ウォレット

仮想通貨の保管はどこですべき?―ハードウェアウォレットについて

仮想通貨で大きく利益を出した方も多いかと思いますが、「安全に保管できているか?」と聞かれると、自信を持って安全に保有していると答える事が出来る方は、少ないのではないでしょうか?

昨年は、コインチェックのNEM流出問題があり、長期間コインチェックで保管している通貨や、現金が引き出せない状況になり、真っ青になった方も多いかと思います。

勿論、これはコインチェックだけの問題ではなく、今後もコインチェックと同様の問題が起こる事もあり得るという事を肝に銘じておくべきだと考えています。つまり、「取引所に購入した仮想通貨を保管して置くのは、リスクが高い」という点を認識しておくべきです。

今回は、購入した仮想通貨をどこで保管すればより安全か?についてお伝えしたいと思います。

みんな、どこで、仮想通貨を保管しているの?

「取引所で、仮想通貨を保管するのはリスクがある」という事は理解できたかと思いますが、現状多くの方は、どこで仮想通貨を保管しているのでしょうか?実際に、多くの方が利用しているウォレットといえば、下記の2つではないでしょうか?

MyEtherWalletは、ICOに投資する際や、実際のトークンを受領する為に利用したことがある方も多いかと思います。

また、ブロックチェーンウォレットは、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュを保管できるマルチカレンシータイプのウォレットです。

これらの財布に仮想通貨を保有していれば、取引所に依存する事が無いため、ご自身でコントロールする事が可能です。しかし、上記2つに代表されるWEBウォレットは、インターネットと繋がっている限りハッキングリスクがどうしても出てきてしまいます。

そこで近年登場しているのがインターネットに繋がっていないハードウェアウォレットなのです。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは、秘密鍵を内蔵した物理的な外部デバイスのことです。ハードウェアウォレットはパソコンのアプリのビットコインウォレット自体にビットコインが入っているというわけではなく、アプリと本体の秘密キーがあって初めてビットコインの存在するデータにアクセスできるという形になります。そのため、PCなどのインターネット端末にハードウェアウォレットを接続していない間は、外部からアクセスされる事が無いため、セキュリティ面が非常に高いのが特徴となっています。

お勧めハードウェアウォレットは、どれ?

では、お勧めのハードウェアウォレットについて、ご紹介させて頂きます。既にそれなりの金額の仮想通貨を保有されている方は、既に利用されているかもしれませんね。

1、Ledger Nano S(英語公式サイト

約1.6万円程で購入可能な、USBサイズのハードウェアウォレットとなります。


下記が、日本の正規代理店の購入サイトとなります。

◆Ledger日本代理店「Earth Ship」
https://hardwarewallet-japan.com/

Ledger Nano Sでは、現在約30種類くらいの仮想通貨に対応しています。(今後も増えていく予定)

2、Trezor

こちらも、LedgerNanoSと同様人気のあるハードウェアウォレットです。Trezor Black or Whiteは、約1.1万円で購入可能。また、Trezor ModelTは、2.8万円です。こちらは、下記、正規代理店から購入可能です。

◆Trezor日本代理店「langrey」
https://myhardwarewallet.com/

Trezorでは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラッシック、ダッシュ、ジ―キャッシュに対応しています。

上記2つをご紹介させて頂きましたが、「初心者である場合、どちらがお勧めなのか?」というご質問を良く受けます。勿論、個人の好みがあると思いますが、Top5のリップルが保有できる点、対応通貨種類が多い点で、どちらを購入したら良いのか迷われる方は、Ledger Nano Sをお勧めします。

ハードウェアウォレット購入する際の注意点

先ほど、お勧めのハードウェアウォレットについてお伝えしましたが、これらの商品は必ず、「正規の代理店」で購入するようにしてください。理由としては、Amazonなどで販売されているものにはウイルスソフトが組み込まれているものが数多く出回っています。つまり、あなたがそれを知らずに購入してパソコンに差し、ウォレットにあなたの仮想通貨を移動させて瞬間に抜かれてしまいます。どうぞご注意くださいませ。
 

まとめ

「仮想通貨をそれほど保有していないので、まだハードウェアウォレット購入する必要はないかな?」「ハードウェアウォレット購入するのに、少なくとも最低1万円以上だから、高いな?」等感じられる方も多いかも知れません。勿論、どれくらいの金額の仮想通貨を持ったらハードウェアウォレット購入するかの判断は、個人個人異なると思います。

しかし、忘れてほしくない点は、ハードウェアウォレットにて仮想通貨を保管する方が、セキュリティ面が高いという事です。オンライン上の財布に入れていた仮想通貨がハッキングに合い、全て盗まれてしまった!!という事が無い様、リスク管理を常に意識するようにしてくださいね。今後、自分の資産の一部を仮想通貨で保有するという方もどんどん増えてくると思います。今回の記事を参考に、ご自身で是非検討してみてください。

BITPOINT

関連記事

  1. 「30日間の無料仮想通貨レッスン」付きメールマガジン登録はこちら…
  2. BITMEXの口座開設方法と取引方法についてまとめてみた
  3. ビットフライヤーから外部ウォレットへの送金方法
  4. 一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ…
  5. ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金…
  6. 日本初となる仮想通貨専門雑誌⇒月刊「仮想通貨」を創刊しました
  7. ダウンタウンの松本人志でさえビットコインを買っているという事実
  8. 仮想通貨を生み出すマイニング(採掘)とは何なのか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

最初のベントレーがアメリカで、ビットコインで購入される

2週間前、ヒューストンのホスピタリティー富豪であるTilman Fertittaは、彼の高級…

OverstockのCEOは誇張して、Bitcoinは金融システムが崩壊した後の解決策であると発言

Naomi Brockwellとの会話中で、OverstockのCEOであるParick B…

分散型取引所(DEX)をあなたはご存知?

DEX(分散型取引所)って何?一言で言えば「管理者のいない仮想通貨取引所」です。あな…

ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる

Blockstreamは、Digital GarageとTokyo Tanshiとの合弁事業…

Paul Tudor Jones氏は、ビットコインは「1999年のインターネット株を思い出させる」と発言

「あなたが確信できる事は、多分今から20年後、我々の子供たちや孫たち、我々全員が、ある種のデ…

今週のトピック

仮想通貨ウォレット「Ginco」についてまとめてみた

今回は、最近人気の仮想通貨ウオレットである、「Ginco」のご紹介をさせて頂きます。Ginc…

人気記事

  1. カナダ:フィンテックのスタートアップがBitcoin支払い機能を開始
  2. 欧州市民(ヨーロッパ)は、ビットコイン銀行口座の利用が可能になる。
  3. 仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。
  4. ビットコインへの関心「パンデミックにより、急増」
  5. ニュース速報:ビットコインが、2019年のほぼ最高値をつけた後、10%急落
PAGE TOP