初心者向け

日本人に人気の海外取引所をまとめてみた

今回は、初心者向けのお勧め海外仮想通貨取引所についてお伝えしようと思います。

何故、海外取引所の口座を持つべきなのか?

既に、皆さんはビットフライヤーなどの日本国内の仮想通貨取引所の口座開設はされているかと思います。

しかし、コインチェックのNEM流出問題からもわかるように取引所が破綻する可能性もありますので、1か所だけを利用するのではなく、リスク分散を考え、いくつか取引所を開設して口座を保有する事が大切になります。

また日本の取引所では変える仮想通貨の数も限られています。日本の取引所の取り扱い仮想通貨数は多いところでも10種類程度ですよね。実は海外ではその10倍以上の数の仮想通貨の売買を行うことができますので、トレードの幅がかなり広がります。

海外取引所開設メリット

1.日本の取引所で取り扱いのない仮想通貨の取引が可能
日本で取り扱いが多いCoincheckでも、取扱通貨数は、約15種類。一方で、海外の取引所では70種類以上~200種類ほどと全く量が異なります。この点が、一番魅力ですね。

2.取引手数料が安い
日本の取引所のメリットは、日本円で入出金ができる点ですが、正直手数料が高いです。ビットコインの売買でもビックリするくらい手数料が高いと感じた事がある方も、多いのではないでしょうか?一方、海外の取引所では日本と違い、手数料が安いです。例えば、バイナンスを利用した通常手数料は0.1%です。しかし、もしバイナンス独自のクーポン(BNB)を利用すると、手数料が0.1%→0.05%へ下がります。このような手数料の安さは、日本の取引所では考えられないですね。

お勧め海外の取引所一覧

ここでは、いくつかのお勧め海外取引所をお伝えします。現在、登録会員数が多い理由等で一時的に口座開設できなくなっている取引所もありますが、口座開設ができるときに、全て開設してしまう方が良いかと思います。理由は単純で、多くの方が口座開設を始めると、今後口座開設ができなくなる可能性が十分あるからです。実際に、今後多くの人が仮想通貨に興味を持ち、口座開設を始めます。勿論、日本人が日本の仮想通貨取引所の口座開設ができないという状況になるとは思いませんが、海外の取引所の口座開設はできなくある可能性は十分にあり得ると考えています。

BINANCE(バイナンス)

■URL:https://www.binance.com
香港の取引所。2017年7月に設立。世界一取引高の大きい取引所。
約90種類の通貨を取り扱い。2017年に一時的に、日本語対応になっていたが、現在は日本語対応が無くなっている。余りにも顧客数が増えた為、新規顧客登録を停止している状態である。サイトに何度かアクセスして、口座開設ができるようであれば、直ぐに開設する事をお勧めします。

Bittrex(ビットレックス)

■URL:https://bittrex.com
アメリカ本社の取引所。世界で最も有名な取引所の1つである。
コインの取り扱い数は250種類以上あり、魅力的なアルトコインが数多く存在します。

OKEx(オーケーイーエックス)

■URL:https://www.okex.com/
Binance(バイナンス)、Huobi(フォビ)と並ぶ、中国の三大仮想通貨取引所の一つで、世界最大級の取引所です。OKExでは、日本では取り扱っていない様々なアルトコインのレバレッジ取引ができますので少額で大きく資金を膨らませたい方には向いているでしょう。

Poloniex(ポロ二エックス)

■URL:https://poloniex.com/
2014年に設立されたアメリカの取引所。取引量世界一の海外取引所。約70種類の通貨を取り扱っている。

BIT-Z(ビット・ジー)

■URL:https://www.bit-z.com/
最近急成長している取引所。ポストバイナンスとの呼び声も高い。取り扱い通貨数は約80種類。

BITOPRO(ビトプロ)

■URL:https://www.bitopro.com/
日本の隣国である台湾最大の仮想通貨取引所。2018年から世界展開をしていくためのICOも実施し、知名度を上げ始めている取引所の1つ。

まとめ

他にもお勧めの取引所はあるのですが、先ずは今日ご紹介した海外取引所は口座開設をしていて損はないと思います。

「まだ初心者だし、日本の取引所口座開設をしたから、海外の口座開設は未だ自分は必要ないかな?」と感じられた方もいるかと思います。
しかし、「今後、日本人は海外の取引所口座開設ができなくなる可能性」を考えて、本日紹介させて頂いた取引所は、最低1つくらいは今すぐに口座開設申請する事をお勧めします。

勿論、海外取引所に口座を開設して取引をすることにより、日本では購入できないアルトコインを入手できるメリットがあります。しかし、日本の取引所と違いリスクがある点も認識の上、購入した仮想通貨はハードウォレット等に移して管理する事も忘れないでください。

口座開設の方法は、グーグルで検索をすれば開設方法が出てきます。(検索例: ビットレックス 口座開設方法 など)

是非、それらを参考にしてください。

BITPOINT

関連記事

  1. 仮想通貨の保管はどこですべき?―ハードウェアウォレットについて
  2. DMMビットコインから外部ウォレットへの送金方法
  3. 仮想通貨ウォレット「HB Wallet」についてまとめてみた
  4. ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?
  5. コインチェックの口座開設方法からビットコイン購入までの流れ
  6. 仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォー…
  7. これから価格が上がる仮想通貨の銘柄発表(初級者編)
  8. 【極秘情報送信中】LINEのお友達に私を追加してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインは14,000ドル以上の値段維持に失敗

時価総額で最大の暗号通貨であるビットコインは、今週末、14,000ドルを超えた値段で維持する…

もし歴史が繰り返されるならば、ビットコイン(BTC)は5000ドル台後半の値段に後退するかもしれない

ビットコイン(BTC)にとって、何という1週間だったんでしょうか。過去72時間の間に、ビット…

貪欲な銀行は、かつてないほどに、ビットコインを輝かせています。

「Banks keep hiking their transaction fees and AT…

ビットコイン先駆者:次のビットコイン値段「ステージ」には、25万ドルの可能性がある

2013年に出版された「Bitcoin Explained Simply」の著者であるMar…

クイズ仮想通貨!これがわかったらあなたは相当ギークです。

今日はちょっと息抜きとお勉強。下記の図を見ていくつあなたは意味がわかるでしょうか?す…

今週のトピック

仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週がスタート

デジタル資産である仮想通貨の値段は、12月17日(月曜日)にわずかな改善を見せています。これ…

人気記事

  1. 連邦準備銀行(FRB)が経済への流動性のあるお金の注入を続ける中、ビットコインが注目される。
  2. ビットコインの値段は、半減期の後、70,000ドルに到達するだろうか?
  3. カナダの大手住宅ローン仲介会社が現在、ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュを受け入れるようになっています。
  4. 仮想通貨市場が赤信号になるにつれて、ビットコインキャッシュは輝いている
  5. サムソンは10NMのASICのBITCOINマイニングチップを構築
PAGE TOP