仮想通貨考察

Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(CEO)は、何故仮想通貨が強気なのかを説明

CCNによると:常に楽観主義者のBinanceのCEOであるChangpeng “CZ” Zhao氏は、WeChatによる最近の仮想通貨の取引活動の禁止をきっかけに、銀の裏側が見えています。 Primitive Venturesの創設パートナーであるDovey Wang氏による本日のツイートによると、中国のソーシャルメディア会社は、仮想通貨取引をしている商業用口座を終了するという最新の支払い方針を発表しました。

彼女のツイートの中で、Wang氏は中国の店頭(OTC)仮想通貨取引のほとんどがWeChat上で行われていると主張しています。 従って、Wechat上での仮想通貨取引禁止は、地元の市場に大きな影響を与える可能性があります。

Wechatは、仮想通貨に対抗

今回のこの禁止は、WeChatが仮想通貨取引に対して、初めて行動を起こしたわけではありません。 昨年8月、WeChat Payは、ユーザーがプラットフォーム上で仮想通貨関連の資金取引することを制限し始めました。 どちらの動きも、仮想通貨とそれに関連する活動に対する、中国の継続的な取り締まりに沿ったものになります。

先月、中国政府は、中国国内でのビットコインマイニングを中止させる計画を説明した報告書を発表しました。

CZ氏の銀の裏側

この禁止は、明らかに中国の仮想通貨市場に対して、短期的にマイナスの影響を与えますが、CZ氏は、その動きを業界にとって前向きなものとして称賛しています。 彼は、下記のように説明しています。

「短期的には、それは人々にとって不便です。そして彼らは、打撃を受けます。しかし長期的には、人々が仮想通貨を利用するようになるのは、まさにこのようなの自由の制限です。従って、悪いことではありません。」

WeChatや他の支払いアプリが制限を拡大し続けたり、禁止し続けているので、彼はこれが原因で、より多くの人々が仮想通貨に群がるだろうと想定しています。

CZ氏は、正しのだろうか?

WeChatがプラットフォーム上で、仮想通貨を禁止したため、より多くの人々が仮想通貨を利用し始める事はできないでしょう。 CZ氏は、多くの説明を提供していませんが、まるで彼がこの禁止を他のタイプの検閲と比較しているかのように思われます。 Dave Rubin氏が検閲の不一致が原因でPatreonを去った時、彼は、検閲のない資金調達方法として、仮想通貨に目を向けました。 WeChatについても同様のことが言えますね?

間違いです。 この禁止は、仮想通貨を処理している、または仮想通貨を処理することを計画している加盟店にのみ影響します。 仮想通貨の取引がない人は、禁止が自分たちの生活に影響を及ぼす訳ではない為、急いで仮想通貨を購入しようとは思わないでしょう。 CZ氏の発言している事とは反対に、WeChatは、仮想通貨に潜在的により深く関わる可能性がある10億人以上の人々にとって、大きな障害となってきています。

自由を制限することは、悪いことです。それが仮想通貨の進行の原因となっているかどうかは関係ありません。 我々は、仮想通貨の採択を進める為に有害事象を根付かせるべきではありません。 CZ氏の心は、正しい場所にありますが、WeChatの仮想通貨禁止に関する彼の見解は、大方間違っています。

BITPOINT

関連記事

  1. インサイダーによると、Amazonはビットコイン、イーサリアム、…
  2. これから価格が上がる仮想通貨の銘柄発表(初級者編)
  3. バンクオブアメリカは、エルサルバドルでのビットコイン採用の主な利…
  4. 刺激的な話が再開するにつれて、ビットコインは$ 11.5K近くへ…
  5. ビットコインは9,000ドル以下へ暴落し、トライアングルから外れ…
  6. カルダノ創設者のCharles Hoskinson氏が、ビットコ…
  7. ビットコインは長期的な受益者のトップと見なされる資産の1つである…
  8. Peter Thiel氏は、ビットコインの高値を実際のインフレの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

調査:「無知な」ミレニアル世代の43%が株式市場より仮想通貨取引所を信頼する

仮想通貨取引プラットフォームeToroの調査によると、米国のミレニアル世代のビットコイントレ…

仮想通貨市場アップデート:仮想通貨は控えめな利益を出しながら週がスタート

デジタル資産である仮想通貨の値段は、12月17日(月曜日)にわずかな改善を見せています。これ…

もしビットコインが金に置き換わるならば、各国はいくらビットコインを必要とするだろうか?

ブロックチェーンベンチャー、仮想通貨、プロトコルトークンにフォーカスした投資ファンドであるB…

億万長者Novogratz氏:アルトコインは2017年強気市場の様に急上昇しない、ビットコインは市場を独占

2018年を通して続いた、仮想通貨の弱気市場に耐えた後、仮想通貨の値段は、ついに回復し始めた…

ビットコインATMの数が世界的に爆発的に増え、ビットコインの新たな採用の兆し

ビットコインATMが世界中で爆発的に増加していると、コインATMレーダーからの新しいデータが…

今週のトピック

ビットコインとイーサリアム–週間テクニカル分析– 2020年11月9日

今週は比較的強気相場でスタートです。 週のピボットレベルを回避する事は、抵抗線レベルを機能さ…

人気記事

  1. ビットコインのLiquid サイドチェーンが、日本円を安定通貨として受け入れる
  2. Raoul Pal氏は、今後数か月暗号通貨に対して「非常に強気」:2つのチャートを参照
  3. ノルウェー人男性がBitcoinsを売却後、殺害されました。自身の身を安全に守る方法とは。
  4. Facebookがビットコイン取引所とWhatsAppアプリ内の取引所リスト表示について密かに話し合い
  5. 投資家の60%が2021年にビットコインの購入を計画している為、ビットコインはその牽引力を維持している
PAGE TOP