仮想通貨考察

仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週がスタート

デジタル資産である仮想通貨の値段は、12月17日(月曜日)にわずかな改善を見せています。これは、トップ10の仮想通貨が過去24時間で5〜19%の利益を記録したためです。 仮想通貨市場全体が108億ドルの市場価値に戻しましたが、まだ世界での取引量は横ばい状況であり、市場トレンドが逆転の上昇トレンドへの変換兆候は見られませんでした。

1年前の今日は、仮想通貨は過去最高値をつける

ビットコイン(BTC)の価格が2017年12月17日に複数の取引所で過去最高の19,600ドルに達したことを考えると、仮想通貨市場は、今年は厳しい年でした。これはビットコイン(BTC)が、過去最高値をつけてから、その価値の82.65%を失ったことを意味します。 実際に、仮想通貨の大部分は、昨年史上最高値に達して以来、そのレベルに戻っていません。当時の仮想通貨経済全体には約1,600種類の硬貨がありましたが、米ドルで約50兆ドル規模にも上りました。 現在、2000種類以上のコインがありますが、市場規模はわずか1000億ドルにしか過ぎないため、この間に大きな変化があったと言っても過言ではありません。


「One year ago today bitcoin core (BTC) touched all-time highs.」

仮想通貨市場は、少し回復を見せています。

今日、BTCの値段は5.2%上昇しており、早朝の取引で着実に利益を上げています。 ビットコインの値段は、過去7日間で2.2%下落し、平均値段はコインあたり約3,445ドルです。 リップル(XRP)は依然として2位を維持しており、市場価値は過去24時間で5.4%増加しています。 1つのXRPがコインにつき0.30ドルで取引され、週当たりの損失が消去されています。


「Top 10 digital assets on Monday, Dec. 17, 2018.」

イーサリアム(ETH)は現時点で1ETH当たり91ドルで取引されており、市場は今朝4.9%上昇しました。 市場規模が4番目に高い仮想通貨はイオス(EOS)が維持しており、その上昇率は今日、トップ10のコインの中で先頭を走っています。 1つのEOSが2.32ドルで取引され、午前の取引で市場が19%以上増加しました。ステラ(XLM)は現時点で7.6%上昇し、世界の取引所では、1XLMあたり0.10ドルで取引されています。

ビットコインキャッシュ 市場動向

ビットコインキャッシュ(BCH)市場は、BCHが過去24時間で8.6%以上の伸びを記録したことにより、以前我々がの市場状況を更新して以来ずっと良くなっています。 しかし、ビットコインキャッシュの市場は先週の約16%減となっています。 今週の月曜日のビットコインキャッシュの価格は88ドルで、市場全体の評価額は約15億6000万ドルです。 仮想通貨が過去最高値を記録して以来、BCHはその価値の94.77%を失っています。


「Bitcoin cash (BCH) daily moves up 8-10% during this morning’s trading sessions.」

過去24時間にわたり、人気がある取引プラットフォーム上で、合計9100万ドル相当のBCHの取引がグローバルに行われています。 今日最も多くのBCHを交換している上位5つの取引所は、Lbank、Binance、Huobi、Bithumb、Coinbaseです。 12月17日にビットコインキャッシュと交換された通貨ペアは、BTC(39.6%)、ETH(29%)、USDT(23.2%)、USD(3.8%)、EUR(1.5%)などです。 さらに、日本円とBCHの通貨ペアでの世界取引量は1.3%で、ユーロの次に続いています。


「BCH/USD 4-hour Bitstamp on Dec. 17, 2018.」

BCH/USD テクニカルインジケーター

Bitstampで4時間のBCH / USDチャートを見ると、上昇jトレンドは過去12時間で押し上げようとしています。 相対的な強さ指数(RSI)は、過去に売られ過ぎた状態のすぐ上の-53にあります。 30分のBCH / USDチャートとRSI / MACdレベルの現在の状況は、強気相違をタッチしています。 しかし、まだ長期的な200単純移動平均(SMA)は、短期的な100単純移動平均(SMA)を上回っている状況です。


「BCH/USD 4-hour Bitstamp on Dec. 17, 2018.」

これは、最も抵抗の少ない方向への道が依然として欠点であることを示していますが、2つのトレンドラインは、より高い価格上昇を示す可能性のある点を横切るように見えます。 Bitstampの注文書によると、強気トレンドは、現行の立地ポイントと95ドルの価格帯の壁を超える必要があります。 一方弱気トレンドでは、現在の値段と75ドルの間での確かな基礎レンジがあります。

仮想通貨への投機期間は、終わったのだろうか?

本日、仮想通貨市場は若干の回復がありましたが、多くの仮想通貨トレーダーはまだ懐疑的です。 例えば、ハイテク株や株価が低迷し始めるなど、世界経済には多くのことが起こっています。 仮想通貨の投機の時代が終わったと多くの人々が考え始めています。 Galaxy Digitalの創設者であるMike Novogratz氏は、今週初めに仮想通貨の市場参加者が物事をよりはっきりと見ていると説明しました。 「今では、参加者がより冷静になっています。 麻薬的な状況はなくなっています…しかし、この状況は決してゼロにはなりません。私たちは麻薬クリニックにいるのです。」とNovogratz氏は強調しました。


「Cryptocurrency and fiat money flow over the past 24 hours according to Coinlib.io.」

BitpayのCEOであるStephen Pair氏は、今後5年間で実際の電気代が上昇することを期待しています。なぜなら、これは彼の会社がフォーカスしている為です。 「値段の非常に大きな要素は確かに投機によります。 これは、この技術の将来の利用と導入について予測している投資家がいるためです。私はその値段のわずかな部分が実際の電気代であると確信しています。」とPair氏は、12月13日にCNBCとのインタビューで発言しました。

全体的に、長期的な仮想通貨の支持者は、今後5年~10年間でのデジタル資産の価値を確信しています。 今の最大の疑問点は、現在の弱気の仮想通貨の市場の傾向が今後どれくらいの間継続するのか、そして、既に仮想通貨の最低値水準の状況に我々がいるのかどうかという事です。

BITPOINT

関連記事

  1. Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(…
  2. ラインの仮想通貨取引所が、ビットコインやイーサリアムに対抗して独…
  3. Blockchairの「Privacy-o-Meter」を利用し…
  4. 経済変化の境界を押し進める:アフリカでは、Bitcoinは交換の…
  5. 何故、元JP Morganのビットコイン弱気市場発言をしていた者…
  6. 28のビットコインマイニング会社がキルギスタンで電力供給停止状況…
  7. ビットコインからブレグジットまで:投資家が2019年に注意すべき…
  8. ビットコインマイニングの巨人企業のBitmainが従業員の50%…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる

Blockstreamは、Digital GarageとTokyo Tanshiとの合弁事業…

日本人に人気の海外取引所をまとめてみた

今回は、初心者向けのお勧め海外仮想通貨取引所についてお伝えしようと思います。何故、海外取引所…

わずか732,000ビットコインアドレスが、1ビットコイン以上を保有

少なくとも1ビットコイン以上を保有するアドレスは、現在732,000以上あります。 一方、上…

ビットコインの値段は8,000ドルを下回りましたが、次は7,000ドル、または9,000ドルのどちらに向かうのでしょうか?

今朝、ビットコインの値段は一時的に8,000ドルを下回り、現在サポートラインで値動きしていま…

ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送

仮想通貨空間で主要なプレーヤーであるビットコインクジラは、3,000 BTCをBinance…

今週のトピック

BiteBTC.comが、Proof of Keysイベント日にデータセンターの火災を訴える:詐欺の出口だろうか?

シンガポールのビットコイン取引所は1月3日に、元旦にデータセンターで「火災」があったと報じま…

人気記事

  1. 仮想通貨トレーダーが、ビットコインクジラのラリーが持続不可能であることを警告
  2. 仮想通貨を生み出すマイニング(採掘)とは何なのか?
  3. 仮想通貨購入者の後悔?仮想通貨の訴訟は、2017年以来、3倍へ
  4. クイズ仮想通貨!これがわかったらあなたは相当ギークです。
  5. セキュリティコンサルタントの発言:貴方のビットコイン(BTC)は「気候賠償金」の支払いの為に押収されるべきである。
PAGE TOP