仮想通貨考察

フィンテック ユニコーン企業のStripeがBitcoinとの決別から1年で220億ドルの評価を獲得

デジタルペイメント会社のStripeは、ビットコインとの決別について考え直すようには見えません。

投資会社TIGER GLOBALがStripeに100万ドルの追加投資

フラッグシップ仮想通貨であるビットコインに、親愛なるジョンの手紙を送ってから1年後、シリコンバレーのフィンテックは、Tiger Global Managementからの1億ドルの投資を受けた後、驚異的な225億ドルの評価を獲得したと伝えられています。 これは、Stripeが2018年にTiger Globalが主導した2億4500万ドルの資金調達の後に受けた、同社の以前の200億ドルの評価から13%近く増加しています。

Stripeの広報担当者は、CNBCの電子メールでの声明の中で、次のように述べています。 「Stripeは、急速に国際的に拡大をしています。また、Stripe Terminalを利用してもらう事により、当社のプラットフォームを発行、グローバルな不正防止、および実店舗に拡大しています。」また、「継続的な資金調達により、これらの戦略的分野でより多くの活用が可能になります。」

Stripの酷いビットコインとの決別

Stripeの戦略計画の一部になっていない分野の1つに、ビットコインでの支払い方法があります。

2014年にビットコインのサポートを追加した、最初の主要な支払いプロセス業者となったスタートアップは、昨年その機能を削除し、遅いトランザクション確認時間と高い費用が、仮想通貨支払いを受け付けるマーチャントの数の大幅な減少の原因であると非難しました。

元StripeのプロダクトマネージャーであるTom Karlo氏は、ビットコインに関して優しい言葉を持っていました。Stripeが昨年1月に解散を発表した時には、まだビットコインは、最高値近辺の値段で取引されていました。

「この1、2年の間に、ブロックサイズの制限に達し、ビットコインは、交換手段であるよりも資産であることに適しているように進化しました。 ビットコインコミュニティが成し遂げた全体的な成功を考えると、その過程で行われた決定に理由をこじつけるのは難しいです。 (そして、我々は、小説でも野心的なプロジェクトでもうまくいっていることを嬉しく思います。)」

しかし数ヵ月後、Stripe COOのClaire Hughes Johnson氏は、ビットコインとの決別は友好的ではなかったと示唆したコメントを出しました。

2018年7月に開催されたFortune Brainstorm Techカンファレンスで、彼女は、「今日のBitcoinのキラーアプリはランサムウェアです」と語りました。「私たちは、あなたが「ブロックチェーンは、xxxxxxx」と言うとサメのように瞬間に飛びついたと私は思っています。」

さらに、同社がすでにシード資金や他より低料金の仮想通貨通貨ネットワークを提供していたステラ(Stellar)と公然と交渉を始めたとき、まだStripeのDear Bitcoinの手紙は、白紙になった訳ではありませんでした。「実質的な利用が増え続けるのであれば、Stellar(シード資金を提供した)のサポートを追加することができます」とKarlo氏は述べましたが、まだこれは実現には至っていません。

いずれにしても、少なくとも今のところは -ビットコイン支払いを回避するというStripeの決定は、収益を傷つけたようには見えない状況です。

世界で最も価値のあるフィンテックユニコーン企業のStripeは、Coinbaseが近い競合相手

CB Insightsのデータによると、Stripeは、すでに世界で最も価値のあるフィンテック・ユニコーン企業としてランク付けされており、この高い評価のおかげで、会社はさらに市場をリードできるようになります。

Stripeにとって特に、最も近い米国の競合相手は、仮想通貨取引所のCoinbaseであり、こちらもTiger Globalが同様に主導した2018年の資金調達後に、80億ドルの評価を獲得しました。 Coinbaseは、Paytmの運営会社として最もよく知られていますが、インドを拠点とする100億ドル規模のスタートアップOne97 Communicationsに続き、世界第3位にランクしています。

BITPOINT

関連記事

  1. 連邦準備制度議長は、ビットコインが金の最大の競争相手であると発言…
  2. ビットコインは、2019年に入り既にNASDAQ、S&P 500…
  3. 著名なアナリストは、ビットコインがより高い値段をターゲットにする…
  4. もし歴史が繰り返されるならば、ビットコインは5月までに14,00…
  5. 水曜日に暗号通貨の値段が下落した為、ビットコインマイナーの株が急…
  6. 密接にフォローされている暗号通貨トレーダーによると、「市場最後の…
  7. Mad MoneyのJim Cramer氏は、金は彼を失望させ、…
  8. ビットコインが再び40,000ドルを超える事はないかもしれない、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?

2009年にナカモト・サトシという匿名の人物がビットコインを支える技術としてブロックチェーンを論文で…

仮想通貨市場は大規模な売りービットコインが2018年初めて、$5600を下回る。

11月14日に、仮想通貨市場は過去数時間で大幅な値段下落により、大幅な損失を出しました。 CoinM…

最新のレポートによると、Bitcoinのトランザクション価値は、ビザ(クレジットカード)よりも多い

Bitcoin愛好家は喜ぶことができますが、一方でビットコインを好まない方は、継続してビット…

調査:「無知な」ミレニアル世代の43%が株式市場より仮想通貨取引所を信頼する

仮想通貨取引プラットフォームeToroの調査によると、米国のミレニアル世代のビットコイントレ…

ビットコインは初めて58,000ドルを超える。年初来の利益は98%超え

別の日、主要な暗号通貨であるビットコインが初の史上最高値をつけました。日曜日にビット…

今週のトピック

仮想通貨フィーバーは、ビットコイン取引所の取り締まりにより、日本で14%急落する。

「Interest in cryptocurrencies like bitcoin tumbl…

人気記事

  1. JPモルガンアナリスト:ビットコインの値段はさらに下落する可能性があり、仮想通貨の価値が証明されていない状況
  2. 高級なUSホテルグループが現在、ビットコイン、ドージコイン、その他の暗号通貨での支払いを受け入れ
  3. 仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォーム別にトークンの特徴を比較してみた
  4. ドージコインとその他の暗号通貨が、WixのEコマースプラットフォームで利用できるようになる。
  5. 大規模なビットコイン取引所のハッキング事件が、Bithumbの傲慢なセキュリティの無視を露呈させる
PAGE TOP