仮想通貨考察

何故ビットコインは、驚異的な64%にとどまるほど過小評価されているのか?

ビットコインの値段は、今年に入ってから30%上昇しており、4月上旬の値段の上昇と下落を経験した後、5000ドル弱を維持していますが、それでもまだ、途方もないマージンで過小評価されています。

Fundstrat Global Advisorsの共同設立者であるTom Lee氏は、今週の値段上昇が正当化されるべきであると考えるだけでなく、CNBCにビットコインの値段は、正当な価値を反映していないと述べ、適正値段は14,000ドルであると発言しました。 この指標を利用すると、ビットコインは現在、適正な市場価値より約64%低い値で取引されている事になります。

TOM LEE氏:ビットコインの本当の価値は、14,000ドルである


「Bitcoin still has quite a way to climb to reach its fair value. | Source: CoinMarketCap」

FundstratのLee氏は、ユーザーあたりのアクティビティ数と組み合わせたアクティブなビットコインアドレスの数をベースに評価しており、この手法は、ほとんどの場合、まだ失敗していません。 Lee氏はまた、強気市場とビットコインマイニングのブレークイーブンポイント(損益分岐点の値段)を考慮しています。後者の値段は、昨年の約6,000ドルから8,000ドルの範囲から、現在は5000ドルから6,000ドルの範囲にまで下落しています。

「強気(市場)期間の商品とビットコインは、その200日(移動平均)を超えています。 – 通常は、損益分岐点の2〜2.5倍で取引されています。 従ってこの状況では、ビットコインの値段は大体14,000ドルになるでしょう。 しかし、弱気市場では、損益分岐点以下で取引される可能性があります。」

CNBCのBecky Quick氏は、ビットコインの適正な値段についてだけでなく、投資家は、ポートフォリオの1%または2%を仮想通貨に割り当てるべきであるというLee氏のアドバイスについて、批判的な質問を投げかけました。 Quick氏にとっては、リスク回避的でなければならない為、そのアドバイスが馬鹿げていると感じた為です。

Lee氏はまた、個人投資家もポートフォリオのごく一部を、ビットコインに割り当てるべきであるとの自身の考えを擁護し、「1%は、小さなリスクを取る事です。」と発言しました。また彼は、ビットコインが年間のベストトレード日数の10日間で、その年間収益の大部分を生み出すとも述べました。当時、これらの要素を考慮に入れなければ、ビットコインの値段は、2013年以来毎年その価値の4分の1を失っていたでしょう。

「あなたは、本質的にそれを保持するか、本当に利益を得る事ができると言われるように、それを「崇拝する」必要があります。」

ドライパウダーが仮想通貨の値段急上昇に燃料を与えている

2018年に集中非難された後、ビットコインの値段予測から距離をおいていたFundstratのLee氏は、2019年に立証されました。4月以前は、ビットコインの値段はゆっくりですが、着実に上昇しました。 ビットコインの値段が3,000ドルを再テストする事がないことが明らかになった4月1日までに、仮想通貨コミュニティで「たくさんのドライパウダー」または現金が、サイドラインから外れ、一気に資金が流れこみました。

「多くの古いクジラ(大型仮想通貨保有者)の財布でビットコインが購入されています。…これは、ビットコインの元の所有者のほんの一部を意味します。 2万ドルで清算した一部の人々は、ビットコインの買い戻しを始めています。」

レポートによると、火曜日の仮想通貨市場の20%の急上昇を引き起こしたのは、ビットコインクジラ(ビットコインの大型保有者)が原因でした。

一方で、Lee氏はまた、Fidelityの監護権やBakkt(後者まだ、正式には立ち上げられていませんが)を含む仮想通貨のインフラの継続的な構築など、他の要因も指摘しています。 仮想通貨はまた、ベネズエラやトルコなど、インフレや地政学的な不安に悩まされている問題のある経済の人々の間で、浸透し始めています。

ビットコインETF:「我々は、あまりにも楽観的です。」

仮想通貨市場を上昇させる、触媒リストを作成できなかった1つのイベントは、ビットコインETFの可能性です。 Lee氏は、自分が間違っている時に、認める意思があることを証明しました。彼はチームのためにそれを取っています。しかし、彼は教訓を学びました。従って、いつETF製品が市場に出るかもしれないという可能性の時期(タイムテーブル)を提供しませんでした。

「我々は、ビットコインETFの承認について余りに楽観的すぎたので、おそらくそれは、我々の誰もが予想するよりもずっと後になると思います。」

もしそれが起こるなら、また、実際それが起こる際に、Lee氏は、ビットコインETFが「非常に前向きな開発になる。」と発言しています。

BITPOINT

関連記事

  1. この1つの重要な理由で、Binanceハッカーはビットコインのみ…
  2. 3つの仮想通貨がビットコインに対して上昇しています。 一つはBi…
  3. 仮想通貨プラットフォームのRevolutが、欧州銀行ライセンスを…
  4. Wechatがビットコインを禁止。Binance最高経営責任者(…
  5. ビットコインの値段がすぐに$ 11,000を再テストする可能性が…
  6. フィンテック ユニコーン企業のStripeがBitcoinとの決…
  7. クイズ仮想通貨!これがわかったらあなたは相当ギークです。
  8. CNBCが再びビットコインに対して強気に、ローカルトップを既に付…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

おすすめ記事

仮想通貨プラットフォームのRevolutが、欧州銀行ライセンスを取得

12月13日(木曜日)、デジタル決済プラットフォームのRevolutは、同社が欧州の中央銀行…

仮想通貨を生み出すマイニング(採掘)とは何なのか?

仮想通貨業界で、頻繁に聞く言葉の中に「マイニング」があります。マイニングとは直訳すると採掘と…

【極秘情報送信中】LINEのお友達に私を追加してください。

当サイトには書けないような会員様限定の情報配信はLINEを使って行っております。お手数お掛け…

元ECB総裁の声明は、ビットコインが経済に影響を与える事を示している。

多くの仮想通貨愛好家がビットコインのような仮想通貨の将来の強気な評価と、それが法定通貨から取…

強気相場はそのまま:長期的なビットコイン値段インジケーターは、ロングを維持

皆さんがご存知のように、ビットコイン(BTC)は過去数か月にわたって下落しており、実際に14…

今週のトピック

この1つの重要な理由で、Binanceハッカーはビットコインのみを盗む

ハッカーは、仮想通貨取引所のBinanceから4000万ドルのビットコインを盗みました。それ…

人気記事

  1. Bitcoin利用可能なATMが、アメリカのユタ州のいたるところに出現
  2. DMMビットコインから外部ウォレットへの送金方法
  3. 仮想通貨とビットコインだけではありません:2018年にはすべての主要な資産クラスで大幅な後退を経験
  4. 不吉なビットコインのシグナルが赤く点滅-この出来事が起こった前回は、ビットコインの値段が51%暴落
  5. Bitcoinの投資家はまだ強気:80%がBTCを長期保有する事をデータが示す。
PAGE TOP