仮想通貨考察

BiteBTC.comが、Proof of Keysイベント日にデータセンターの火災を訴える:詐欺の出口だろうか?

シンガポールのビットコイン取引所は1月3日に、元旦にデータセンターで「火災」があったと報じました。これは詐欺で、出口戦略ではないかとの不安が高まり始めました。 彼らによると、火災が原因で、利用者の内7%が自分のアカウントへのアクセスができない状態であるとの事です。これらのイベントは、毎年開催される最初のProof of Keysイベントと一致しました。 BiteBTC.comは1月3日に下記のように記載しています。:

「2019年1月1日に、交換サーバーが設置されているデータセンターで火災が発生しました。その結果、メインサーバーとバックアップサーバーのデータの一部が破損しました。
すべての仮想通貨のお財布は安全ですが、バランスシートと約7%のトレーダーの取引履歴を以前のバックアップから復元する時間が必要です。
我々は、お客様の仮想通貨財布内での最近の取引と財布を使った操作の履歴を添えて、サポートサービスへのフォームに記入するようお願いします。

このような状況になったことをお詫びし、ご了承頂けますようお願い申し上げます。」

彼らは、このデータセンターの火災について、これ以上の証拠を提供しませんでした。 火災の証拠には、地元のニュース報道、警察の報道などが含まれていたかもしれません。 彼らは、ただユーザーに辛抱強く待ち、彼らを信頼するように依頼しました。 あまりにも多くの投資家が、以前にもこのようなことを見たことがあります。

利用者は、2ビットコインを紛失

利用者が我々に手紙を書いた事で、CCNはこれらの出来事を知りました。

「これについて、誰に話すべきか分かりません。 Bitebtc.comはドアを閉め、私の仮想通貨だけでなく、私以外の全ての方のコインを盗みました。 私はこの取引所で多くの仮想通貨を保有していました。 私は今泣いています。 彼らのウェブサイトに、まったくログインできません。」

「私は、約2ビットコインを失いました。 私は、これほど悲しかったことは一度もありません。 シンガポールに本拠を置く取引所が、6700万ドルを盗んで消えることができるでしょうか? 彼らの最新のニュース更新で要求されているように、私達はcontact usページのフォームを記入しました。 私はそのフォームを1月3日に送りました。彼らのウェブサイトを訪問した後、サインインしようとしたら、システムが継続的に私がそこにアカウントを持っていないと表示される事に気づきました。 その際に、私は火災の事を知りました。 私は、彼らのヘッダーセクションの「ニュース」をクリックし、明らかに起こった火災に関する最新ニュースを見ました。 私はまだbitebtc.comから連絡をもらっていませんし、彼らから連絡をもらえるとも思っていません。 これはまったく公平なやり方ではありません。」

CoinMarketCap.comは下記のメッセージを表示してBiteBTCのページを更新しました。

我々がこれらの出来事の意見を受け取るとすぐに、CCNは取引所に連絡しました。我々は、この「7%」のユーザーが、いつ自分のアカウントにアクセスできるようになるのか、彼らの予測を知りたかったのです。

取引所が、正しいことをしていたことを報告する事が、好ましいでしょう。

残念なことに、私たちは、我々も彼らからの返事がないと報告しなければなりません。 私たちの信頼は、他の匿名の情報提供者のものとほぼ同じです。

ここでは、疑問がでてきます。:「このすべてのボリュームはどこから来ているのでしょうか?」 繰り返しになりますが、取引所は、取引量を偽装する事で知られています。 しかし、不思議に思う人がいます。「新しい人たちが、この取引所の会員に申し込んでいるのでしょうか?」 CCNはそれが可能であることを学びました:

BiteBTC.comが鍵の証明の信頼に失敗

Proof of Keysは、長年のBitcoinの投資家であるTrace Mayer氏によって催されたイベントです。 それは、支払能力の重要性と、Bitcoinがその所有者に属していることの交換を思い出させます。 また、Bitcoin保有者は、自分がキーを所有しているBitcoinのみを、本当に所有している状態であることを忘れずに覚えておくことをお勧めします。 いくつかの取引所は、イベントを「失敗させる」と言われていました。

BiteBTCは見事に失敗しました。 支払い能力の問題は、回答されるべき質問です。

またタイミングの問題も、興味深いです。 彼らは、データセンターの火災は1月1日に発生したと主張しましたが、ユーザーは、1月3日までアカウントアクセスの問題を経験しなかったと主張しています。そして、この1月3日は、取引所が火災があったことを報告した日になります。

あなたが他人の何百万ドルものお金を処理しているとき、誰かが新年の日に働かなければなりません。 それは明白ですね。 彼らや、他のすべての仮想通貨取引所が、その利用者の何パーセントかがお金を引き出すことを合理的に予想することができた日に、火事を都合よく報告したのでしょうか?

BiteBTC: もう1つのWEX状況だろうか?

もう一つの疑問点は、自分たちの市場自体の問題です。 この記事を書いている時点では、BTC / USDのレートは、他のどこよりも約300ドルも高いレートでした。 これは、過去に詐欺取引所が、ユーザーに入金を促すために利用していた手法です。

ユーザーは、まだ新規でアカウントを作成できます。 新規ユーザーはアカウントにサインアップできます。 古いユーザーは、自分のアカウントにアクセスできません。 もし、このような状況が続く場合、これは古典的なPonziスキーム(詐欺案件)です。

詳細がわかり次第、CCNは、再度この件に関して報告する予定です。 我々は、「データセンターの火災」の妥当性について、地方自治体に連絡する予定です。

BITPOINT

関連記事

  1. 連邦準備銀行(FRB)が経済への流動性のあるお金の注入を続ける中…
  2. ウォールストリートの仮想通貨の教祖は、麻薬株は昨年のビットコイン…
  3. ビットコインの優位性は、実際にはるかに強く、80%以上のシェアを…
  4. 仮想通貨の更新:ビットコインの下落、イーサリアムの上昇、投資家は…
  5. JP Morgan Chaseのトップは、以前ビットコインを「詐…
  6. マイニング可能な仮想通貨は、マイニング不可能なコインよりもはるか…
  7. セキュリティコンサルタントの発言:貴方のビットコイン(BTC)は…
  8. 商品を購入しながらビットコインを獲得することが「新しいショッピン…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

大規模なビットコイン取引所のハッキング事件が、Bithumbの傲慢なセキュリティの無視を露呈させる

仮想通貨業界の評判に対する別の打撃となり得ますが、韓国のビットコイン取引所であるBithum…

4大会計会社のKPMGが発言:ビットコインなど仮想通貨は、「未だ」価値を保存する物ではない

「Bitcoinのような仮想通貨が、価値のある資産のステータスを確立するのに長い時間がかかる…

Bitcoinの投資家はまだ強気:80%がBTCを長期保有する事をデータが示す。

DailyFXのデータによると、Bitcoin(BTC)投資家の5人のうち4人近くが、時価総…

BITPOINT(ビットポイント)の口座開設方法・ビットコイン購入方法・日本円出金方法

今回は、BITPOINT(ビットポイント)の利用方法についてご説明します。BITPOINT(…

ビットコインは、金の44%のフラクタルの様に、7,000ドル以下へ下落するかも知れません。

ビットコインは、長い間金のデジタル版であると言われてきました。実際にこれは、価値の保存先、価…

今週のトピック

FundstratのTom Lee氏が次のビットコインの強気市場が2019年に来ると発言

ビットコインの強気支持者によると、2019年は、ビットコインが回復を示す可能性があります。…

人気記事

  1. 現金取引に対する政府の規制が、何故ビットコインが重要であるかの理由を示している
  2. 裁判所が仮想通貨禁止を緩和した後、インドでP2Pビットコイン取引が上昇
  3. 何故、元JP Morganのビットコイン弱気市場発言をしていた者が、仮想通貨市場が大きく復活すると発言するのか?
  4. 欧州中央銀行は、ビットコインが優れている理由を示す
  5. ビットコインを支える技術=「ブロックチェーン」とは何なのか?
PAGE TOP