仮想通貨考察

フランスのYellow Vest 抗議デモ:ビットコインにとって強気市場になるか?

「黄色いベスト」という英語名で知られている、フランスの反エマニュエルマクロン大統領抗議者が、今週末に銀行経営を行うことを計画しているという報告されています。

デモ隊が望んでいるように、政府を窮地に追いやるようなイニシアティブの変更は小さいですが、史上初の自発的銀行経営である可能性が非常に高い事で、ビットコインの価格が強気市場になるかもしれません。

黄色いベストの銀行経営で影響を受ける人々の富を、ビットコインは助ける事ができるだろうか?

「The gilets jaunes」(レジスタンスグループに正しい称号)は、マクロン大統領に反対するフランスのデモ隊のグループ名です。大部分が農村部の労働者のデモは、もともと燃料価格の増税案に対して反対していました。 英語でのグループ名「黄色いベスト」 – はヨーロッパの多くの地域ですべての車両に搭載されることが法律で義務付けられている、広く認知されているジャケットへの参照です。 これらはまたデモのためのユニフォームとして役立っています。 ここ最近の数週間で、黄色いベストはフランス中の輸送を妨げて、国のインフラを頻繁に停止させています。

抗議行動は、昨年11月からずっと続いています。 Macron大統領jに対する抗議の最新のエスカレーションは、新年度の始業日である1月12日に実行される銀行の提案です。 地元の報道機関Capitalによると、このアイデアは最初にYellow Vestの同情者であるTahz San氏によってソーシャルメディアで提案されましした。 彼は、下記のように投稿しました:

「 法律第9条のために、我々は合法的、そして暴力なしで国家を怖がらせるでしょう。 (…)私たちは皆、国の力が政府の手に委ねられているのではなく、銀行の力に委ねられていることを知っています。 銀行が弱体化すると、国家は直ぐに弱体化します。 (…)土曜日に、私たち全員が、RIC(国民投票)を緊急に課すために資金を引き出すことにより投票します。 操業は1月12日土曜日の午前8時に予定されています。もし上手く行かなかった場合は、翌月に再度行われます。」

ソーシャルメディアを通してアイデアの普及に続き、同グループの最も著名なメディアの1人が、この出来事を取り上げたと伝えられています。 Maxime“ Fly Rider” Nicolle氏は昨日、さらに数千人のフォロワーに行動をおこすように推進し始めました。

抗議活動のデモは、現在拡散しており、政府の力をチェックするために利用されているため、「徴税人の国民投票」を見るのは、とても興味深いことです。 あるTwitterユーザーは、これがBitcoinにとって、フランスでの銀行危機の拡大を招いた銀行経営の余波の中で、国に依存しない価値の保存場所としての地位を証明する理想的な機会として役立つ可能性があると述べました。

しかしながら、上記のツイートの数字は誇張されすぎているようです。 人口の70%が、イエローベスト運動に参加している事を示す証拠は何もありません。 Capitalのレポートによると、先月、126,000人がYellow Vest運動を支持して行進しました。 出版社の計算によると、たとえこれらの人々全員が参加したとしても、銀行を危険にさらす程の経済的な影響力があるとは考えにくいです。

サクソ銀行のマクロ経済調査責任者であるChristopher Dembik裁判官は、この運動の最新の経済的攻撃について下記のように述べています。

「銀行の実行を開始するには、カウンターに長い待ち行列が必要です。正直に言って、イエローベストの攻撃力が弱すぎるため、利益率が低くなったとしても、銀行部門を不安定にすることはできません。」

銀行の実行が失敗したとしても、ビットコインには強気になる可能性

今週末のフランスの銀行破綻の可能性は非常に低いというのが、専門家の間で一致している意見ですが、このような行動がイエローベストと直接関係しない人々にも浸透する可能性がある事を無視するのは愚かでしょう。 もし十分な数のフランス人が銀行の運営によってもたらされる十分なリスクを認識している場合、土曜日の朝までに提案された措置を差し替えて、自分の口座からお金を引き出す可能性があり、もしこのようになれば、Yellow Vestイニシアチブが成功する可能性は大幅に高まります。

しかし、たとえ銀行の実行が倒れたとしても、フランスが地元のタバコ店からBitcoinをまとめて購入することを強制していなくても、そのような行為の脅威は、同様の結果をもたらす可能性があります。

銀行には、彼らからのお金の需要の急増の影響を制限するための簡単で効果的な方法があります。 最も簡単な方法は、口座に引き出し制限を課すことです。 土曜日の行動への恐怖が彼らの空の財源を明らかにすることを強要するのをやめさせるために銀行引出し制限を課せば、影響を受けた人々は、資産価値という物が全く無意味で、信頼できないという事に気づき、特にイエローベストの人にとって、彼らの中央政府とは関係がないと気づくでしょう。 西側経済におけるそのような自由を制限する政策の強制は、さらに多くの人々にビットコインの効用を示すのに役立ちます。

BITPOINT

関連記事

  1. 強気が弱まり、ビットコインが11,600ドルに急落。 原因とトレ…
  2. 元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示して…
  3. ビットコイン投資家が心配するべきではない5つの理由
  4. ベテラン アナリスト兼暗号通貨トレーダーのPeter Brand…
  5. Bitcoinの投資家はまだ強気:80%がBTCを長期保有する事…
  6. 家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Mil…
  7. カルダノ投資家は、ビットコインが下落する中ADAを売却。ADAは…
  8. ビットコインの流出は7月に1500万ドルに増加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ベネズエラ最大の小売チェーン:1,000ビットコインのトランザクションと現在成長中

ビットコインの採用は、ラテンアメリカでどの程度浸透していくのでしょうか? ベネズエラ最大の小…

Paul Tudor Jones氏は、ビットコインは「1999年のインターネット株を思い出させる」と発言

「あなたが確信できる事は、多分今から20年後、我々の子供たちや孫たち、我々全員が、ある種のデ…

5月にビットコインを売り、去りますか? 5月の歴史的なビットコイン値段パフォーマンスの見方

史上初の仮想通貨であるビットコインは、値段を弱気市場で3,150ドルという安値をつけて、記録…

2021年に世界一の暗号通貨が上昇するにつれて、ビットコインの50,000ドルのマイルストーンに近づく

CoinDeskによると、週末の値段上昇はビットコインを49,716.44ドルの記録的な値段…

偽のビットコイン(BTC)プレゼントで、U.Todayになりすましている詐欺師

COVID-19の大流行の状況の中で、不正なFacebookアカウントがU.Todayになり…

今週のトピック

BitMart取引所から2億ドル相当のSniba Inuとその他のトークンが盗まれる

ブロックチェーンセキュリティ会社のPeckShieldが提供したデータによると、ケイマン諸島…

人気記事

  1. 5月にビットコインを売り、去りますか? 5月の歴史的なビットコイン値段パフォーマンスの見方
  2. Mark Cuban氏は、ゲームチェンジャーがイーサリアムの値段を「急上昇」させる可能性があると発言
  3. 暗号通貨取引所のKucoinはハッキングで盗まれた2億8000万ドル資金の内の84%分を回収
  4. 日本初となる仮想通貨専門雑誌⇒月刊「仮想通貨」を創刊しました
  5. 何故ビットコインは、驚異的な64%にとどまるほど過小評価されているのか?
PAGE TOP