ICO

ICOって何?⇒仮想通貨を利用した新時代の資金調達方法

ICOっていう言葉を、聞く事も多いかと思います。日本でも、「ICOって儲かるらしいよ!」「今度、●●企業がICOするらしいよ!」などよく耳にするのではないでしょうか?

ICOとは、Initial Coin Offeringの略で、「クラウドセール」「トークンセール」などとも呼ばれます。実際に資金を調達したいプロジェクト団体が、「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を販売・発行をし、投資家から資金を得るプロセスとなっています。簡単にいうと仮想通貨を利用した新時代の資金調達方法ですね。

何故、発行体はICOをするのか?

今の時代、何か大きな事業を起こしたいと思っても銀行や機関投資家から簡単にはお金は借りることはできません。また株式市場に上場して資金調達をするというのが現代の企業の資金集めとしては主流の形ですが、上場するには厳しい審査や証券会社などに中間マージンを搾取されたりもします。

そこで、より簡単に資金を集めるために、仮想通貨「トークン」を発行して、それを投資家に買ってもらい、その資金を使って事業を展開していくのです。

投資家がトークンを買うメリットとは?

一方、投資家(トークン購入者)であるの私たちは何のためにトークンを買うのでしょうか?その答えはただ1つ。その企業のプロジェクトが成功した暁には、購入した仮想通貨(トークン)の価値がどんどん上がり、購入時の何百倍もの価値になる可能性があるからです。日本でも、普通の主婦が50万円分のあるプロジェクトのトークンを購入し、ほったらかしにしていたら、1年後に1億円に大化けしていたなどニュースなんかで流れていると思います。

このようにICOは発行体にとっても購入側にとってもとても魅力的なものなのです。

うまい話ばかりではない…ICOには危険もつきものということを理解しよう

注意点としては、ICO案件の全てが必ず仮想通貨取引所に上場するわけではないということです。これはどういうことかというと、例えば、プロジェクト団体が資金を集めたけれど、様々な理由で発行した仮想通貨(トークン)を取引所に上場させることができなかっ場合は投資家はそのトークンを売却する場所がありませんから、実質投資資金の価値は0になります。株券も同じですよね?「この会社が今度上場するので今のうちに未公開株として買っておけば何十倍にもなりますよ!」と言って株を売りつけて投資家に買わせる。しかし、実際にはその株を発行している会社が上場せずに買った株はゴミ同然となってしまった…昔よくある詐欺話です。全くこれとICOも同じだと思ってください。上場しなければトークンの価値はないのです。

またプロジェクトの代表者がお金に目がくらんでそのまま集まった資金を持ち逃げしたら使いこんだりしてしまう事例も多発しています。このようにICO案件は、投資家にとって大きな利益を得れる可能性がある反面、0になってしまう事もある点を十分考慮し、ICO案件の詳細を確認して投資していく必要があるのも事実です。

BITPOINT

関連記事

  1. 【極秘情報送信中】LINEのお友達に私を追加してください。
  2. ビットフライヤーから外部ウォレットへの送金方法
  3. これから価格が上がる仮想通貨の銘柄発表(初級者編)
  4. 一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ…
  5. 台湾No.1取引所「BitoPro」の口座開設方法・入金方法・出…
  6. 仮想通貨ウォレット「HB Wallet」についてまとめてみた
  7. MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の使い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

オーストラリアのBITCOIN ATMスタートアップは、1週間あたり$ 360,000の売り上げを記録

オーストラリアのBitcoin ATM企業は、仮想通貨の弱気市場の状況にもかかわらず、毎週5…

米中貿易の緊張が緩和し、人民元の上昇により、ビットコインの値段が下落

ビットコインは、午後10時45分時点(EDT)で$ 10,043.19で取引されていました。…

CNBCが再びビットコインに対して強気に、ローカルトップを既に付けている可能性

CNBCは、再びビットコインの強気に切り替えました。 もし、過去の歴史をガイドとして利用でき…

コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が急上昇。Bitcoin値段が安定の中でアルトコインの取引量も上昇

NEM(XEM)は現在、仮想通貨取引所のCoincheckが通常の取引活動を再開したため、ほ…

この仮想通貨はビットコインに対して140%以上上昇しており、まだウオーミングアップの状況かもしれません。

2019年の初めの3,693.85ドルから、先月の13,880ドルの最高値へのビットコインの…

今週のトピック

テザー(Tether)は現在、数百万を印刷しています。これは、ビットコインにとって巨大です。

テザー(Tether)のUSDTマネープリンターが再び稼働しました。これは、ビットコインや、…

人気記事

  1. さらなる損失のリスクが高まるにつれて、ビットコインが主要なサポートレベルに到達
  2. 専門家がJPモルガンのビットコインへの壮大なUターンを調査
  3. 調査会社の発見:ビットコインの大型保有者は、ボラティリティの責任を負わない
  4. Bitcoin利用可能なATMが、アメリカのユタ州のいたるところに出現
  5. ビットコインの値段理論は、これらの条件下で適用される。
PAGE TOP