仮想通貨考察

ビットコインが、どのように開発者であるNakamoto Satoshi氏の本来の目的を達成するのに失敗したのか?

革新的な通貨ソリューションとして2009年に始まったビットコインは、日々、より多くの資本を集めるホットな資産クラスになっただけです。

Bitcoinは、匿名でピアツーピアで機能し、いわゆる信頼できる第三者機関を排除する代替支払いシステムとして誕生しました。

しかしながら、10年後、モルガン・スタンレーの研究者によると、Nakamoto Satoshiという仮名の個人または、複数の人々によって開発されたビットコイン,、BTCUSD(+ 0.12%),は、ただの解決策でした。

ビットコインの「高速モーフィング・テーゼ」と題した65ページのレポートの中で、米国の大手銀行は、「世界最大の仮想通貨であるビットコインが、仮想通貨としてではなく、新しい機関投資クラスとして分類されるようになりました。また、初期の仮想通貨開発者の意図と同じように、支払いシステムを変えてしまいました」と発言しました。

参考記事: Bitcoin is 10 years old: Here’s what to expect in the cryptocurrency’s second decade

スケーラビリティやセキュリティなどのテクノロジーへの逆風は、安定した決済システムとして機能する事を妨げています。 言い換えれば、ビットコインや、その他仮想通貨は広く受け入れられておらず、多くの人々は、そのような仮想通貨資産の周辺のデジタル装置が、保有している仮想通貨を守ることができないことを懸念しています。

「 完全に信頼できないシステムを運用するにはコストが高いため、初期のプレーヤーはバルカンイズのシステムを信頼できるブロックチェーン/分散型元帳にすることになっています。」と同銀行は伝え、「米国の電子商取引商人には、ほとんど受け入れられていません。」と付け加えました。

参考記事: A team at Northwestern think they have solved one of bitcoin’s biggest problems

さらに、Morgan Stanley MS(+ 0.50%)は、仮想通貨基金への資産分散の急増は、投資家が仮想通貨関連の技術は、投資の利益を得る大きなチャンスであると捉えている証拠であり、実際に、2016年1月以降の管理されている仮想通貨基金資産は69億ドル増加しています。

参考記事: The round numbers that show just how far bitcoin has come in 10 years

さらに、モルガン・スタンレーによると、10年の歳月をかけた実験により、ビットコインの本来の目的を達成することが無くなってしまったように思え、決済システムを改善する事ではなく、どの様に資金を調達するかという目的へと変わってしまったようだと疑問を呈しています。

モルガン・スタンレーのアナリストによると、ビットコインのスタート時より残っている正式な規制構造の欠如問題も、障害として挙げています。

「私たちは、クライアントの会話の中で、仮想通貨に大きな投資をする事を躊躇させている3つの主要な障害がある事に気づきました。1つは、規制不足が理由で、資産管理者は評判を得るためのリスクを取りません。2つ目は、 仮想通貨と秘密鍵を安全に保管するための管理策がありません。3つ目は 現在、仮想通貨に投資する大規模な金融機関や資産運用マネージャーが不足しています。」

参考記事: This is where cryptocurrencies are actually making a difference in the world

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインが再び40,000ドルを超える事はないかもしれない、…
  2. 億万長者FOMO:調査によると、2022年までに73%がビットコ…
  3. 中国のモバイル決済は「何故ビットコインが成功するかの理由」を示し…
  4. 市場アナリストのJim Wyckoff氏によると、より大きなビッ…
  5. 刺激的な話が再開するにつれて、ビットコインは$ 11.5K近くへ…
  6. ロシアの経済学者は、ロシアが86億ドル分のビットコインを購入した…
  7. ビットコインのライトニングネットワークを利用した仮想通貨ATMの…
  8. ビットコインは、その存在後の94%以上で利益を出している

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ニュージーランド政府が仮想通貨のトレードプラットフォームに投資。CEOが、Bitcoinは600,000ドルの価値があると発言

仮想通貨のセービング会社ヴィンバが、ニュージーランド政府から$ 330,000を調達20…

取引所の仮想通貨は、2020年の強気のビットコインを上回っている。

ビットコインは2020年に良好な状態で始まり、わずか1か月で35%以上の値段上昇を記録しまし…

刺激的な話が再開するにつれて、ビットコインは$ 11.5K近くへ

CoinDeskによると、ビットコインは週末にかけて値段の上昇傾向を続け、11,500ドル近…

億万長者Novogratz氏:アルトコインは2017年強気市場の様に急上昇しない、ビットコインは市場を独占

2018年を通して続いた、仮想通貨の弱気市場に耐えた後、仮想通貨の値段は、ついに回復し始めた…

ビットコイン下落で、今購入すべきでない3つの簡単な理由

ビットコインの最近の1万ドル未満への下落により、すでに破壊された仮想通貨コミュニティは、異な…

今週のトピック

仮想通貨を生み出すマイニング(採掘)とは何なのか?

仮想通貨業界で、頻繁に聞く言葉の中に「マイニング」があります。マイニングとは直訳すると採掘と…

人気記事

  1. JUSTIN SUN氏によると、2019年ビットコインは、$3000~$5000で値段が変動する
  2. ブロックチェーンウォレット(Block Chain Wallet)の作成方法
  3. 「30日間の無料仮想通貨レッスン」付きメールマガジン登録はこちらから
  4. イーサリアムが、堅実なビットコインの第2の選択肢である事を証明
  5. 家計収入が爆発するにつれ、予想される米国市場のクラッシュ、Millennials(2000年代生まれの若い世代)はBitcoinに群がるのだろうか?
PAGE TOP