仮想通貨考察

ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラのインフレ率との比較

インフレーション(インフレ)とは、商品やサービスの値段が時間の経過とともに上昇する状況です。これは基本的に、消費者が他のさまざまなものに対して、より多くの支払いをしなければならないことを意味します。 それは生活費から1ガロンの牛乳の値段まですべてに影響を与えます。 また、それは他のすべての法定通貨と共に、ドルの価値を下落させます。 現在、ビットコインが価値を保持するもう1つの手段であることを考慮すると、仮想通貨と法定通貨の間の相関関係(もしあれば)を理解することができます。

インフレの原因は、マネーサプライの増加が早すぎるペースで起こる事により、お金の価値が下落する為です。 ほとんどの経済学者は、マネーサプライを増やす事が、長期的には商品やサービスの値上げを引き起こすと信じています。 しかしながら、この様な変化の短期的な影響は、経済学者たちによって激しく議論されています。

これらの要素を念頭に置いて、CryptoVibesは最近、Coinmetrics.ioとtradingeconomies.comの両方からのデータを調べ、ビットコインのインフレ率と法定通貨のインフレ率を比較しました。 米国では、データは1914年から現在まで平均で、3.27%のインフレであることを示しました。 しかし、1920年6月のインフレ率は23.7%で、1921年6月はインフレ率が15.8%で低水準でした。


「Source:Tradingeconomics.com/U.S. Bureau of Labor Statics」

中国では、1986年から現在までの平均インフレ率は5.18%です。 インフレの最高値は、1929年2月の28.4%であり、史上最低値は1999年4月の-2.2%でした。


「Source:Tradingeconomics.com/National Bureau of Labor Statics of China」

インドでは、2013年11月にインフレ率12.17%で高い数字でしたが、2012年から現在までの平均インフレ率は6.27%でした。インフレ最低値は、2017年6月の1.54%でした。


「Source:Tradingeconomics.com/Ministry of Statics and Program of Implementation(MOSPI)」

1950年から現在までのドイツの平均インフレ率は2.38%です。 1951年10月には、インフレ率は最高の11.54%に達しました。これは1950年6月につけた過去最低値である-7.62%からかなり劇的な上昇です。


「Source:Tradingeconomics.com/Federal Statistical Office」

今回ご紹介する全リストの中で、ロシアは1991年から今日までに2番目に高い平均インフレ率を経験しています。 1991年から現在までの平均インフレ率は122.02%でした。 しかし、最も高いインフレ率は1992年12月に経験した2,333.3%であり、最も低いインフレ率は、昨年1月の2.2%でした。


「Source:Tradingeconomics.com/Federal State Statistics Service」

法定通貨市場と仮想通貨市場の両方において、ベネズエラのインフレ率は最も公表されているインフレ率の1つであり、これが原因で最初に仮想通貨へ舵を切った国になります。 1973年から現在までのデータを計算すると、平均インフレ率は13,960.36%です。 最も高いインフレ率は2ヶ月前の1月に発生し、2,688,670%に達しました。 最低のインフレ率は、1973年2月に経験した3.22%でした。

ビットコインは、過去10年間の市場に出回っていますが、そのインフレ率は平均して0.01%に過ぎません。インフレ率の最高値は、2014年1月に0.038%を経験しましたが、最低値は、1992年12月と2018年12月の2回、0.009%を経験しました。

ビットコインの長期にわたるインフレ率は、他のどの国よりも大幅に低いことが示されています。

 中国の150分の1
 アメリカとドイツの160分の1
 インドの200分の1
 ロシアの520分の1
 ベネズエラの268,867,000分の1

このデータをベースに考えると、ビットコインは、ほとんどの人が日々対処しなければならないインフレ率から消費者が比較的対処できるように役立つソリューションを提供できるように見えます。 ほとんどの仮想通貨は、数量が固定されています。これは、つまり最初に決めた以上のコインを発行する方法が無いという事です。 その一例が、ビットコインがそうであり、その供給量は2100万に固定されています。ビットコインの「印刷」は、決して起こらないでしょう。これが、ビットコインを信頼することをさらに効果的にします。

BITPOINT

関連記事

  1. IMF:Bitcoinと他の仮想通貨の急速な成長は、グローバル金…
  2. 6,000ドル越え:ビットコインの値段が、6ヶ月ぶりの最高値へ急…
  3. ビットコインは金以上:ビットコインが、素晴らしい「デジタル不動産…
  4. 仮想通貨トレーダーは、ビットコインの優位性が弱まっている為、アル…
  5. 仮想通貨が25%上昇するにつれ、Bitcoinも強い上昇傾向に
  6. この仮想通貨はビットコインに対して140%以上上昇しており、まだ…
  7. 全てのトップ仮想通貨が中程度の損失を出しているため、ビットコイン…
  8. Bitcoin価格は $ 200,000を超えるか、または「仮想…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインは、金の44%のフラクタルの様に、7,000ドル以下へ下落するかも知れません。

ビットコインは、長い間金のデジタル版であると言われてきました。実際にこれは、価値の保存先、価…

アルトコインの価値が落ちている中、ビットコインが今まで以上に仮想通貨マーケットで重要度が増す

CoinMarketCapからのデータによると、9月11日(火曜日)に、上位20個のコインの大半が赤…

仮想通貨市場が赤信号になるにつれて、ビットコインキャッシュは輝いている

CCN.comによると、ビットコインキャッシュは、トップ10の仮想通貨の中で最も利益を上げま…

カジノの環境では、ビットコインはどのように機能するのか?

ビットコインの成功は、インターネットベースのビットコインカジノを通じたギャンブルに、新しい道…

市場での売却により、ビットコインは$1000下落

時価総額で世界最大の仮想通貨であるビットコインは、仮想通貨市場での売り圧力の影響で、再び1,…

今週のトピック

ビットコインの下落傾向は、弱気市場がうなり声をあげるにつれて2019年を通して続く可能性があります。 理由は、これらです。

長期間にわたる下向きの圧力に直面した後、ビットコインの強気はついに売り圧力に屈し、ビットコイ…

人気記事

  1. 欧州市民(ヨーロッパ)は、ビットコイン銀行口座の利用が可能になる。
  2. ビットコインとブロックチェーンは、今や大きな2020年米国大統領選挙議題となっている。
  3. 爆発的なマイニングの成長は、ビットコイン(BTC)の高い信頼性を示している。
  4. FundstratのTom Lee氏が次のビットコインの強気市場が2019年に来ると発言
  5. 強気相場がサポートラインを割りそうになるにつれ、10,000ドルのビットコイン値段が危険な状態になっている
PAGE TOP