットワークがビットコイン…
  4. ビットコインは、近々強気相場を支持する大きな動きを見せるかもしれ…
  5. 仮想通貨プラットフォームのRevolutが、欧州銀行ライセンスを…
  6. Krakenではバグが原因で、ユーザーはビットコインを8,000…
  7. 5月にビットコインを売り、去りますか? 5月の歴史的なビットコイ…
  8. 仮想通貨市場が赤信号になるにつれて、ビットコインキャッシュは輝い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ミレニアル世代は、ビットコインとアンドリュー・ヤン氏を退職プランとして宣伝

「 Universal Basic Income-toting Andrew Yang is p…

仮想通貨トレーダー:ビットコインの値段が2019年に50%急落する可能性がある

先週1週間を通して、ビットコインの値段は3,901ドルから4,048ドルに上昇し、米ドルに対…

ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較

インフレーション(インフレ)とは、商品やサービスの値段が時間の経過とともに上昇する状況です。…

Bitcoinは大きな上昇気流の前に、最終的な値段の大きな揺れを経験したかもしれない

10月15日、Bitcoinの価格は6,150ドルへ下落し、8月初め以来維持してきた、6,000ドル…

一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ(AirDrop)についてまとめてみた

仮想通貨投資では、様々な用語が出てくるため、「これ何なの?」と思うものも多いかと思います。今…

今週のトピック

フィンテック ユニコーン企業のStripeがBitcoinとの決別から1年で220億ドルの評価を獲得

デジタルペイメント会社のStripeは、ビットコインとの決別について考え直すようには見えませ…

人気記事

  1. 仮想通貨アナリスト:ビットコインの下降トレンドが本格化
  2. ビットコイン取引で、日本円取引が米ドルを超える
  3. さらなる損失のリスクが高まるにつれて、ビットコインが主要なサポートレベルに到達
  4. CoinbaseとCash アプリが、ビットコインを簡単に購入する方法で最高評価の立場を維持
  5. ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?
PAGE TOP