仮想通貨考察

リップルとの法廷闘争が激化する中、SECは、XRPはビットコインやイーサリアムとは根本的に異なると発言

米国証券取引委員会(SEC)の法律顧問は、XRP(リップル)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)とは異なると主張しています。

規制当局がデジタル決済会社をXRPという形で不正に証券を販売したとして、デジタル決済会社であるリップル社を非難するSECの訴訟のヒアリングの中で、弁護士のJorge Tenreiro氏は、XRPは、既にSECによってクリアされた2つの大型暗号資産であるビットコインやイーサリアムとは異なると主張しています。

U.Todayは、リップルに対する訴訟の中で、Tenreiro氏は、XRPは、ビットコインやイーサリアムとは異なり、知識が豊富で特異な組織に支えられていると指摘しています。

「Solomon氏(リップルの顧問弁護士)は、「我々は、ビットコインやイーサリアムと何も違いはありません。」と言おうとしています。リップル社自身の弁護士が発言したように、貴方はこれらの資産を作成した1つの組織である為、ビットコインとは異なります。それは根本的に異なります。」

弁護士はまた、リップル社がXRPトークンの使用例を見つけようとしたにも関わらず、会社がトークンに何かしらの有用性がある事を証明できなかったと主張しています。

「我々は、このユーティリティが実際に存在するかどうかについて異議を唱えます。しかし、要点は、万が一それが存在したとしても、リップルとXRPの使用法を開発する為の被告の努力が、XRPを証券にする物であるという事です。」

この訴訟ケースの議長を務めるSarah Netburn裁判官は、XRPと1番目に大きい暗号資産であるビットコイン、そして2番目に大きい暗号資産であるイーサリアムの違いを明らかにしようとしています。

「XRPに関しての私の理解は、XRPには通貨価値があるだけでなく、ユーティリティもあり、そのユーティリティ機能がビットコインやイーサリアムと区別しているという事です。」

Rippleの法務顧問は、XRPのユーティリティは、イーサリアムやビットコインのユーティリティとは異なりますが、実際にユースケースがありますと回答しています。

「ビットコインとイーサリアムにも有用性があります。ビットコインには、それが開発されたユースケースがあります。イーサリアムも同様です。例えば、イーサリアムブロックチェーンを経由して実行できるスマートコントラクトがあります。 XRPも多くのユースケースを開発しており、これらはプロセスの非常に早い段階で開始されました。例えば、XRPにはオンデマンド流動性(ODL)と呼ばれる製品があるため、SECはこの長期的なスキームを2013年から現在まで請求しました。オンデマンド流動性(ODL)は、金融機関がシームレスで費用のかからない取引を行う事を支援する為に利用されています。。。。」

「デジタル資産としてのXRPは、銀行がどちらの側にも独自の法定通貨アカウントを持っている必要がなく、そのお金を他の場所でより効果的に移動させる事ができることを意味し、XRPをブリッジ通貨として利用する事が出来る為便利です。Garlinghouse氏(リップルCEO)は、これらの追加のユースケースの開発を支援する為に、リップル社に着任しました。」

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインは金以上:ビットコインが、素晴らしい「デジタル不動産…
  2. ビットコインとアメリカ、中国、インド、ドイツ、ロシア、ベネズエラ…
  3. イーサリアム(ETH)は、暗号通貨OIが370億ドルに急上昇する…
  4. CI Global Asset Managementが、カナダで…
  5. ビットコイン取引所のCoinbeneがハッキングされていないと宣…
  6. ビットコインの強盗が、700万ドル相当のBTCを送金し現金化
  7. 科学者たちは銅を「金」に変える – ビットコインは価…
  8. ビットコインの急上昇は、「全てが勝つ」パンデミック回復に対する無…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

暗号通貨はニューヨーク市の学校で教えられるべきである、と市長選出のEric Adams氏が発言

11月7日に行われたCNNのインタビューの中で、ニューヨーク市長選出のEric Adams氏…

JPMorganがビットコインの値段調整について警告し、BTCが買われ過ぎと説明

JPMorganのアナリストは、Grayscaleのビットコイントラストへの資金流入が大幅に…

「30日間の無料仮想通貨レッスン」付きメールマガジン登録はこちらから

◆ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?◆仮想通貨を生み出すマイニング…

2021年に世界一の暗号通貨が上昇するにつれて、ビットコインの50,000ドルのマイルストーンに近づく

CoinDeskによると、週末の値段上昇はビットコインを49,716.44ドルの記録的な値段…

仮想通貨トレーダーは、ビットコインの優位性が弱まっている為、アルトコインの復活時期が近づいていると予測

アルトシーズン(アルトコインシーズン)は、事実上全ての仮想通貨トレーダーが楽しみにしている事…

今週のトピック

バンクオブアメリカの4月の調査によると、ビットコインはバブルであると示される

Bank of Americaの4月の調査によると、ファンドマネージャーの何と74%が、ビッ…

人気記事

  1. ビットコインのライバル、 Stellar(ステラ)で何が起こっているのでしょうか?
  2. Vitalik Buterin氏は、ビットコインが取り残されるという「大きなリスク」があると発言
  3. 世界準備通貨としてのビットコインは、米ドルの強化に役立つ可能性
  4. Elon Musk 氏と中国は、ビットコインが今年135,000ドルを付けるを止めないだろうと有名な暗号通貨アナリストが発言
  5. ビットコインは、猛烈な値段上昇の後3月以来、1日の最大暴落に直面
PAGE TOP