仮想通貨考察

Jim Rogers氏はビットコインを購入しなかった事を後悔しているが、政府が暗号通貨を非合法化する可能性があると警告

億万長者の投資家George Soros氏とクォンタム・ファンドを共同設立した有名な投資家であるJim Rogers氏は、ビットコインを購入しなかった事を後悔しています。しかし、もしビットコインが実行可能な通貨になった場合、彼は、政府がビットコインを非合法化できるのではないかと心配しています。

Jim Rogers氏のビットコイン後悔

Jim Rogers氏は今週のリアルビジョンとのインタビューの中で、何年も前にビットコインを購入したかったと語りました。 Rogers氏は、George Soros氏の元ビジネスパートナーであり、クォンタム・ファンドとソロス・ファンドマネジメントの共同創設者です。

彼は、債券がバブルに陥っていると信じており、金と銀の値段が急騰すると予想しています。ビットコインに関しては、彼は次のように発言しました。

「私は、ビットコインを買っておけばよかったのにと思います。多くの暗号通貨がすでに姿を消し、ゼロ価値になっている事を指摘しておきます。我々は皆、ビットコインについて聞いています。もう存在しない数十の暗号通貨に関しては聞いていません。」

ビットコインの値段は今年約54%、昨年の初めから612%、2019年の初めから1,152%急上昇しました。今年何度も過去最高値を上回り、BTCの値段はこの記事を執筆時点で46,577ドルであり、market.Bitcoin.comからのデータに基づくと時価総額871億ドルです。


「BTC’s price chart over several years. Source: markets.Bitcoin.com」

Jim Rogers氏は政府が暗号通貨を非合法化するかもしれないと警告

しかしながら、Rogers氏は、もしそれが暗号通貨として成功した場合、政府は暗号通貨を繁栄させないだろうという考え方をまだ持っています。昨年6月、news.Bitcoin.comは、ベテラン投資家が、ビットコインがお金として利用されている事を議論している間、政府が暗号通貨を停止するだろうと警告したという事を報告しました。

今週のリアルビジョンとのインタビューの中で、彼は次のように発言していると伝えられています。

「もし、ビットコインが取引手段ではなく実行可能な通貨になった場合、彼らはそれを非合法化する事ができます。政府はコントロールを失いたくありません。彼らは独占が好きです。彼らは「ここに米ドルがあり、それらはコンピューター上にあります。もしあなたが、何か他の物を使いたい場合、できません。」と言うと思いますか? それは実際、歴史上で今までの政府との私の経験ではありませんが。」

人気のテレビパーソナリティでビットコインの支持者であるMax Keise氏は、BTCの値段が5万ドルに達すると、Shark TankのMark Cuban氏とgold bugのPeter Schiff氏と同様に、Rogers氏がビットコインにオールインすると予測していました。

Rogers氏は現在、ビットコインに以前に投資しないという彼の決断を後悔していますが、Schiff氏は依然として暗号通貨の価値がゼロに落ちる可能性があると主張しています。それにも関わらず、彼はそれが10万ドルにも達する可能性がある事を認めています。Rogers氏も米ドルに自信を持っていません。昨年9月、彼はドル支配の終焉を予測しました。

政府が暗号通貨を停止する事について警告したのはRogers氏だけではありません。ハーバード大学のKenneth Rogoff教授は、政府や中央銀行がビットコインの主流化を決して許さないだろうと繰り返し述べており、彼は彼らが勝つと考えています。Risk Reversal Advisorsの創設者であるDan Nathan氏は、米国政府は、Elon Musk氏のテスラのような企業がバランスシートのドルをビットコインに置き換える事を許可し続けることはないと発言しました。

規制当局が暗号通貨に対して厳しく対応する事について強く警告した別の投資家は、Shark TankのスターであるKevin O’Leary氏、別名Mr. Wonderful氏です。「それが起こる時は、成長した大人も大泣きするでしょう。あなたは、あなたの人生の中でこれまでにそのような資本の損失を見る事は決してないでしょう。それは残酷なものになるでしょう。」と彼は発言しました。しかしながら、カナダで2つのビットコイン上場投資信託(ETF)が承認された後、彼は考えを変えました。 O’Leary氏は現在ビットコイン投資家であり、暗号通貨はここに存続すると信じています。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインクジラ:彼らはどのような人ですか?そして、彼らは暗号…
  2. イーサリアムの値段(ETH)は、ビットコインが苦戦している間、さ…
  3. ビットコインの値段が28,000米ドルに到達
  4. 最近の暴落の後、ビットコインの値段の動きは「恐ろしい状況」に変わ…
  5. 中国の大手銀行が中央銀行のデジタル通貨ウォレットを発表
  6. もし歴史が繰り返されるならば、ビットコイン(BTC)は5000ド…
  7. フィンテック ユニコーン企業のStripeがBitcoinとの決…
  8. Paypalがデジタル資産の主導権を拡大する為、暗号セキュリティ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

調査:10年以上の投資として、ビットコインまたはその他の仮想通貨資産を好むアメリカ国民は、わずか4パーセント

金融サービス会社であるBankRateが作成した調査によると、ビットコインと仮想通貨は、米国…

「あまりにも車は多すぎるが、BTCは十分な量があるわけではない」 – ビットコインの為にモーガンクリーク創業者がランボルギーニを売りに出す

デジタル資産管理基金のMorgan Creek Capital Managementの創設者…

Bitcoin価格の下落は2019年半ばまで続く:仮想通貨アナリスト Willy Wooの発言

10月中旬に6,500ドル近くでビットコイン価格が横ばいになったとき、多くの仮想通貨アナリス…

連邦準備銀行(FRB)が経済への流動性のあるお金の注入を続ける中、ビットコインが注目される。

経済が安定しているように見えるというニュースにも関わらず、ニューヨーク連邦準備銀行(FRB)…

もしビットコインが金に置き換わるならば、各国はいくらビットコインを必要とするだろうか?

ブロックチェーンベンチャー、仮想通貨、プロトコルトークンにフォーカスした投資ファンドであるB…

今週のトピック

ビットコインの値段理論は、これらの条件下で適用される。

2020年はビットコインの年かもしれません。ビットコインの値段が3日連続で12,700ドルを…

人気記事

  1. アナリストが更に上昇すると注目するようになり、ビットコインは成功するか失敗するか
  2. 暗号通貨市場が暴落中に、金融機関は、カルダノと2つのアルトコインを購入: CoinShares
  3. CoinbaseとCash アプリが、ビットコインを簡単に購入する方法で最高評価の立場を維持
  4. ビットコインは35,000ドルに再び戻し、イーサリアムより良いパフォーマンスを出し続けている。
  5. ビットコイン先駆者:次のビットコイン値段「ステージ」には、25万ドルの可能性がある
PAGE TOP