仮想通貨考察

DeVere グループのNigel Green氏:「ビットコインの大幅な値段上昇」の始まり、マイナーへの報酬半減が大幅上昇の起因

DeVereのCEOはCrypto ETFとライトニング ネットワークを理由に、ビットコインの値段が上昇し始めたと考えている

1年以上弱気市場で停滞した後、最も人気のある仮想通貨であるビットコイン(BTC)は、数日前に非常に前向きなキャンドルを記録しました。 金曜日には、ビットコインはこのデジタル資産に対する市場のポジティブな感情により、約350ドル上昇しました。

独立系金融コンサルティング会社である、deVere GroupのCEO、Nigel Green氏によると、ビットコインの値段が上昇した理由はいくつかあります。 彼は近い将来にビットコインがかなりの値段上昇を始める前の、最初の動きであるかもしれないと言及しました。

2018年11月、ビットコインは数ヶ月ぶりに初めて6,000ドルを下回りました。 これは非常に弱気な傾向であり、これが原因で、3,250ドルまで下落しました。 このような状況のため、いくつかの会社や仮想通貨関連会社は、従業員数の削減などの極端な行動を取り始めました。

前向きなことが近い将来やってくるという事実が原因で、ビットコインは成長への道を取り戻し、再び値上がりを始める可能性があります。 deVereグループによって最近発表された記事の中で、Nigel Green氏は、なぜビットコインが成長するのかについて説明しています。

投資家はまだシャンパンのコルク栓を弾けさせてはいけない、と彼は言っていますが、彼はビットコインの値段の急上昇には3つの要因があると考えています。 最初の要因は、ビットコイン ETFの潜在的な承認に関連します。

米国証券取引委員会(SEC)は、ビットコインETFの提案を受け入れるかどうかの可能性を分析しています。 しかしながら、彼らは過去にはWinklevossの双子が提案したものを含め、いくつかのETFを却下しました。

数日前、SECのコミッショナーは、ビットコインETFは、遅かれ早かれ承認されるだろうと言及しました。 これは、仮想通貨空間にとって非常にポジティブな事です。なぜなら、これは伝統的な投資家が仮想通貨市場に入ってくる機会を与えるからです。

彼が言及した2番目の要因は、ライト二ング ネットワーク(LN)に関連しています。 これは、ビットコインが直面するスケーラビリティの問題を解決するためのオフチェーンレイヤーのソリューションです。 2017年にビットコインがこれまでに記録された最高値段に達した時に、ネットワークは大混雑していました。 この様な状況のため、各トランザクションの処理に数時間かかりました。 さらに、単純な取引を行うための手数料が、場合によっては最大55ドルまで増加しました。

ライトニング ネットワーク(LN)を利用する事で、ビットコインは毎秒数十万件(TPS)のトランザクションを処理する事が可能になります。Geen氏によると、ライトニング ネットワークの開発はビットコインが大量採用に向かって動くことを可能にするでしょう。 昨年1年間で、ライトニング ネットワーク(LN)は非常に速いペースで成長しました。 この記事を書いている時点で、ライトニング ネットワークには6,169ノード、24,632チャネル、および659 BTC(238万ドル)の容量があります。

仮想通貨市場での成長を牽引したと彼が言った3番目の要因は、2020年のマイナーへの報酬半減に関連しています。 マイナーへのビットコインの報酬は4年ごとに50%減ります。これにより、ビットコインの供給量をより少ない割合で増やすことが可能になります。 これに関して、彼は下記のように発言しました。

「ビットコインをマイニングするためのコードは約4年ごとに半分になり、次のコードは2020年5月に設定されています。コードが半分になると、マイナーは数分ごとに50%少ないコインを受け取ります。 歴史的に見れば、コードが半分になるイベントでビットコインの値段が大幅に上昇していることがわかります。」

専門家は、供給量の減少と需要の増加により、最も人気のあるデジタル資産であるビットコインの値段が上昇し、最終的には、新たな最高値に達すると考えています。

この記事を書いている時点で、1ビットコインは3,640ドルで購入可能であり、その時価総額は638.3億ドルとなっています。

BITPOINT

関連記事

  1. アナリストは、ビットコインがキーレベルを超えた後、800%上昇す…
  2. もし、2015年以降、毎日1ドルのビットコインを購入していたら、…
  3. Google検索:Bitcoin価格、株価の下落で金の検索が急増…
  4. 最初のベントレーがアメリカで、ビットコインで購入される
  5. ビットコインが継続して下落ーどれくらいの値段まで下落するのか?
  6. 5月にビットコインを売り、去りますか? 5月の歴史的なビットコイ…
  7. 世界準備通貨としてのビットコインは、米ドルの強化に役立つ可能性
  8. ミレニアル世代は、ビットコインとアンドリュー・ヤン氏を退職プラン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

イギリスのクラウドマイニング会社のArgoは、ボタンをクリックするだけでビットコインマイニングができるサービスを提供

ロンドンに本拠地を置くクラウドマイニング会社のArgoは、急速に成長するプラットフォームを利…

ビットコイン需要モデルは、(2011年以降)明らかに「明確な成長トレンド」になっている。

ビットコインの需要の全体的なチャートは明確な成長傾向を示しており、実際にドルベースの需要では…

Bitcoinの投資家はまだ強気:80%がBTCを長期保有する事をデータが示す。

DailyFXのデータによると、Bitcoin(BTC)投資家の5人のうち4人近くが、時価総…

ダウンタウンの松本人志でさえビットコインを買っているという事実

サムライクリプトカレッジの会員様の中で実に4割の方が「ビットコインを知っているが買ったことがない」と…

テクニカル指標はビットコイン(BTC)が値段上昇準備ができていることを示す、しかしそれは、いつになるのだろうか?

ビットコインは、過去数週間で3,000ドルを超える辺りでにしっかりと根付いており、4,000…

今週のトピック

ビットコイン下落で、今購入すべきでない3つの簡単な理由

ビットコインの最近の1万ドル未満への下落により、すでに破壊された仮想通貨コミュニティは、異な…

人気記事

  1. ビットコイン需要モデルは、(2011年以降)明らかに「明確な成長トレンド」になっている。
  2. 上位の仮想通貨がわずかなマイナスであったため、ビットコインは$3,630近辺を維持
  3. もし、2015年以降、毎日1ドルのビットコインを購入していたら、現在これ程の金額の価値になっていた。
  4. イーサリアムの値段(ETH)は、ビットコインが苦戦している間、さらに高くなる可能性がある。
  5. 仮想通貨FX取引ができるVirtueForexで実際に口座開設をしてビットコインFX取引をしてみた
PAGE TOP