仮想通貨考察

科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価値の保存場所として置き換わるのか?

査読付きの科学誌に掲載された新しい論文によると、中国の研究者は、貴金属の今後の展望に大きな影響を与え、ビットコインに輝く機会を与えるであろう画期的な発見をしました。

科学者たちは銅を金と「ほぼ同じ」物質に変える

SCMPによると、遼寧省の中国科学院の大連化学物理研究所の科学者チームは、安価で豊富な銅を金と「ほぼ同一」の物質に変える方法を開発し、 何百年もの間、果てしない富への入り口になるかもしれないと錬金術師が信じていた事を達成しました。

これは、National Enquirerの何かや、中世の旅行に関する物語の一部ではないかと主張しない人はいないでしょう。この研究は、査読付きの雑誌Science Advancesに掲載されています。また、この方法論は秘密の呪文ではなく、化学反応に基づいています。

疑似の金を作成するために、科学者たちは銅でできたターゲットに熱い荷電アルゴンガスのペイロードを撃ちました。 イオン化されたガス粒子はターゲットから銅原子を取り除き、これらの原子は収集装置に落下し、そこで冷却されて微細な砂の山になりました – それぞれの粒はわずか数ナノメートルのサイズです。

科学者は、その後、石炭をアルコールに変える化学反応の触媒としてそれらを使うことによって、銅粒子の特性をテストしました。 Sun氏と他の研究者らは、彼らの研究の中で、ナノ粒子が「金または銀のそれと非常に類似した触媒性能を達成した」ことを確認しました。そして、それは一般的な銅よりもはるかに優れた高温、酸化、そして浸食に耐えることができると説明しました。

ビットコインは、価値の保存場所として金に取って換わるのでしょうか?


「Bitcoin price (blue) vs. gold price (orange) over the past five years.」

この科学的発展は、金本位制の経済的ヘッジの手法がまもなくその人気を失う可能性があるかどうかという疑問を投げかけ、金の虫や他の株式市場は、他の資産に目を向けさせています。 これは今後bitcoinが、価値の保存場所としての主流になるチャンスになるのでしょうか?

支持者はしばしばイエローメタルである金の後継者としてのbitcoinの有用性を引用していますが、その答えは、少なくとも当面の間は、答えはノーのままです。

Sun氏と他の研究者たちは、少なくとも現在の時代では、その密度は一般の銅と同じままであるため、偽造の金貨や金の延べ棒を作るためにこのプロセスを実際に使用することはできないと説明しました。

それにもかかわらず、方法論が将来的に改善されてくると、投機目的で貴金属を購入する普通の個人投資家は、かなりの量が産業部門から出て偽造者によって再利用されるとすれば、この疑似金によって取り込まれる可能性があります。 これは貴金属投資における長年の問題を悪化させ、潜在的な価値の保存場所としての地金に対する消費者の信頼を弱める可能性があります。

さらに、この擬似金を意図した目的のために製造すること – 例えば、工業的用途など – でさえも、真のイエローメタルである金の価値に重大な影響を及ぼす可能性があります。 金の需要の大部分は投機的なものですが、この材料は電子デバイスの製造においても重要な役割を果たしています。これは、ビットコインが「デジタル金」であるという説に、仮想通貨懐疑論者が異議を唱える際にしばしば引用する事実でもあります。

心理的要素が投資家の信頼をさらに弱めて、金資産の下落を加速させる可能性が高いですが、少なくとも、工業生産における素材の代替は、金価格に同等の下方圧力をかけるべきです。

結果的に、将来の仮想通貨の採用と技術開発の向上に関連して、金需要に対するこのような他の新たな脅威は、長期的に見るとビットコインが単なるムーンショット購入ではなく、本当の価値の保存場所となることへの入り口となると言えます。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインの強盗が、700万ドル相当のBTCを送金し現金化
  2. 爆発的なマイニングの成長は、ビットコイン(BTC)の高い信頼性を…
  3. Bloombergのストラテジスト、Mike McGlone氏に…
  4. イーサリアムが、堅実なビットコインの第2の選択肢である事を証明
  5. 水曜日に暗号通貨の値段が下落した為、ビットコインマイナーの株が急…
  6. ChainLinkは、開発者の活動においてビットコインを上回って…
  7. ビットコインは最高値を付けたのだろうか? 暗号通貨アナリストのN…
  8. 長期ビットコイン保有者は、BTCが12,000ドル頃より初めて蓄…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨の税金は一体いくら掛かるのか?具体的に計算してみた。

今回は、仮想通貨の税金について、お伝えしようと思います。昨今、仮想通貨で利益を上げている投資…

Bloombergのストラテジスト、Mike McGlone氏によると、暗号通貨が株式市場に勝る利点の1つは次のとおりです。

BloombergインテリジェンスのシニアコモディティストラテジストであるMike McGl…

ビットコインへの関心「パンデミックにより、急増」

フォーブスのジャーナリストであるBilly Bambrough氏は、コロナウイルスのパンデミ…

Paypalは、ビットコイン事業から20億ドルの収益を上げるとアナリストが発言

みずほ証券のアナリストであるDon Dolev氏は、Paypalが2023年迄にビットコイン…

ブロックチェーンウォレット(Block Chain Wallet)の作成方法

ブロックチェーンウォレット公式サイトhttps://blockchain.info/ja/wal…

今週のトピック

ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?

2009年にナカモト・サトシという匿名の人物がビットコインを支える技術としてブロックチェーンを論文で…

人気記事

  1. Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(CEO)は、何故仮想通貨が強気なのかを説明
  2. Fedが月末までにQE4を開始すると、ビットコインは急上昇する可能性がある
  3. Elon Musk氏は、テスラがビットコイン支払いの許可を再開する時期を明らかにする
  4. 億万長者FOMO:調査によると、2022年までに73%がビットコインを保有
  5. Greenproの株価はビットコイン購入で103%上昇
PAGE TOP