仮想通貨考察

調査会社の発見:ビットコインの大型保有者は、ボラティリティの責任を負わない

ビットコインが2018年に弱気市場に突入したとき、連鎖データによると、いわゆる、ビットコイン大型保有者である「クジラ」はビットコインを積極的に購入していました。

ビットコイン大型保有者であるクジラが戻ってきました。 少なくとも、世界最大の仮想通貨であるビットコインが、短期間の間に大幅な価格変動起こす場合に、良くみられる一般的な状況です。

しかし、詐欺とマネーロンダリングの検出を専門とするブロックチェーンのリサーチ会社であるChainalysisの最新データによると、この傾向が当てはまる訳ではないことを示唆しています。 実際、むしろ全く反対の状況のようです。

Bitcoinクジラと呼ばれる、膨大なビットコインを所有している個人は、多くの人が主張するようなボラティリティの源ではなく、市場のボラティリティを冷却する責任があります。 しかし、10月10日のリサーチノートによると、「ビットコインを大量に保有する32の個人の大財布を集中的に分析すると、これらの恐怖は過大評価されている」と述べています。

我々のデータによると、ビットコインを大量に保有している個人は多様なグループがあり、その約3分の1の人だけが活発なトレーダーであることを実証しています。 確かに、これらのビットコイン大量保有者は、市場を動かすほどの能力はありますが、一般大衆とは異なり、ビットコインの値段が下落したときに購入するというトレードをしています。

1000ビットコイン以上を保有する、32個の大型保有者の資産は、現在のBTCUSDのレートでは-5.13%ですが、それでも合計65億ドルを超えています。 Chainalysis (連鎖分析者)によると、これらの財布保有者のうち、3分の1がトレーダーとして、またビットコインを積極的に取引する唯一のグループです。 マイナー、または早期ビットコイン採用者、休眠財布、犯罪者は依然として比較的ビットコイントレードを積極的に行っていない状況であると分析されています。

Bitcoinの内部関係者は、これらの後者のグループを「HODLers」と呼んでおり、彼らはビットコイン価格の値段の上下に関わらず、ビットコインを保有している人であると説明しています。

さらに、2018年の最高値の売り逃げタイミングでは、ビットコインの価格が50%以上下落し、全ての仮想通貨の総価値が8,280億ドルから2,000億ドル以下に大幅減少しましたが、最も活発なビットコインの大型保有者のグループは、ビットコインを底値で購入を積極的に行っていました。

bitinfochartsのデータによると、ビットコインの暴落時に積極的に購入する事が正しいことを示しています。 最大のビットコイン保有ウォレットアドレスである、16ftSEQ4ctQFDtVZiUBusQUjRrGhM3JYweは、8月2日に10,000ビットコインが増加しており、2月以降、6回のトランザクションがありますが、すべての購入のトランザクションでした。 10月10日現在、このウォレット保有者は、すべてのビットコインの0.97%を占めている状況です。

しかし、これらの大型ビットコインの保有者の匿名性が守られている為、皮肉を言う人がいるのが現状です。 9月5日、ビットコインの価格が48時間で14%下落した際に、オンラインチャットフォーラムでトラフィックバルーンが表示されました。 数名の人はシルクロード関連の財布である、現在廃止されたオンライン闇市場で奪い取られたビットコインを保有している財布であると疑っています。また他の人は、その財布は、2014年にハッキングされた東京ベースの仮想通貨取引所である、マウントゴックスの信託財布であると疑っています。

しかし、大規模な利害関係者を脅かす可能性があるため、連鎖分析のデータによると、ビットコイン大型保有者は、逮捕されるようなことをすることは、めったにありません。 「大型ビットコイン保有者は、余りに偉大で、ある意味神秘的ですが、多くの人々が信じているよりビットコインの市場価格に影響を与えていません」と同社の調査では述べています。

1ビットコインは、現在6,515ドルで取引されており、これは今年に入って53%下落しており、過去最高値から比べると、65%以下の値段になっています。

BITPOINT

関連記事

  1. ベネズエラ最大の小売チェーン:1,000ビットコインのトランザク…
  2. この仮想通貨はビットコインに対して140%以上上昇しており、まだ…
  3. ビリオネアのTim Draper氏は、現金と仮想通貨に関して今後…
  4. 仮想通貨アナリスト:ビットコインの下降トレンドが本格化
  5. 仮想通貨購入者の後悔?仮想通貨の訴訟は、2017年以来、3倍へ
  6. ビットコインの値段が6,000ドルに向けて上昇を続けるにつれ、ア…
  7. もしビットコインが金に置き換わるならば、各国はいくらビットコイン…
  8. 中国はビットコインのマイニングを禁止したい

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

強気相場はそのまま:長期的なビットコイン値段インジケーターは、ロングを維持

皆さんがご存知のように、ビットコイン(BTC)は過去数か月にわたって下落しており、実際に14…

ビットコインとブロックチェーンは、今や大きな2020年米国大統領選挙議題となっている。

ビットコイン、暗号通貨、およびブロックチェーンの認識は、ビットコインの壮大な2017年の強気…

わずか732,000ビットコインアドレスが、1ビットコイン以上を保有

少なくとも1ビットコイン以上を保有するアドレスは、現在732,000以上あります。 一方、上…

ビットコインは、2019年に入り既にNASDAQ、S&P 500、そして金より優れたパフォーマンスを出している

ビットコイン(BTC)は、2019年に好調なスタートを切っていると言っても過言ではありません…

ビットコインは、近々強気相場を支持する大きな動きを見せるかもしれません

昨日の下落圧力に直面した後、ビットコイン(BTC)は上昇の勢いを取り戻し、9,300ドルまで…

今週のトピック

ダウンタウンの松本人志でさえビットコインを買っているという事実

サムライクリプトカレッジの会員様の中で実に4割の方が「ビットコインを知っているが買ったことがない」と…

人気記事

  1. Googleのデータによると、ビットコインの値上がり後、人々はビットコインのみを欲しがる
  2. ビットコインの値段が6,000ドルに向けて上昇を続けるにつれ、アルトコインも上昇を再開
  3. CNBCトレーダー:Lightningネットワークがビットコインの復活を推進
  4. 調査:10年以上の投資として、ビットコインまたはその他の仮想通貨資産を好むアメリカ国民は、わずか4パーセント
  5. もし、Peter Schiff氏のアドバイスに従っていれば、ビットコインで44,400%の利益を逃しました
PAGE TOP