仮想通貨考察

ビットコインからブレグジットまで:投資家が2019年に注意すべきこと

2018年には、米連邦準備制度理事会(FRB)がそのバランスシートを厳しくするという決定をしたため、ビットコインやその他の仮想通貨市場の勢いを冷ます事に大きく影響したのではないでしょうか? もしそうであれば、仮想通貨投資家は、将来的に独立系中央銀行に対して、何を期待すべきでしょうか?

取引プラットフォームeToroのシニアマーケットアナリストであるMati Greenspan氏は、火曜日に行われた幅広いウェビナーセッションで、これらおよびその他の質問を検討しました。

Fedのバランスシートの縮小は、ビットコインの価値を弱めたかも知れません

多様な資産クラスでも相関関係を示すことができることに言及し、Greenspan氏は、FRBの継続的な量的引き締めプログラムが原因で、昨年ビットコイン値段が大幅に下落したさまざまな理由の1つである可能性があると述べました。

彼は、危機的時代の債券買いを逆転させるというFRBの決定が、米国の株式、株式、および仮想通貨を含む、すべての主流や、初期の市場に渡って売却トレンドを引き起こしたと説明しました。 財務省が借金のために新しい買い手を探し始めたため、この決定により経済システムから資金が奪われる事により、投資家は購買習慣から遠ざかってしまいました。

2017年、グリーンスパン氏は、中央銀行主導の量的緩和と、より厳しい金利プログラムの為に、ビットコインの価格は上昇したと強調しました。 4兆ドルのFRBポートフォリオのトリミングはオートパイロットモードのままであるため、FRBは金利をさらに4分の1ポイント引き上げました。 他のアナリストは、FRBのバランスシートが3.6〜3.7兆ドルの範囲内になるまで、量的引き締めプログラムが実行されると予想しています。 それがいつ起こるかは、予測ができません。

Morgan Stanleyのエコノミストは、債券の販売は9月まで続くと考えています。 ニューヨークに本拠地があるTD証券は、10月までの期限を決めました。 バークレイズは「2019年半ばから後半」にプログラムを終了することで、より安全な予測を設定しています。ドイツ銀行はそれが2019年末まで延長すると見ていますが、一方UBSは、2020年6月に3.5兆ドルでプログラムが終了するとみています。

全ての予測を要約すると、ビットコインは依然として、米ドルに対して弱気な修正の内側にある可能性があることを示唆しています。 S&P 500、Nasdaq、Dow Jonesなどの他の市場でも同様です。

米中貿易戦争への対処

米国政府機関の閉鎖がその19日目まで続くにつれて、グリーンスパン氏は、それが米国と中国間での進行中の貿易問題の終結に向けてなされた進歩に影響を及ぼさなかったと示唆しました。

「最近の米中貿易戦争は、良くなると見られています。 両国は、同意案を3月1日迄にまとめる決定をしました。」アナリストは、この期限延長の可能性もあると見ています。


「The Gross Domestic Product (GDP) in China | Source: Trading Economics」

グリーンスパン氏はまた、中国から出てきた市場データについても調査しました。彼によると、「状況は良くない」。グリーンスパン氏が指摘したように、既にGDPは6%レベルを下回っており、GDPの低下は米中貿易問題によって引き起こされた可能性があります。 虫眼鏡を通して詳しく見ていると、ドナルド・トランプ大統領が貿易戦争を起こす前でさえも、中国の国内需要が弱まっていたことがわかります。

新興市場とビットコイン

ベネズエラ、トルコ、イランなどの新興市場の一部に対する経済の引き締めは、ドルを強くする可能性があります。 Greenspan氏は、これらの現地通貨は8月までに制裁と量的引き締めとFRB金利の引き上げに屈するだろうと予測しています。 これらの市場は、FRBが市場からの資金を減らしたり、借り入れコストの増大を減速させることを決定した場合、希望の光を見ることができます。 そのような一方的な決定は、経済状況の良くない国々の肩からいくらか重荷を取り除くかもしれません。

同じ頃、仮想通貨の将来性を信じる人たちは、ドルを奪われた市場が、代替として価値の保存場所としてビットコインを選び始めるだろうと予測し始めていました。 2019年半ばまでに、すでに十分な機関投資家のエクスポージャーを獲得していることを考慮すると、この推測は仮想通貨がその市場に強気なセンチメントを追加させる可能性があります。

Brexitは市場のボラティリティを引き起こす可能性

Brexitも差し迫った市場行動に対するその影響をマークしている為、政治を回避することは、世界的な投資家にとって難しいかもしれません。 グリーンスパン氏は、米中貿易戦争やBrexitなどのような出来事の不確実性が、市場に十分なボラティリティをもたらす可能性があると考えており、投資家はこれを利用して暫定的な利益を得ることができるでしょう。 欧州議会が国民投票で投票し、テレサ・メイ首相が総選挙で決定を下すようにするとなれば、欧州からの離脱提案の決定がさらに遅れると、英国の株式、債券、そしてスターリングなどの市場は、ジェットコースターに乗るような乱高下することになるでしょう。

「Brexitが予定通りに行われれば、それは英国の国内市場にとって安定した期間を意味することになるでしょう。」とGreenspan氏は述べています。

2019年リップル(XRP)は、強気市場

「リップル(XRP)は非常にユニークな仮想通貨であり、私は強気です。」とグリーンスパン氏は述べています。


「XRP/USD 1D CHART | SOURCE: BITFINEX, TRADINGVIEW.COM」

アナリストは、仮想通貨に対する長年の感情にもかかわらず、Ripple LabsがXRPトークンの大部分を準備金として保有していること、また、米国証券取引委員会がトークンをセキュリティまたはユーティリティとして分類する方法に関して、いくぶん懸念していると説明しました。 Greenspan氏は、リップル(XRP)をセキュリティトークンとして命名することは、仮想通貨にとって非常に弱気になるだろうと考えており、またそれがユーティリティとして機能すると考えていると付け加えました。

もし、リップルが銀行システムを引き継ぐのであれば、これらの10億XRPの準備金は問題にならないと彼は付け加えました。

BITPOINT

関連記事

  1. ビットコインマイナーは、12月から1月にかけて62%の収益上昇を…
  2. カナダ:フィンテックのスタートアップがBitcoin支払い機能を…
  3. 億万長者Novogratz氏:アルトコインは2017年強気市場の…
  4. 何故これらのアナリストが、4月迄にビットコインの値段が80,00…
  5. 欧州市民(ヨーロッパ)は、ビットコイン銀行口座の利用が可能になる…
  6. 連邦準備制度議長は、ビットコインが金の最大の競争相手であると発言…
  7. ビットコインが8,300ドルに上昇した後、アナリストが強気である…
  8. Google検索:Bitcoin価格、株価の下落で金の検索が急増…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

ベテラン アナリスト兼暗号通貨トレーダーのPeter Brandt氏によると、ビットコインの最悪のシナリオはこれです。

2018年1月のビットコインの大暴落を正確に予測した伝説のトレーダーは、BTCが現在、底値を…

もしビットコインが金に置き換わるならば、各国はいくらビットコインを必要とするだろうか?

ブロックチェーンベンチャー、仮想通貨、プロトコルトークンにフォーカスした投資ファンドであるB…

より良く、より速く、より安価である:Ripple ExecはXRPがBitcoin 2.0であると主張

リップルの新しいチーフマーケット戦略担当である、コリー・ジョンソンは、確かに伝統的な金融界で…

スイス政府は、コロナウイルスで被害を受けた仮想通貨企業の1億300万ドルの救済を拒否

スイス政府は、コロナウイルスの影響で経済的ダメージを受けた、地元の仮想通貨企業に対する1億フ…

JUSTIN SUN氏によると、2019年ビットコインは、$3000~$5000で値段が変動する

トロンの創設者であるジャスティンサン氏は、仮想通貨の弱気市場は終わったけれど、ビットコインは…

今週のトピック

暗号通貨取引所のKucoinはハッキングで盗まれた2億8000万ドル資金の内の84%分を回収

Kucoinの最高経営責任者であるJohnny Lyu氏は水曜日に、9月に暗号通貨業界で最大…

人気記事

  1. 「Proof of Keys」のリーダーが、ビットコイン保有者に仮想通貨取引所を放棄するように促す
  2. Meituは多くのビットコインとイーサリアムを購入し、総保有額を9,000万ドルにする
  3. 仮想通貨購入者の後悔?仮想通貨の訴訟は、2017年以来、3倍へ
  4. 最新のレポートによると、Bitcoinのトランザクション価値は、ビザ(クレジットカード)よりも多い
  5. JPMorganはビットコインを賞賛し、JPMコインをプッシュし、暗号通貨の専門チームを設立
PAGE TOP