仮想通貨考察

仮想通貨のICO案件の利益確定の考え方

仮想通貨という言葉がかなり認知されるようになり、実際にICO投資をされる方も増えてきたのではないでしょうか?

※ちなみに、「ICO=取引所上場」のことを指すと思っている人が多いですが、それは間違いです。ICOとは資金調達を行うために新しく仮想通貨を発行する仕組みのことを言います。だから別に上場していないコインでも発行して公開した時点で「ICOした」と言いますからお間違えないように!

今日は、投資という視点から仮想通貨でどのように利益確定をするべきか?についてお話ししたいと思います。

昨年、「億り人」という言葉が出てきて、実際に仮想通貨の投資で億万長者になられた方がかなり出てきているのが実情です。

ここで考えて頂きたいのですが、「億り人」になったと言っても、実際にどれだけの人が現金に換えて(利益確定)しているのでしょうか?
正直、それほど多くはありません。つまり、含み益で「億り人」になっているという意味です。
勿論、利益確定をすると大きな税金を払う必要がある為、税金対策の為、そのまま仮想通貨を保有しているという方も多いかと思います。

では、初心者の方で例えばICO等に投資して利益が出た場合、どの様に利益を確定すれば良いのでしょうか?

ベストな利益確定のタイミングとは?

先ず、基本的な考え方として、2つ押さえておいてください。

1、自分で最初に「この価格になったら売却する」と決める

上場前に購入したコインが無事に上場して含み益が出たとしても、保有しているコインがずっと値上がり続けることはありません。

ジグザグに上下運動を繰り返しながら価格形成をしていきます。

そのため、自分で最初に「この価格になったら売却する」と決めておくことが大事だと言えます。

たとえば、1ドルで購入したコインであれば、2ドルになったらすべて売却するといった感じです。もちろん、そこからさらに値が上がっていくこともあるでしょう。しかし、これは結果論。一番は損失を出さないことが大事ですので、ICOに参加する際に、「このトークンは〇倍になるだろうから、〇円になったら売ろう」と決めて購入することが大切だと思います。

2、とりあえず上場したら一部売却して投資した資金分だけはさっさと回収する

もし、あなたがプレセールやクラウドセールのタイミングでコインを購入している場合、上場のタイミングで資産は最低2~3倍くらいにはなっているかと思います。従って、上場後、早期のタイミングで30%くらい売却するという意味です。

具体例を出すと、例えば ICO案件に10万円を投資していた場合、上場時に30万円くらいになります。 よって、上場後早いタイミングで、30万円分の資産のうちの30%くらいを売却するという事です。これで、初期投資の費用は最低回収できますよね。あとは、保有コインが値段が上がっていくと考えているなら、長期保有のスタンスで保有を続ければ良いかと思いますし、また、もう少し値段が上がった段階で売却するのも良いかと思います。

まとめ

せっかくICOに投資して上場した後、保有しているだけでは、利益を確定したわけではないので、最低投資金額分を回収するという考え方をきちんと持ってする方が良いですね。

実際、「億り人」の方が保有されているコインは、ICO段階で数多く保有し、上場後大きく値上がりした結果、大きな資産になっています。しかし、このようなコインが今後出てくるかどうか?また、そのようなコインに自分が運良く投資できるかどうか?は、誰にも予想はつけられない事もある為、投資家の考え方として、初期投資を回収し後は楽しみながら待つというスタンスが、余りマーケットに左右される事もなく、平穏な気持ちでICO投資を楽しめるのではと考えています。

特に投資の初心者の方は、この考え方を参考にしてみてください。

BITPOINT

関連記事

  1. アルトコインが様々な結果を出す中、ビットコインは$ 11,000…
  2. 3つの仮想通貨がビットコインに対して上昇しています。 一つはBi…
  3. CNBCの「マッドマネー」のホストが、何故彼がビットコインに投資…
  4. 現金取引に対する政府の規制が、何故ビットコインが重要であるかの理…
  5. 貴方の死後、保有している仮想通貨はどうなるか?
  6. JPMorganはビットコインを賞賛し、JPMコインをプッシュし…
  7. トップトレーダーはXRPが信じられないくらい素晴らしいと発言し、…
  8. ビットコイン先駆者:次のビットコイン値段「ステージ」には、25万…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨の更新:ビットコインの下落、イーサリアムの上昇、投資家は金を選択

ビットコインの値段は、1時間で15%以上急落し、6月中旬以来の最低値を付けました。ビットコイ…

Bitcoin利用可能なATMが、アメリカのユタ州のいたるところに出現

最近ATMを利用したことがある場合は、仮想通貨を利用するオプションがある事に気づいたかもしれ…

ビットコインの急上昇は、「全てが勝つ」パンデミック回復に対する無制限の楽観主義を示している。

投資家はターボチャージャー付きの暗号市場上昇の2021年に向けて準備を進めています。その証拠…

ビットコインからスターバックスポイントまで、Bakktデジタルウォレットは、長い遅延の後ついに稼働

その主力消費者製品の発売は、元々、2020年初頭に予定されていました。Bakktは、…

マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるかに価値がある

現在仮想通貨市場では、市場ウェブサイトで追跡された仮想通貨は2,121種類あり、実際の評価額…

今週のトピック

ビットコインの売り圧力は、歴史上最大の詐欺の内の2つの案件にリンクしている可能性がある

ビットコインと仮想通貨市場は、大規模な売り圧力状況で動揺しています。 2月初旬、仮想通貨市場…

人気記事

  1. 2019年2月以来、ビットコインのボラティリティが上昇。 また別の大きな値段の動きが差し迫っているのだろうか?
  2. 仮想通貨FX取引ができるVirtueForexで実際に口座開設をしてビットコインFX取引をしてみた
  3. Mad MoneyのJim Cramer氏は、金は彼を失望させ、ビットコインに5%の資金を入れると発言
  4. もし米国経済が「充電中」の場合、ビットコインについても同じ事が言えるだろうか?
  5. 暗号通貨のイーサリアムは、ビットコイン、機関投資家の需要によって持ち上げられ、過去最高を記録
PAGE TOP