仮想通貨考察

ミレニアル世代は、ビットコインとアンドリュー・ヤン氏を退職プランとして宣伝


「 Universal Basic Income-toting Andrew Yang is promising millennials a better future if they vote for him. | Source: Chip Somodevilla / Getty Images / AFP」

ミレニアル世代は、他のどの世代よりも、悲惨な退職金の見通しに直面しています。

最近のレポートによると、1981年から1996年の間に生まれた人は、団塊世代やX世代などの他の世代と比べて、多くの経済的不利益に直面しています。

結果的に、彼らは退職する今から約30年後に、深刻的なリタイア後の財務問題に、立ち向かう事になります。

しかし、これはソーシャルメディアユーザーがハッシュタグ#millennialretirementplansの下で、ミレニアル世代をからかうことを止めませんでした。 Twitterで投稿された退職プランは、奇妙で陽気な物から深刻な物まで多岐にわたりました。

よく知られているミレニアル世代の好奇心の為に、これがどのように(それほど有益ではないが)退職プランに変わるかについてのアイデアを欠く事はありませんでした。

@シリコンバレー ミレニアル世代の新しいマスター

ミレニアル世代は、情報技術が爆発的に成長した時代に大人になった事を考えると、一部の人は、今日のシリコンバレーの巨人の背に乗ろうと計画しています(しかしながら、彼らの退職時期が来た際に、それらの巨大企業がまだ存在するかどうかは不明です。また、それらがどのような形で存在しているのかも分かりません。)

彼らの貧しい経済状態と将来の見通しの中で、ギグ経済は非難のかなりの部分を受けました。 これは、仕事が低賃金の状況であり、退職プログラムへの自動登録がほとんど、または全くない事が原因です。 一部のミレニアル世代は、ある技術プラットフォームで、おそらく奴隷状態で死ぬだろうと、驚くほど早く指摘しました。

他の人にとっては、彼らのリタイヤ計画は、両親の死を待つ事です。

経済不平等が拡大している事により、米国大統領候補者は、あらゆる人々に普遍的なベーシックインカムを提供するなど、ギャップを埋める為の様々なソリューションを提案しています。 ミレニアル世代の一部が、ビットコインを支持する大統領候補であるアンドリュー・ヤン氏を彼らの将来を救ってくれる頼りにしているのは、驚く事ではありません。

将来の救済にビットコイン!


「Facing deteriorating finances and a grim economic future, some millenials are latching on to the idea that bitcoin is their saving grace. | Source: Shutterstock」

それでも、他の人は全ての希望をビットコインに置いています。 これは、ミレニアル世代が他の世代と比べて仮想通貨に関して親和性が高い事を考えれば、決して大げさな事ではありません。 しかし、私は異なった考えを持っています。

冗談は別として、ミレニアル世代は、X世代や団塊世代と比べて悪い手が配られていることを認める事により、問題の深刻さを認識した人もいました。 幸いなことに、彼らはより良い健康を享受している為、生産的な市民としてより長い年月を楽しむ事を期待されています。 これは、他の世代と比較して、退職の為に比較的多くの時間を節約できることを意味します。

BITPOINT

関連記事

  1. Binanceでの上場廃止により、ビットコインSVから資本が流出…
  2. 仮想通貨トレーダーが、ビットコインクジラのラリーが持続不可能であ…
  3. 統計によると、トレーダーはビットコインが3月はほぼマイナスであっ…
  4. ビットコインが200万円⇒100万円まで大暴落。でもそんなに騒ぐ…
  5. アルゼンチンの中央銀行がインフレを防ぐ能力がない為、人々はビット…
  6. ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?
  7. 60%の確率で、今後3週間以内にビットコインが 10,000ドル…
  8. ビットコインは、別の主要なマイルストーンを超えてからわずか数週間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨のICO案件の利益確定の考え方

仮想通貨という言葉がかなり認知されるようになり、実際にICO投資をされる方も増えてきたのではないでし…

調査:10年以上の投資として、ビットコインまたはその他の仮想通貨資産を好むアメリカ国民は、わずか4パーセント

金融サービス会社であるBankRateが作成した調査によると、ビットコインと仮想通貨は、米国…

ドイツ第2位の証券取引所が、ビットコインのスポット取引を開始

ドイツ第2位の証券取引所であるBoerse Stuttgartは、規制されたデジタル資産の取…

レポート:ビットコイン詐欺師は、2020年だけで2400万ドル分を引き出し

報道によると、詐欺師と泥棒は、2020年の最初の6か月間で、ビットコインで約2,400万ドル…

ビットコインデイリー:元SEC会長が新しいビットコイン規制について警告。 タイ中央銀行が2022年にCBDC(中央政府発行のデジタル通貨)を主軸とする

CoinDeskの報告によると、元SEC会長のJay Clayton氏は、ビットコインに対す…

今週のトピック

Jim Rogers氏はビットコインを購入しなかった事を後悔しているが、政府が暗号通貨を非合法化する可能性があると警告

億万長者の投資家George Soros氏とクォンタム・ファンドを共同設立した有名な投資家で…

人気記事

  1. ビットコインの上昇が鈍化する間に、アルトコインが急上昇
  2. マウントゴックス取引所の顧客は、最終的に失ったビットコインの一部を取り戻す事ができるかもしれません
  3. もし歴史が繰り返されるならば、ビットコインは5月までに14,000ドルを超える
  4. ビットコインの強盗が、700万ドル相当のBTCを送金し現金化
  5. 1月28日トップ仮想通貨の値段状況:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ
PAGE TOP