仮想通貨考察

貴方の死後、保有している仮想通貨はどうなるか?

仮想通貨が今後、どれくらい長く続くかは誰も分かりませんが、あなたの人生よりも長く存続する可能性が高い事を認識したほうが良いかもしれません。 あなたの死後にあなたが保有する仮想通貨資産を愛する人に引き継ぐことは、現金やその他の不動産を引き継ぐほど簡単ではありません。なぜなら、特に遺言書は、個人の秘密情報向けに設計されているわけではないためです。

秘密鍵は、仮想通貨のお財布から資金を移動するために一番大切なものである為、この情報を、貴方の遺言書に明記する事は、危険な考え方かも知れません。 不動産計画弁護士のゴードン・フィッシャー氏は、「個人的な情報を遺言書の中で意思表示する事は、絶対にお勧めしません。何故なら、 遺言書は、あなたの死後、裁判所での公的文書となり、誰もが簡単にアクセスが可能になる公開文書になる為です。」

秘密鍵は、変更不可能なパスワードであり、新しい仮想通貨ウォレットを作成するときに生成されます。 従って、この秘密鍵は、できるだけ安全な場所に保管してください。

遺言書は、公の記録にすぐに登録されないかもしれませんが、仮想通貨お財布の秘密鍵を、一般大衆に公開するようなことは、大変危険であり、賢明ではありません。 あなたの家族は、秘密鍵の重要性をすぐに認識することはできないかもしれません。家族がその重要性に気づく前に、あなたの大切な仮想通貨資産は、狡猾な詐欺師などに盗まれる可能性があります。 フィッシャー氏は、一方で信託は「一般的に私的書類」であると指摘しています。

従来の資産では、検察裁判所を通じて、それらを請求するための確立された手続きがありますが、現状、仮想通貨資産では手続きの流れが不確かです。 問題を複雑にしているのは、多くの仮想通貨取引所では、顧客が受益者の名前を各仮想通貨に付けることができないということです。 最大の仮想通貨取引プラットフォームであるCoinbaseは、相続人に、故人が残した仮想通貨資産を請求する負担をかけています。(従って、あなたの家族は、あなたがどの仮想通貨取引所を利用しているかを知っていれば良いです。) もう1つの主要な仮想通貨取引所である、Gemini,は、このストーリーに関してコメントすることを拒否しました。

もちろん、問題は仮想通貨の世界に限定される訳ではありません。最近、仮想通貨取引を開始した、株式取引の人気アプリであるRobinhoodは、基本的な受益者向けサポートを提供していません。 悲しいことに、結果として、相続人が仮想通貨の遺産引継ぎを受ける資格があることを証明することは、長引く法的悪夢になることがあります。

仮想通貨を暗号化して移動させるための完璧なソリューションはありません。 Bitcoinサブレディトでは、信頼できるアドバイザーと愛する人の間で秘密鍵の部分を分割するよう提案しています。 あなたが亡くなった後、彼らは一緒に秘密鍵を統合して、秘密鍵の関連付けられている仮想通貨ウォレットにアクセスすることができます。 (注意:あなたがまだ生きている間、秘密鍵を勝手に統合させないようにしてください!)

今まで、仮想通貨資産の相続計画を準備せずに亡くなり、その方が保有していたビットコインはどれくらいあり、どのくらいのビットコインが失われてしまったのかは、ミステリーです。 業界の専門家によると、様々な理由で230万〜3700万のビットコインが失われており、これらは現在のビットコイン価格に換算すると、150億〜240億ドルに相当します。

仮想通貨は、しばしば金銭的自給率のためのツールとして支持されていますが、ビットコインを騙し取るという課題は、お互いが生きている間、また死後も、どれだけ信頼出来る関係であるかという事が重要になります。 前もってビットコインの相続を計画しておけば、あなたはビットコインを有効に引き継ぐことができます。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインは、40,000ドルを少し下回った後に回復
  2. 何故ビットコインは、驚異的な64%にとどまるほど過小評価されてい…
  3. 東南アジアでは、AlchemyのPoSシステムを通してビットコイ…
  4. ビットコインの値段は、本当の底値を見る前に1,000ドル下落する…
  5. ビットコインは暴落するだろうか? 48,000ドルを下回らないと…
  6. Edward Snowden氏は、彼がビットコインについて正しか…
  7. 貪欲な銀行は、かつてないほどに、ビットコインを輝かせています。
  8. 共和党上院候補は、米国政府がビットコインを購入すべきであると発言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ビットコインは、世界で8番目に大きな銀行として報告される

LearnBondsによって収集されたデータによると、ビットコインは、世界で8番目に大きい銀…

ビットコインの週毎の15%の利益は、イーサリアムを急上昇させる可能性がある。:これが、その理由です

過去数日間にわたり、ビットコインやイーサリアムからドッジコインやメーカーに至る暗号資産が急上…

暗号通貨に対し、新しい規制政策に取り組んでいる中国の中央銀行

中国人民銀行の副総裁であるLi Bo氏は、4月18日に開始された2021年のボアオアジアフォ…

仮想通貨とビットコインだけではありません:2018年にはすべての主要な資産クラスで大幅な後退を経験

仮想通貨市場だけが大きな損失を出し、年が終わるまで一貫して下落を記録した金融資産ではありませ…

不吉なビットコインのシグナルが赤く点滅-この出来事が起こった前回は、ビットコインの値段が51%暴落

ブルームバーグは、ビットコインの弱気シグナルに関して、仮想通貨トレーダーに警告しています。…

今週のトピック

ビットコインが、どのように開発者であるNakamoto Satoshi氏の本来の目的を達成するのに失敗したのか?

革新的な通貨ソリューションとして2009年に始まったビットコインは、日々、より多くの資本を集めるホッ…

人気記事

  1. トップトレーダーは、ドージコインでのアイズラリーである、2つの大型アルトコインに「大いに賭けている」と発言
  2. ビットコインは5,000ドル未満まで崩壊する準備ができているのだろうか? 市場サイクルフラクタルは、そう想定しています。
  3. 元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示している。
  4. 重要な指標は、ビットコインを蓄積する時が来た事を示していますが、底値はまだ先です。
  5. バンクオブアメリカは、エルサルバドルでのビットコイン採用の主な利点を概説
PAGE TOP