マイニング

仮想通貨を生み出すマイニング(採掘)とは何なのか?

仮想通貨業界で、頻繁に聞く言葉の中に「マイニング」があります。

マイニングとは直訳すると採掘という意味です。

マイニング=取引の記録(承認)をする作業

ビットコインは毎日世界中であらゆる人同士が取引をしています。

当然、この時に、誰から誰にビットコインが送られたのか?ということを第三者が記録する必要があります。

例えば、今の世の中の法定通貨の仕組みでいうと、この第三者は銀行になります。しかし、ビットコインには銀行のように中央集権的に管理する機関がありません。そのため、ビットコイン開発者のナカモトサトシは「そうだ!だったら常に有志で記録してくれる人には手数料としてビットコインを報酬として受け取れるようにしよう!」と決めたのです。

このビットコインの取引に関する記録をする人を、マイナーと呼び、マイナーは取引承認作業をする事によって、未発行の仮想通貨を報酬として得る事ができるのです。

仮想通貨は、中央管理をする機関を必要とせず、信頼できるものとして流通させるには、正確な記録を、不正がない状態できちんと保存する必要あります。従って、仮想通貨は、一定期間毎に全ての取引記録を取引台帳に追記する事で、整合性を管理しています。つまり、マイニングとは、仮想通貨の整合性を管理する一役を担い、マイナーはその承認作業の報酬として未発行の仮想通貨を得るという事なのです。

動画で理解しよう!


マイニングは個人のパソコンでもできる!しかし・・・

マイニングの方法には一人で掘る「ソロマイニング」と複数人で掘る「プールマイニング」があります。ビットコイン取引が開始した当初は主にCPUによる取引が行われていましたが、ビットコインの価格が高騰するとより高速の処理のためにGPUによる計算処理に移行していきました。さらにASICというビットコインマイニング専用チップを搭載するハードウェアも現れマイニング業界の競争は激化しています。マイニングの速さは1秒間で処理されたハッシュ数(H/s)によって測定されますが、GPUで約600MHH/s、ASICでは1GH/s(1GH=1000MH)が可能になりました。

「じゃあ私でもできるんじゃないか!」と思うかもしれませんが、残念ながら個人での参入は現在ではほぼ不可能です。

というのも、現在は、ビットコインのdifficulty(採掘難易度)が非常に高くなっており、個人での参加は初期投資が高額になり、機器のセッティングやメンテナンスの知識、また機器自体の世代交代と言ったリスクが伴います。ソロマイニングは採掘に成功する確率が低く、効率が悪くなるので現実的とは言えません。

そのため、個人が現実的にマイニングビジネスに参入するのであれば、プールマイニングを行っている企業が提供しているクラウドマイニングサービスに投資することが最も効率よく管理も楽です。マイニング機器自体の世代交代もクラウドマイニング運営会社が大規模で順次交換していくので常に最新の機器でマイニングできることもメリットです。

BITPOINT

関連記事

  1. 仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。
  2. 一切お金を掛けずに億万長者も夢じゃない!?仮想通貨のエアドロップ…
  3. ビットフライヤーの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金…
  4. 台湾No.1取引所「BitoPro」の口座開設方法・入金方法・出…
  5. 日本人に人気の海外取引所をまとめてみた
  6. 仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォー…
  7. 仮想通貨の保管はどこですべき?―ハードウェアウォレットについて
  8. DMMビットコインの口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出…

コメント

  1. アバター
    • 山中啓介
    • 2018年 1月 24日

    マイニングの機器自体はどこでも買えるのでしょうか?

    • アバター
      • ビクトリオ佐々木
      • 2018年 1月 24日

      はい、誰でもどこからでも買えます。
      世界で最も有名なGPU(マイニング機器)販売会社は中国のビットメイン(https://www.bitmain.com/about)という会社です。
      また、ヤフオクなんかでも時々販売されたりもしています。是非調べてみてください。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構築

Squire Mining Ltd.はSamsungをBitcoinマイニング用であるASICチップ…

ビットコインの下落傾向は、弱気市場がうなり声をあげるにつれて2019年を通して続く可能性があります。 理由は、これらです。

長期間にわたる下向きの圧力に直面した後、ビットコインの強気はついに売り圧力に屈し、ビットコイ…

ベネズエラ最大の小売チェーン:1,000ビットコインのトランザクションと現在成長中

ビットコインの採用は、ラテンアメリカでどの程度浸透していくのでしょうか? ベネズエラ最大の小…

ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?

2009年にナカモト・サトシという匿名の人物がビットコインを支える技術としてブロックチェーンを論文で…

ビットコインからブレグジットまで:投資家が2019年に注意すべきこと

2018年には、米連邦準備制度理事会(FRB)がそのバランスシートを厳しくするという決定をし…

今週のトピック

科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価値の保存場所として置き換わるのか?

査読付きの科学誌に掲載された新しい論文によると、中国の研究者は、貴金属の今後の展望に大きな影…

人気記事

  1. 「30日間の無料仮想通貨レッスン」付きメールマガジン登録はこちらから
  2. ビットコインとブロックチェーンは、今や大きな2020年米国大統領選挙議題となっている。
  3. ビリオネアのTim Draper氏は、現金と仮想通貨に関して今後5年間の大胆な予測
  4. Googleのデータによると、ビットコインの値上がり後、人々はビットコインのみを欲しがる
  5. 東南アジアでは、AlchemyのPoSシステムを通してビットコインキャッシュの受け入れが拡大
PAGE TOP