仮想通貨考察

科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価値の保存場所として置き換わるのか?

査読付きの科学誌に掲載された新しい論文によると、中国の研究者は、貴金属の今後の展望に大きな影響を与え、ビットコインに輝く機会を与えるであろう画期的な発見をしました。

科学者たちは銅を金と「ほぼ同じ」物質に変える

SCMPによると、遼寧省の中国科学院の大連化学物理研究所の科学者チームは、安価で豊富な銅を金と「ほぼ同一」の物質に変える方法を開発し、 何百年もの間、果てしない富への入り口になるかもしれないと錬金術師が信じていた事を達成しました。

これは、National Enquirerの何かや、中世の旅行に関する物語の一部ではないかと主張しない人はいないでしょう。この研究は、査読付きの雑誌Science Advancesに掲載されています。また、この方法論は秘密の呪文ではなく、化学反応に基づいています。

疑似の金を作成するために、科学者たちは銅でできたターゲットに熱い荷電アルゴンガスのペイロードを撃ちました。 イオン化されたガス粒子はターゲットから銅原子を取り除き、これらの原子は収集装置に落下し、そこで冷却されて微細な砂の山になりました – それぞれの粒はわずか数ナノメートルのサイズです。

科学者は、その後、石炭をアルコールに変える化学反応の触媒としてそれらを使うことによって、銅粒子の特性をテストしました。 Sun氏と他の研究者らは、彼らの研究の中で、ナノ粒子が「金または銀のそれと非常に類似した触媒性能を達成した」ことを確認しました。そして、それは一般的な銅よりもはるかに優れた高温、酸化、そして浸食に耐えることができると説明しました。

ビットコインは、価値の保存場所として金に取って換わるのでしょうか?


「Bitcoin price (blue) vs. gold price (orange) over the past five years.」

この科学的発展は、金本位制の経済的ヘッジの手法がまもなくその人気を失う可能性があるかどうかという疑問を投げかけ、金の虫や他の株式市場は、他の資産に目を向けさせています。 これは今後bitcoinが、価値の保存場所としての主流になるチャンスになるのでしょうか?

支持者はしばしばイエローメタルである金の後継者としてのbitcoinの有用性を引用していますが、その答えは、少なくとも当面の間は、答えはノーのままです。

Sun氏と他の研究者たちは、少なくとも現在の時代では、その密度は一般の銅と同じままであるため、偽造の金貨や金の延べ棒を作るためにこのプロセスを実際に使用することはできないと説明しました。

それにもかかわらず、方法論が将来的に改善されてくると、投機目的で貴金属を購入する普通の個人投資家は、かなりの量が産業部門から出て偽造者によって再利用されるとすれば、この疑似金によって取り込まれる可能性があります。 これは貴金属投資における長年の問題を悪化させ、潜在的な価値の保存場所としての地金に対する消費者の信頼を弱める可能性があります。

さらに、この擬似金を意図した目的のために製造すること – 例えば、工業的用途など – でさえも、真のイエローメタルである金の価値に重大な影響を及ぼす可能性があります。 金の需要の大部分は投機的なものですが、この材料は電子デバイスの製造においても重要な役割を果たしています。これは、ビットコインが「デジタル金」であるという説に、仮想通貨懐疑論者が異議を唱える際にしばしば引用する事実でもあります。

心理的要素が投資家の信頼をさらに弱めて、金資産の下落を加速させる可能性が高いですが、少なくとも、工業生産における素材の代替は、金価格に同等の下方圧力をかけるべきです。

結果的に、将来の仮想通貨の採用と技術開発の向上に関連して、金需要に対するこのような他の新たな脅威は、長期的に見るとビットコインが単なるムーンショット購入ではなく、本当の価値の保存場所となることへの入り口となると言えます。

BITPOINT

関連記事

  1. コインチェック(Coincheck)が取引を再開しNEMの値段が…
  2. 仮想通貨とビットコインだけではありません:2018年にはすべての…
  3. フィンテック ユニコーン企業のStripeがBitcoinとの決…
  4. ビットコインは600ドル以上下落し、10,000ドル近くに値段を…
  5. 不吉なビットコインのシグナルが赤く点滅-この出来事が起こった前回…
  6. 弱気相場が増すにつれて、ビットコインは最近の利益を失う可能性があ…
  7. ビットコインの値段は、本当の底値を見る前に1,000ドル下落する…
  8. 9/24の値段分析:ビットコイン、イーサリアム、リップル、ビット…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

市場アナリストのJim Wyckoff氏によると、より大きなビットコインの値動きが予想されている

「Cover image via www.youtube.com」ビットコインの不安定な…

わずか732,000ビットコインアドレスが、1ビットコイン以上を保有

少なくとも1ビットコイン以上を保有するアドレスは、現在732,000以上あります。 一方、上…

仮想通貨はTOP20の1通貨を除いて、全て上昇傾向に見える。また、ビットコインも、$6700以上で安定的に推移

9月23日(日)に仮想通貨市場では、良い上昇トレンドの波となっています。 CoinMarketCap…

イギリスのクラウドマイニング会社のArgoは、ボタンをクリックするだけでビットコインマイニングができるサービスを提供

ロンドンに本拠地を置くクラウドマイニング会社のArgoは、急速に成長するプラットフォームを利…

ビットコインのライトニングネットワークを利用した仮想通貨ATMの支払いが、間もなく現実のものになる可能性がある

仮想通貨開発者であり、研究者でもあるFelix Weiss氏は、ビットコイン ATMを利用し…

今週のトピック

仮想通貨のトークンの種類をあなたはどこまでご存知?プラットフォーム別にトークンの特徴を比較してみた

今回は、仮想通貨のトークンについてお話ししたいと思います。そもそも、トークンって何?…

人気記事

  1. ビットコインが5000ドルを超えて急上昇、しかし強気市場はまだ来ていない
  2. ビットコインは、2019年に入り既にNASDAQ、S&P 500、そして金より優れたパフォーマンスを出している
  3. ミレニアル世代は、ビットコインとアンドリュー・ヤン氏を退職プランとして宣伝
  4. Binanceでの上場廃止により、ビットコインSVから資本が流出し、ビットコインキャッシュ(ABC)が15%急上昇
  5. 市場アナリストのJim Wyckoff氏によると、より大きなビットコインの値動きが予想されている
PAGE TOP