仮想通貨考察

マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるかに価値がある

現在仮想通貨市場では、市場ウェブサイトで追跡された仮想通貨は2,121種類あり、実際の評価額は約1,400億ドルです。 2019年第1四半期末の統計によると、マイニング可能な仮想通貨は、今日の市場で最も価値のある仮想通貨であり、マイニング可能な上位8つのコインで仮想通貨全体の68%を占めています。

マイニング可能な仮想通貨が市場の70%近くを独占

最近では多くの仮想通貨がありますが、ごくわずかの仮想通貨しか、重要な法定通貨の価値や大規模なサポーターのコミュニティを持っていません。 現在、トップ10の時価総額の仮想通貨中には、マイニング可能な仮想通貨が4つしかありません。 それ以外の通貨は、リップルのXRP、ステラのXLM、さまざまなICOコイン、およびいくつかの証明(PoS)メカニズムを利用したものです。 マイニングできるトップ10の4つの仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、およびビットコインキャッシュ)の合計時価総額は、約917億ドルです。 これらのコインは、仮想通貨エコシステム全体の純資産の約65.5パーセントを占めます。 トップ10のマイニングが不可能な仮想通貨の総資産は、合計で約240億ドルの価値があり、これはエコシステム全体の17パーセントに相当します。


「Top 10 market cap with the top four mineable coins highlighted.」

さらに、トップ20の仮想通貨時価総額の中では、マイニング可能な仮想通貨は8つしかありません。 ビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、ビットコインキャッシュに加えて、ビットコインSV、XMR,ダッシュ、そしてイーサリアムクラッシックがあります。 これらのマイニング可能な仮想通貨は、33.2億ドル、つまりエコシステム全体の市場総額の2.2パーセントに相当します。 8つマイニング可能な仮想通貨では、約67.7パーセントの優位性を獲得しており、2,100以上の他の仮想通貨よりもはるかに価値があります。 マイニング可能なトップコインは、全て標準のGPUおよびASICマシンを利用して誰でもマイニングすることが可能です。 XMRやイーサリアムのような仮想通貨には、何らかのASIC耐性を信じているコミュニティメンバーがおり、LTCが最初に発売されたときはASIC耐性であると考えられていましたが、その目標はすぐに失敗であることが分かりました。

いくつかの仮想通貨ネットワークにまたがって、特定のマイニングプールがゲームにスキンを持っている

興味深い事実の1つは、トップ10にある4つのマイニング可能なコインのすべてが、同じマイニングプールでコインを処理していることです。 ビットコインとビットコインキャッシュはどちらも、BTC.com、Antpool、Bitcoin.com、Viabtcなどの組織を含む両方のネットワークでコインを処理するマイニングプールが非常に多く重複しています。 同様に、ライトコインネットワークは、F2pool、Antpool、Poolin、Viabtcなどのプールを持つビットコインネットワークと、ビットコインキャッシュネットワークの両方とある程度重複しています。


「BTC and BCH mining pools have a big overlap of miners processing both chains.」

さらに、これら3つのネットワーク全てで、織り込まれた一連のマイニングプールが各ネットワークで優勢なハッシュレートを共有しています。 一方、イーサリアムは、著名なF2poolがイーサリアムのハッシュパワーの大部分をキャプチャしていることを除けば、重複するプールは、ほとんどありません。 今年の第1四半期末には、ビットコインとビットコインキャッシュの両方に、かなりの量の知られていないマイナーがいます。 現在、ビットコインキャッシュを処理している、知られていないマイナーは、ネットワークハッシュレートのおよそ19.4%をキャプチャしています。 一方、ビットコインキャッシュチェーンの正体不明のマイナーは、現在のハッシュレートの約23.9%を占めています。


「ETH and LTC have a lot less overlap except for F2pool.」

最近では多種多様な仮想通貨があり、その多くのチームは、マイニング可能な仮想通貨に関して、資源を「無駄にする」と批判しています。 これは、作業証明合意アルゴリズムを捨てている特定の事前にマイニングされたコインにとって大きな話題ですが、データでは、明らかにマイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なトークン化された仮想通貨よりも、3分の2近い価値がある事を示しています。 また、我々は世界のトップマイニングプールのかなりの部分が、ハッシュレートを多様化している事を見ることができ、これはマイニング可能な仮想通貨に対する信頼を示しています。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?
  2. S&P 500の先物売りが続くにつれて、ビットコインは5,000…
  3. 強気相場が新しい上昇トレンドをスパークさせようとするにつれて、ビ…
  4. 人気トレーダーによると、ビットコインは2020年5月にブレイクア…
  5. 3つの仮想通貨がビットコインに対して上昇しています。 一つはBi…
  6. 何が死のスパイラルなのでしょうか?Bitcoinのハッシュレート…
  7. ビットコインの大物であるMike Novogratz氏が、パンデ…
  8. ビットコインが8,300ドルに上昇した後、アナリストが強気である…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

Fedが月末までにQE4を開始すると、ビットコインは急上昇する可能性がある

現在、世界経済はやや困窮しています。 マーカーは不安定なパフォーマンスを示していますが、一方…

Blockchairの「Privacy-o-Meter」を利用して、仮想通貨トランザクションのプライバシースコアを視覚化

6月24日、ブロックエクスプローラー兼、ブロックチェーンデータプラットフォームであるBloc…

暗号通貨取引所のKucoinはハッキングで盗まれた2億8000万ドル資金の内の84%分を回収

Kucoinの最高経営責任者であるJohnny Lyu氏は水曜日に、9月に暗号通貨業界で最大…

ビットコインクジラが、ビットコインで約2500万ドル分をBinanceからGeminiへ転送

仮想通貨空間で主要なプレーヤーであるビットコインクジラは、3,000 BTCをBinance…

年間最低水準へ促した11月の水準迄戻り、ビットコインとイーサリアムは分岐点

Top2の仮想通貨の話をすると、ビットコインは現在3,921ドルでほぼ変化がない状況で、実際…

今週のトピック

機関投資家は、一般投資家より、ビットコインに対して強気

個人投資家は、ビットコインの将来についてのバラエティーに富んだ予測を受けやすいという一般的な…

人気記事

  1. Novogratz氏:グローバルな「流動性ポンプ」がビットコインの値段上昇を維持し、値段は今年2万ドルに達する
  2. 取引所の仮想通貨は、2020年の強気のビットコインを上回っている。
  3. CNBCの「マッドマネー」のホストが、何故彼がビットコインに投資したかの理由を説明
  4. 市場サイクルの心理学:ビットコイン投資家は否定的になっているのだろうか?
  5. コインチェックの口座開設方法からビットコイン購入までの流れ
PAGE TOP