仮想通貨考察

Bitcoin利用可能なATMが、アメリカのユタ州のいたるところに出現

最近ATMを利用したことがある場合は、仮想通貨を利用するオプションがある事に気づいたかもしれません。 実際に、アメリカのユタ州では、現在12のビットコインATMが稼働しています。

ここでは、その意味とその仕組みを見ていきましょう。

ビットコインとは?

CNN Moneyによると、Bitcoinは、銀行のような中央集権機関を必要としない仮想通貨の1種です。 しかし、そのため、ビットコインのフロア値はゼロとなります。 何故なら、ビットコインを支持する中央銀行を持っておらず、市場が価値を与える事を除いて、ビットコインは、利子を支払うことはなく、それに付随する資産価値があるわけではない為です。

ビットコインを購入、販売、管理するのに役立つウェブサイトやアプリがあり、ほとんどの人は、仮想通貨取引所のウェブサイトを利用して購入等を行っています。

2017年後半には、仮想通貨が急激に今まで以上の価値になった際に、ビットコインは、多くの方から新たな注目を浴び、さらに一時期には、最大20,000ドルの価値に達しました。

BTMs (Bitcoin Teller Machines)

Bitcoin ATM または、(BTM)は、仮想通貨を売買するための機械であり、本質的には送金ツールです。 これは、一般的な現金ATMとよく似ています。

最初のステップは、識別情報を入力またはスキャンすることです。 CryptoCompare.comによれば、その後、ユーザーは現金を入金し、QRコードを生成します。 最後に、ユーザはビットコインを提示されたアドレスに送信します。

ATMと同様、BTMでの取引には手数料がかかります。 CryptoCompare.comによると、典型的な手数料は取引金額の5%だそうです。 CoinATMレーダーで、BTMの場所との個別料金を見つけることができるようになっています。

アメリカ、ユタ州での仮想通貨

ユタ州にある12のBTMのうち、仮想通貨企業であるCoinCloudがは、11つのBTMを運営しています。 ラスベガスに本社を置く同社は、ユタ州を含む22州で運営されていると、CoinCloud CEOのChris McAlary氏は述べています。

「2015年にゲーム天国であるSandyで、最初の(BTM)を設置したのですが、これは、BTMを設置した場所の中でも最高の場所の1つでした」とMcAlary氏は発言しています。 「ソルトレークシティーの市場は非常に最先端技術に精通しており、私たちは、2000年代生まれの若い世代に受け入れられました。彼らはビットコインが本当に好きで、すぐに利用したがる世代です。」

McAlaryは、CoinCloud ATMが具体的にどのように動作するかについて説明しました。

「BTMに行き、入金すれば、我々は、直ぐにBitcoinをお客様の携帯電話やモバイルウォレットに送金します。」と彼は説明しました。「また、 モバイルウォレットからビットコインを送信し、ビットコインATMで現金を受け取ることもできます」

CoinCloudには、ATMで動作するように作られたモバイルアプリもあります。

「彼らはアプリ内でビットコインを保存することができます。 彼らはそこにビットコインを送ることができます。 彼らは他の人にBitcoinをここへ送ってもらうこともできます」とMcAlary氏は言います。 「ATMマシンからビットコインを購入する必要はありません。無料でアプリ内でビットコインを購入できます。」

現在ユタ州には、BTMの場所があるだけでなく、ビットコインは、現在地元の企業にも人気があります。 ユタ州で少なくとも15社を含む多くの企業が、受け入れ通貨としてビットコインを採用し始めています。 ローカル企業であるOverstock.comは、全てをブロックチェーン上の仮想通貨での支払いを採用しています。

ユタ州に本拠地を置くPro-Bitcoin組織であるBTC Utahによると、「お店の人は、処理手数料がゼロに近く、不正な支払いや偽造の可能性がないため、仮想通貨での取引が大好きです。また、仮想通貨は、政府、企業、法人が所有しているわけではなく、オンラインでしか存在しません。」

BTC Utahによると、仮想通貨は、「中小企業には最適である」と言います。なぜなら、プロセスのコストが低く、ビットコインの設定にはコストがかからないためです。 また、BTC Utahによると、「ユタ州では、Bitcoinを受け入れている企業がまだほとんどないため、Bitcoinを受け入れている企業は、地元でBitcoinを使用したい顧客のすべてのビジネスを手に入れています。」と述べています。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインの値段は、$ 12K越えを拒否された後に急落
  2. 仮想通貨市場は1,200億ドルの市場規模を維持したが、ビットコイ…
  3. ビットコイン・キャッシュは、バイナンスが今後のハードフォークをサ…
  4. この1つの重要な理由で、Binanceハッカーはビットコインのみ…
  5. 仮想通貨トレーダーが、ビットコインクジラのラリーが持続不可能であ…
  6. JPモルガンアナリスト:ビットコインの値段はさらに下落する可能性…
  7. 2019年2月以来、ビットコインのボラティリティが上昇。 また別…
  8. 強気相場がサポートラインを割りそうになるにつれ、10,000ドル…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨市場が赤信号になるにつれて、ビットコインキャッシュは輝いている

CCN.comによると、ビットコインキャッシュは、トップ10の仮想通貨の中で最も利益を上げま…

ビットフライヤーから外部ウォレットへの送金方法

ビットフライヤーから外部ウォレットへの送金方法今回は、Bitflyerを例として外部ウォレッ…

仮想通貨トレーダーが、ビットコインクジラのラリーが持続不可能であることを警告

ウォールストリートの元トレーダー兼JPMorgan Chaseの副社長であるTone Vay…

ビットコインの優位性は、実際にはるかに強く、80%以上のシェアを占めている

数年前には、ビットコインは、仮想通貨分野で100%の市場シェアを持つ唯一のデジタル資産であり…

ビットコイン現物取引とビットコイン先物取引とビットコインFXの違いをあなたは理解しているか?

よく質問でいただくのが「ビットコイン現物取引は理解できるが、ビットコイン先物取引とビットコインFXは…

今週のトピック

Binanceでの上場廃止により、ビットコインSVから資本が流出し、ビットコインキャッシュ(ABC)が15%急上昇

仮想通貨業界では、最近のビットコイン SVとその支持者をめぐる論争が巻き起こっています。…

人気記事

  1. ビリオネアのTim Draper氏は、現金と仮想通貨に関して今後5年間の大胆な予測
  2. 欧州中央銀行は、ビットコインが優れている理由を示す
  3. もしビットコインが金に置き換わるならば、各国はいくらビットコインを必要とするだろうか?
  4. JPモルガンアナリスト:ビットコインの値段はさらに下落する可能性があり、仮想通貨の価値が証明されていない状況
  5. ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送
PAGE TOP