仮想通貨考察

ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較

インフレーション(インフレ)とは、商品やサービスの値段が時間の経過とともに上昇する状況です。これは基本的に、消費者が他のさまざまなものに対して、より多くの支払いをしなければならないことを意味します。 それは生活費から1ガロンの牛乳の値段まですべてに影響を与えます。 また、それは他のすべての法定通貨と共に、ドルの価値を下落させます。 現在、ビットコインが価値を保持するもう1つの手段であることを考慮すると、仮想通貨と法定通貨の間の相関関係(もしあれば)を理解することができます。

インフレの原因は、マネーサプライの増加が早すぎるペースで起こる事により、お金の価値が下落する為です。 ほとんどの経済学者は、マネーサプライを増やす事が、長期的には商品やサービスの値上げを引き起こすと信じています。 しかしながら、この様な変化の短期的な影響は、経済学者たちによって激しく議論されています。

これらの要素を念頭に置いて、CryptoVibesは最近、Coinmetrics.ioとtradingeconomies.comの両方からのデータを調べ、ビットコインのインフレ率と法定通貨のインフレ率を比較しました。 米国では、データは1914年から現在まで平均で、3.27%のインフレであることを示しました。 しかし、1920年6月のインフレ率は23.7%で、1921年6月はインフレ率が15.8%で低水準でした。


「Source:Tradingeconomics.com/U.S. Bureau of Labor Statics」

中国では、1986年から現在までの平均インフレ率は5.18%です。 インフレの最高値は、1929年2月の28.4%であり、史上最低値は1999年4月の-2.2%でした。


「Source:Tradingeconomics.com/National Bureau of Labor Statics of China」

インドでは、2013年11月にインフレ率12.17%で高い数字でしたが、2012年から現在までの平均インフレ率は6.27%でした。インフレ最低値は、2017年6月の1.54%でした。


「Source:Tradingeconomics.com/Ministry of Statics and Program of Implementation(MOSPI)」

1950年から現在までのドイツの平均インフレ率は2.38%です。 1951年10月には、インフレ率は最高の11.54%に達しました。これは1950年6月につけた過去最低値である-7.62%からかなり劇的な上昇です。


「Source:Tradingeconomics.com/Federal Statistical Office」

今回ご紹介する全リストの中で、ロシアは1991年から今日までに2番目に高い平均インフレ率を経験しています。 1991年から現在までの平均インフレ率は122.02%でした。 しかし、最も高いインフレ率は1992年12月に経験した2,333.3%であり、最も低いインフレ率は、昨年1月の2.2%でした。


「Source:Tradingeconomics.com/Federal State Statistics Service」

法定通貨市場と仮想通貨市場の両方において、ベネズエラのインフレ率は最も公表されているインフレ率の1つであり、これが原因で最初に仮想通貨へ舵を切った国になります。 1973年から現在までのデータを計算すると、平均インフレ率は13,960.36%です。 最も高いインフレ率は2ヶ月前の1月に発生し、2,688,670%に達しました。 最低のインフレ率は、1973年2月に経験した3.22%でした。

ビットコインは、過去10年間の市場に出回っていますが、そのインフレ率は平均して0.01%に過ぎません。インフレ率の最高値は、2014年1月に0.038%を経験しましたが、最低値は、1992年12月と2018年12月の2回、0.009%を経験しました。

ビットコインの長期にわたるインフレ率は、他のどの国よりも大幅に低いことが示されています。

 中国の150分の1
 アメリカとドイツの160分の1
 インドの200分の1
 ロシアの520分の1
 ベネズエラの268,867,000分の1

このデータをベースに考えると、ビットコインは、ほとんどの人が日々対処しなければならないインフレ率から消費者が比較的対処できるように役立つソリューションを提供できるように見えます。 ほとんどの仮想通貨は、数量が固定されています。これは、つまり最初に決めた以上のコインを発行する方法が無いという事です。 その一例が、ビットコインがそうであり、その供給量は2100万に固定されています。ビットコインの「印刷」は、決して起こらないでしょう。これが、ビットコインを信頼することをさらに効果的にします。

BITPOINT

関連記事

  1. 仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。
  2. 「あまりにも車は多すぎるが、BTCは十分な量があるわけではない」…
  3. ビットコインが8,300ドルに上昇した後、アナリストが強気である…
  4. ビットコインが継続して下落ーどれくらいの値段まで下落するのか?
  5. Mike Novogratz氏は、ビットコイン(BTC)にとって…
  6. ビットコインのライトニングネットワークを利用した仮想通貨ATMの…
  7. もし米国経済が「充電中」の場合、ビットコインについても同じ事が言…
  8. この仮想通貨はビットコインに対して140%以上上昇しており、まだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ウォールストリートの仮想通貨の教祖は、麻薬株は昨年のビットコインのように感じる – だから私はショートポジションを取っていると発言

Adam Jeffery | CNBCMichael Novogratz, CEO of G…

タイでビットコインのマイニング詐欺が報告される

バンコクポストは2月18日に、仮想通貨マイニング詐欺容疑の疑いで、タイのTechnology…

ビットコインの値段は、半減期の後、70,000ドルに到達するだろうか?

現在の世界的な経済危機が始まるずっと以前より、多くのアナリストは、ビットコイン市場にとって2…

米中貿易の緊張が緩和し、人民元の上昇により、ビットコインの値段が下落

ビットコインは、午後10時45分時点(EDT)で$ 10,043.19で取引されていました。…

ビットコイン対 NASDAQ 100:パンデミックの期間中にそれらが繁栄するのを見てください

コロナウイルスのパンデミックによって、世界で最も強力なハイテク企業がさらに強力になった事は明…

今週のトピック

10ビットコイン以上保有するビットコインアドレスの数が、過去最高に達する。

少なくとも10ビットコイン(価値:105,000ドル相当)以上を保有しているビットコインアド…

人気記事

  1. 億万長者Novogratz氏:アルトコインは2017年強気市場の様に急上昇しない、ビットコインは市場を独占
  2. 28のビットコインマイニング会社がキルギスタンで電力供給停止状況に直面
  3. ビットコインが5000ドルを超えて急上昇、しかし強気市場はまだ来ていない
  4. ビットコインの値段は8,000ドルを下回りましたが、次は7,000ドル、または9,000ドルのどちらに向かうのでしょうか?
  5. 台湾No.1取引所「BitoPro」の口座開設方法・入金方法・出金方法
PAGE TOP