仮想通貨考察

経済変化の境界を押し進める:アフリカでは、Bitcoinは交換の媒体として機能

Bitcoinはアフリカの経済変化の境界を押し進めています。 東アフリカでは、仮想通貨交換所のBitpesaと日本の企業との新たな契約により、ケニア人は中古の日本車、化粧品、電気機器をビットコインを利用して購入しています。 ナイジェリアでは、Sure Remitが現金の送金を安くし、ジンバブエではテレビの定期購読、大学授業料、中古車の輸入に利用されています。

Bitcoinはアフリカのキャッシュ中毒の治療法

Elisha Owusu Akyamが今年初めにBitcoin(BTC)を使ってMacbook Proのラップトップを買ったとき、彼は長年の欲望を果たしただけではなく、現金に夢中になっていたアフリカ大陸で変化の声明を出しました。

ガーナのAccra出身の17歳の仮想通貨投資家は、「ビットコインで支払いを行うことは、既存の方法よりも簡単です」とnews.Bitcoin.comに語りました。

「アフリカ大陸への金融の障壁は存在します。 しかし、Bitcoinはこれらの障壁を解消しました」と、新興企業がマーケティングサービスを通じてトークンセールスを数百万ドル引き上げるのを手助けした、スタートアップのトークンメディアの創設者兼最高経営責任者(CEO)Owusu Akyamは発言しています。

「たとえば、私が購入した物は、ビットコインなしでは、1回の支払いではできなかったでしょう。 ビットコインでなければ、私は数日間、分割して支払いをしなければならなかったでしょう。 これは、時間とコストの浪費です。」と彼は発言しました。

アフリカはモバイルマネー決済の発祥地であると宣伝されていますが、携帯は、ケニアやジンバブエなど数カ国でのみで広く利用されており、そこでは約30億人の人が携帯を利用して、商品やサービスを購入しています。 しかし、その他ほとんどの国では、まだまだ現金が王様の状態です。

しかし、ビットコインやその他の仮想通貨は、決済の手段としてだけでなく、送金や価値を維持するものとしても注目され始めています。

ガーナは、現在、経済が仮想通貨によって再構成されているアフリカの中にあるいくつかの国の中の1つです。Elisha Owusu Akyam氏によると、「 西アフリカの国では、仮想通貨市場は依然として非常に小さいです。理由は、規制の問題が市場の未来に影を落としている為です。しかし、最近は多くの発展が見られます。」との事です。

採用、規制、詐欺

一部の中小企業は、ビットコインでの支払いを受け入れ始めているとOwusu Akyam氏は述べています。仮想通貨取引は盛んになっており、約15の取引所を利用して、ガーナ人は仮想通貨の取引をすることができます。

携帯電話の通話時間やデータを購入するなどの基本的なサービスは、ビットコインを使用して購入することもできます。これだけではあまり意味がありませんが、2016年のある時点では、Googleでのビットコイン検索の数は、ガーナが一番高い状況でした。

Owusu Akyam氏は、Emailの中で「この認識は、仮想通貨が詐欺やスキャムであると多くの人が考えているので、ビットコインや他の仮想通貨の理解には到達しません。 そして規制周辺にも問題があります。」と説明しています。

規制について、最もわかりやすい例で行くと、ガーナ銀行が声明の中で、「 ビットコインの使用は、規制されていない活動であると一般市民に警告している」と述べています。「この規制されていない環境は、数多くの詐欺や偽造された投資スキームの普及をもたらし、ガーナ全体で仮想通貨市場のイメージを傷つけています。」

ケニア人はBitcoinを利用して美容製品を輸入

ケニアでは、現地の仮想通貨取引所プラットフォームであるBitpesaと日本の企業SBI Remitとの間で新しい契約が締結されました。これにより、ケニア人は、海外からの美容製品などを含む多くの商品の代金の支払いなどにビットコインを利用して行う事が出来るため、為替などをより低コストで速く支払いする事が可能になりました。

Bitpesaの共同設立者兼最高経営責任者(CTO)のエリザベス・ロシエッロ氏によると、支払いには日本の中古自動車(アフリカでは数百万ドル規模の産業)と電気器具が含まれています。 海外での購入を予定しているケニア人はBitbitaのケニア銀行口座に現地のShillingsを預金しています。その後、ビットコインのブロックチェーン上でSBI預金口座への支払いが促進され、最終的に日本での最終支払いが完了します。

すべての手続きは、通常の銀行業務の方法で支払いが行われた場合に約2週間かかり、さらに総額の約7%の手数料がかかるのに対し、ビットコインでの支払いは、手数料が半額で数時間で完了します。

「もし、仮想通貨を利用する事または法定通貨を利用する事を和解させる事が理にかなっていれば、そうします。 そして、この場合、SBIは我々と同じように感じているようで、私たちの間では、仮想通貨や法定通貨を両方を利用することに対してオープンにしています」とロッシェロは発言しました。

Bitpesaは、他のアフリカの8か国にも新しくサービスを開始予定です。8か国の国は、コンゴ民主共和国、ガーナ、ケニア、モロッコ、ナイジェリア、セネガル、タンザニア、ウガンダです。

 価値の維持 

ナイジェリアでは、Sure Remitがスタートアップの後にビットコインでお金を送る人をサポートしています。このスタートアップは、今年初めに7億のICOを実施しましたが、わずか数日で資金調達を達成しました。 送金業務は、ビートコインが牽引されており、南アフリカからナイジェリア、ケニア、アンゴラに至るまで利用され、これは、アフリカ全土の共通の特徴です。

世界銀行によると、送金を行うディアスポラのアフリカ人の数は増え続けていますが、世界の送金市場は6,200億ドルのうちわずか6.4%にすぎません。アフリカの送金市場は、今後ここから増えていくと思われます。 世界銀行は、今年の成長率が約7%になり、400億ドルを超えると予測しています。

ジンバブエでは、ビットコインがテレビの定期購入や宿泊レンタル料の支払いに利用されています。 しかし、とりわけ、Owusu Akyamのガーナを含む多くのアフリカでは、ビットコインは、通貨切り下げ、インフレの上昇、政策の不確実性に対する価値を保存する物として評価されています。

「ビットコインの主な用途は、価値の保存や、投資目的です。 Bitcoinは、ガーナのセディが米ドルに対して価値を下げているため、ガーナ人をインフレから守っている」と語りました。また、Owusu Akyam氏は、多くの点で、アフリカの青少年におけるビットコインと仮想通貨の起業家精神の顔を表しています。

BITPOINT

関連記事

  1. 中国の大手銀行が中央銀行のデジタル通貨ウォレットを発表
  2. 銀行の巨人であるシティグループが、ビットコイン先物取引を機関投資…
  3. $ 1,200上昇:ビットコインの値段が$ 8,000以上に急上…
  4. 銀行アプリのRevolutが突然Cardano、Uniswap、…
  5. 連邦準備制度議長は、ビットコインが金の最大の競争相手であると発言…
  6. 暗号通貨デリバティブが急上増、ビットコイン先物の建玉が96億ドル…
  7. 元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示して…
  8. カルダノ投資家は、ビットコインが下落する中ADAを売却。ADAは…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

暗号通貨取引所のバイナンスは、ユーロ、英ポンド、オーストラリアドルペアの証拠金取引を除外

グローバル暗号通貨取引所のBinanceは、オーストラリアドル(AUD)、英ポンド(GBP)…

ビットコインが、どのように開発者であるNakamoto Satoshi氏の本来の目的を達成するのに失敗したのか?

革新的な通貨ソリューションとして2009年に始まったビットコインは、日々、より多くの資本を集めるホッ…

水曜日に暗号通貨の値段が下落した為、ビットコインマイナーの株が急落

水曜日に、ビットコインマイニング会社の株式は暴落しました。最も著名な暗号通貨であるビットコイ…

レポート:ビットコイン取引手数料が2014年レベルまで下落

2月11日にcrypto and blockchainのリサーチ会社Diarが発表した新しい…

ビットコインにさようなら? 何故アルトコインが底値を打ったかの理由

2019年を通して、ビットコインはほとんど強気で、底値からピーク値まで350%も値段上昇しま…

今週のトピック

リップル社は、マネーグラムの株式の33%を売却している

Ripple Labs Inc.は、マネーグラム社の保有株式の内の400万株、つまり同社の総…

人気記事

  1. テクニカル指標はビットコイン(BTC)が値段上昇準備ができていることを示す、しかしそれは、いつになるのだろうか?
  2. マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるかに価値がある
  3. Googleのデータによると、ビットコインの値上がり後、人々はビットコインのみを欲しがる
  4. 日本人に人気の海外取引所をまとめてみた
  5. 仮想通貨投資で稼ぐための3つの方法
PAGE TOP