ICO

ICOって何?⇒仮想通貨を利用した新時代の資金調達方法

ICOっていう言葉を、聞く事も多いかと思います。日本でも、「ICOって儲かるらしいよ!」「今度、●●企業がICOするらしいよ!」などよく耳にするのではないでしょうか?

ICOとは、Initial Coin Offeringの略で、「クラウドセール」「トークンセール」などとも呼ばれます。実際に資金を調達したいプロジェクト団体が、「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を販売・発行をし、投資家から資金を得るプロセスとなっています。簡単にいうと仮想通貨を利用した新時代の資金調達方法ですね。

何故、発行体はICOをするのか?

今の時代、何か大きな事業を起こしたいと思っても銀行や機関投資家から簡単にはお金は借りることはできません。また株式市場に上場して資金調達をするというのが現代の企業の資金集めとしては主流の形ですが、上場するには厳しい審査や証券会社などに中間マージンを搾取されたりもします。

そこで、より簡単に資金を集めるために、仮想通貨「トークン」を発行して、それを投資家に買ってもらい、その資金を使って事業を展開していくのです。

投資家がトークンを買うメリットとは?

一方、投資家(トークン購入者)であるの私たちは何のためにトークンを買うのでしょうか?その答えはただ1つ。その企業のプロジェクトが成功した暁には、購入した仮想通貨(トークン)の価値がどんどん上がり、購入時の何百倍もの価値になる可能性があるからです。日本でも、普通の主婦が50万円分のあるプロジェクトのトークンを購入し、ほったらかしにしていたら、1年後に1億円に大化けしていたなどニュースなんかで流れていると思います。

このようにICOは発行体にとっても購入側にとってもとても魅力的なものなのです。

うまい話ばかりではない…ICOには危険もつきものということを理解しよう

注意点としては、ICO案件の全てが必ず仮想通貨取引所に上場するわけではないということです。これはどういうことかというと、例えば、プロジェクト団体が資金を集めたけれど、様々な理由で発行した仮想通貨(トークン)を取引所に上場させることができなかっ場合は投資家はそのトークンを売却する場所がありませんから、実質投資資金の価値は0になります。株券も同じですよね?「この会社が今度上場するので今のうちに未公開株として買っておけば何十倍にもなりますよ!」と言って株を売りつけて投資家に買わせる。しかし、実際にはその株を発行している会社が上場せずに買った株はゴミ同然となってしまった…昔よくある詐欺話です。全くこれとICOも同じだと思ってください。上場しなければトークンの価値はないのです。

またプロジェクトの代表者がお金に目がくらんでそのまま集まった資金を持ち逃げしたら使いこんだりしてしまう事例も多発しています。このようにICO案件は、投資家にとって大きな利益を得れる可能性がある反面、0になってしまう事もある点を十分考慮し、ICO案件の詳細を確認して投資していく必要があるのも事実です。

BITPOINT

関連記事

  1. 一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ…
  2. これから価格が上がる仮想通貨の銘柄発表(初級者編)
  3. MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方
  4. 台湾No.1取引所「BitoPro」の口座開設方法・入金方法・出…
  5. 【極秘情報送信中】LINEのお友達に私を追加してください。
  6. ビットフライヤーから外部ウォレットへの送金方法
  7. 仮想通貨ウォレット「HB Wallet」についてまとめてみた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

Bitcoin価格の下落は2019年半ばまで続く:仮想通貨アナリスト Willy Wooの発言

10月中旬に6,500ドル近くでビットコイン価格が横ばいになったとき、多くの仮想通貨アナリス…

ビットコインは重要なレベルを超えている。 注目すべき点は下記の通り

ビットコインは、過去数日間と数週間と同じように、現在約$ 11,400で推移しています。…

OverstockのCEOは誇張して、Bitcoinは金融システムが崩壊した後の解決策であると発言

Naomi Brockwellとの会話中で、OverstockのCEOであるParick B…

不吉なビットコインのシグナルが赤く点滅-この出来事が起こった前回は、ビットコインの値段が51%暴落

ブルームバーグは、ビットコインの弱気シグナルに関して、仮想通貨トレーダーに警告しています。…

Krakenではバグが原因で、ユーザーはビットコインを8,000ドルで購入し、すぐに12,000ドルで売却できた模様

世界最古の1つの仮想通貨取引所であるKrakenは、特定の顧客がビットコインを8,000ドル…

今週のトピック

ビットコインにさようなら? 何故アルトコインが底値を打ったかの理由

2019年を通して、ビットコインはほとんど強気で、底値からピーク値まで350%も値段上昇しま…

人気記事

  1. 5月にビットコインを売り、去りますか? 5月の歴史的なビットコイン値段パフォーマンスの見方
  2. ベネズエラ最大の小売チェーン:1,000ビットコインのトランザクションと現在成長中
  3. ロシアの経済学者は、ロシアが86億ドル分のビットコインを購入したと考えている
  4. 調査:10年以上の投資として、ビットコインまたはその他の仮想通貨資産を好むアメリカ国民は、わずか4パーセント
  5. 英国の窃盗犯がおのとハンマーを使ってビットコインATMを盗み、ビットコインを盗もうとする
PAGE TOP